海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > ドミニカでの子育て

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月 3日

ドミニカでの子育て


ドミニカでの子育て

何を隠そう、私は一児の母。(と言っても、前回のブログで思い切り息子の写真を載せてしまったが...) そしてコブ付き単身赴任中。旦那は同じ国にいるけど、遠く離れた都市で生活。週に1回程度来てくれる。海外に来てまで単身赴任をするカップルなんているのかと私でさえ疑問に思ってしまう...。


仕事しながらの子育ては日本でもこっちでも大変。でも、メイドがいる分少しは楽かも。ただ、メイドはメイドであって、自分の両親や兄弟とは違う。他人の子をどこまで真剣に見てくれるかは、私のメイドに対する教育次第。メイド自身がいい環境で育っていなければ、いい子育てなんて知るわけが無い。だから、私も彼女に全て任せるのはちょっと心配。


そんな息子も今は1歳7ヶ月。もうそろそろ子供社会を知り始める頃かと、つい先週から近所の保育園に通い始めた。今は夏休み期間中の保育で、朝8時から夕方4時まで丸1日預かってくれるのだが、いきなりの長時間保育では息子もびっくりしてしまうと思い、初めの1週間は午前中のみ預けることにした。ちなみに、こっちでは子供を公園で遊ばせることはない。公園が少ないのも事実だけど、それよりも危険だから。だから、保育園でも「公園に散歩に行こう!」なんてことはせずに、園内の敷地で遊ぶだけ。


私はといえば、朝と昼の送り迎えの仕事が増えて大変。もちろんメイドに歩いて迎えに行ってもらうことも可能だけど、交通の激しい道路を横切るには危険が伴う。やっぱり心配だから、自分が迎えに行く方がいい。とはいえ、私も運転初心者。歩くのと、車で行くのとどっちが安全か、?である。つい先日も、保育園を過ぎたところで左に曲がろうとしたところ、その道路から車が2列になってこっちに車の頭を突き出している。私は曲がり角で15分ほど立ち往生。後ろにも前にも動けなくなってしまった。「一方通行じゃないのに、道路をふさぐんじゃない!」と言いたかったけど、朝夕のラッシュ時はこんなのどこでも起こる。


さて、息子にとって初めての保育園。もちろん初めは大泣き。私から離れようとせず、無理やり先生に引っ張ってもらった。私は困った反面、ちょっと嬉しかったり。そんな感じがせめて1,2週間は続くだろうと予想していたけど、期待に反してわずか3日目で私が迎えに顔を見せても私のほうに走ってこずに、保育園に留まりたそうな雰囲気。あらら。


最初の週が終わる金曜日。息子は熱を出してしまった。今までは無菌状態の家の中で育ててきたから、いろんな雑菌にやられてしまったのだろう。でも、彼の回復力の早いこと。薬も飲まずに2日で完治。逆に私に風邪を移され、喉が痛い...。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月 3日
« 前の記事「ビーチリゾートでの遊び方」へ
»次の記事「年末年始バードウォッチングツアー」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集