海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > 盆踊り大会

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年9月30日

盆踊り大会


メール プリント もっと見る

盆踊り大会

盆踊り大会が9月最終土曜日に開催された。


ドミニカ共和国で盆踊り大会?!と不思議に思う人も多いだろうが、実はこの行事、毎年行われている。


主催者は主に日系人で、日本大使館や日本語学校関係者もお店やフリーマーケットを開くなど、結構がんばっている。日系人社会からは、手作り味噌や醤油、スーパーにはあまり売られていない苦瓜や白菜などを販売。その他、お寿司等も売られていたらしいが、私が到着したときには既に完売。お腹を満たすには焼き鳥くらいしか残っていなかった。


ここ、ドミニカ共和国は50年ほど前に日本から移住者が入り、既に2世、3世の日系人が住んでいる。首都では職場関係者を除き、普段はめったに日本人に会わないが、この日は特別。全国各地から日本人や日系人が盆踊りのために集まるため、盆踊り会場が日本人コミュニティに一変する。参加した私も、「こんなに日本人がいたんだ!」とびっくりするくらい。


そんな中、炭坑節などの懐かしい音楽にのって、みんな浴衣姿で踊っている。お客としてきているドミニカ人にはあまりに馴染まない音楽だし、踊りの振り付けも、つまらないんじゃないかなと思いきや、輪になってみんな楽しんで踊っている。ドミニカ人にとっては、「音楽→踊る」という方程式が成り立っているのかと思うほど、踊り好き。2歳になる私の息子も、どうやらこの文化に染まりつつあるのか、バチャータやメレンゲなどの音楽をかけるとすぐに、くるくる回って踊り始める。誰が教えたわけでもないんだけど…。

Photo%200083.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2009年9月30日
« 前の記事「近所の美容院」へ
»次の記事「地下鉄初乗り!」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集