海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > ドミニカ出産物語4 「そこまで言う?!」

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年8月15日

ドミニカ出産物語4 「そこまで言う?!」


ドミニカ出産物語4 「そこまで言う?!」

 前にも記載したが、前回の出産が助産院での超自然分娩であったため、病院での出産、しかも海外の病院での出産は、「一体どんな流れで何をされるんだろう」と不安がいっぱい。

 陣痛室に移ってから、ペラペラの紙の服に着替え、浣腸をし、早速点滴が打たれた。私も赤ちゃんも今まで順調に経過しているのに、なぜ37週目で促進剤を使わなきゃいけないのか、先生の言う「病院に着く前に生まれてしまったら危ない」という言葉が、先生の都合のいい様に出産日を決めてしまいたいという言い訳にしか聞こえない。考えれば考えるほど、先生、さらには病院の方針にムカムカしてきた。さらに、まだ生まれる準備のできていない赤ちゃんに申し訳なく思えて、悲しくなってきた。でも、もう仕方ない。ここまできてしまったのだから。

 しばらくしてから、担当医が来た。まず、言ってきたことは「あなたの署名した同意書は、受け入れられない。帝王切開は緊急時には必要な措置だ。緊急時に何かあった場合、帝王切開をせずに赤ちゃんを危険にさらしてもいいのか。『緊急時は帝王切開を認める」ということで、もう一度書き直してくれ。そうでなければ、他の先生を探しなさい。まだ探す時間はあるんだから。」ちょっと、もう点滴打っている段階で、他の先生を探す時間があるって??最後には、なんだかんだ言って帝王切開を施されるかもしれない。クソ医者め!とムッときたけど、こんな状況では「ハイ分かりました。そうします。」と言うしかないでしょ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
2011年8月15日
« 前の記事「ドミニカ出産物語3 「保険が利かない?」」へ
»次の記事「ドミニカ出産物語5 「痛くてもいいの!!」」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集