海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > おばさんパワーは全世界共通?!

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年8月31日

おばさんパワーは全世界共通?!


メール プリント もっと見る

おばさんパワーは全世界共通?!

海外で暮らす人にとっては欠かせないスーパーでの買出し。もちろん、スーパーに行かなくても、日本で言うコンビニのような「コルマド」でも、野菜や果物をバラで買うことはできるけど、1週間分まとめて買おうとなると、やはりスーパーが便利。


サント・ドミンゴにはいろんなチェーン店のスーパーがある。曜日によって値段が変化するので、私は特売日を狙って行くのだけども、仕事帰りに行くせいか品揃えが薄いこともある。


こっちのスーパーで売っている野菜や果物はほとんど重さ売り。1ついくらではなく、1リブラ(ポンド)でいくらで計算する。自分で好きな量だけ取って、その野菜や果物の種類ごとにビニール袋に入れるのだが、レジに行く前に、袋に入れた野菜や果物を計量器で量って値段シールをペタッと貼ってもらう必要がある。スーパーによってはレジに計量器機能がついているところもある。


それでも、お客の手間を考えてか、ニンジンやジャガイモ、たまねぎなどはネット詰めやパック詰めで売っているスーパーがある。私も、一つ一つ選ぶのが面倒なときは、このパックを手に取ることが多い。そのときはもちろん、どのパックの野菜が新鮮かを見て、丹念に選ぶ。でも実際スーパー側がパック詰めするメリットは、ちょっと見た目の悪い野菜や小ぶりの果物などをパックにまとめて入れて、お客に買わせることにあるのかもしれない。


ドミニカ人はそんな手にはのらない。特に、おばちゃんたちの目は鋭い


何をしでかすのかと思いきや、ネットやパックをビリビリと破いて良い野菜のみを自分の袋に入れる。「あら、これは腐りかけているわ」とか「これはちょっと小さいわね」などとつぶやきながら、あちこち破りまくる。どっちにしろポンドいくらなので、パックやネットを破ろうが気にすることはない。


私はまだそこまでする勇気はないものの、そのおこぼれを頂戴している。パックを破るおばちゃんの後について、破れたパックの中からまだ残っている良さそうな野菜を取るのだ。ハイエナの食い散らかしをハゲタカが取るのと同じかも^ ^;)。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2009年8月31日
« 前の記事「オーシャンワールド」へ
»次の記事「超高級デパート」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集