海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > 海外で車初購入!

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年7月13日

海外で車初購入!


海外で車初購入!

前回はドミニカ人の好きな車について述べたが、私もここに来てついに車を購入することへ!!
とは言っても、私は日本人。燃費がよくて扱いやすく、さらに安い車をと思って、大型の車は検討外。街中は庶民の車カローラが主流であるが、私はそれよりも燃費が良く、さらに価格の安いYaris(ヴィッツの一回り大き目の車)を中古で購入した。


こっちでは新車は非常に高い(税金のせい)ので、中古車が多く出回っている。ちなみにディーラー等が新たに中古を輸入する場合は、5年(記憶あいまい)以上古いものは輸入禁止という法律があるのだが、国内で売買するのであれば何年前の車であっても、OK。自分の車を売りたいときは各自が「Se Vende」(売り出し中)と電話番号を車の後ろの窓に示して走り回っている。そうすることで、ディーラーを通すことなく売買することが簡単にできるのだ。


ただし、気を付けなければいけないのは、中古車にありがちな故障の問題。ここの中古車は本当に頻繁に故障する。しかも、運転マナーが悪いため事故も多く、よって車も傷付く。自分が気をつけていれば大丈夫、と安心できない。前の所有者が売る際にその車の欠陥を教えるわけが無いため、試乗のときに自分で全部チェックするしかない。不具合があれば、そのたびに修理の支出を余儀なくされ、安いはずの中古車が結局高くついてしまうことも少なくない。


ということで、私は中古車でも少しでも新しいモデルを購入することに。そうすれば、売るときはかなり良い値がつけられるかも、と言う期待も含めて。そのためには、ぶつけないように運転しなきゃいけない。ペーパードライバーの私にとってはちょっと不安、いや、かなり不安な運転生活になりそうだ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年7月13日
« 前の記事「不況の中で建設ラッシュ」へ
»次の記事「サザエさんがいっぱい」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集