海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > ドミニカ人のどうしても許せない行動(その1)

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年10月 6日

ドミニカ人のどうしても許せない行動(その1)


ドミニカ人のどうしても許せない行動(その1)

海外で生活すると、誰でも習慣や文化の違いに驚き戸惑う。初めはその異なる習慣に拒絶反応を示すが、徐々に自分も同化して、知らないうちに同じ行動をとってしまう。同じ行動をとったほうが、そこの国の人にも受け入れられやすいから。挨拶のキスなんて、日本じゃ絶対しないけど、今ではどんな人でもホッペにチュッと軽くできてしまう。


スーパーでも、人々の面白い習慣が観察できる。商品棚から落ちているものは拾わないし、自分が落としても拾わない(人が多い)。支払う直前で買わないと決めたものはキャッシャー直前の商品棚に置いて、元の場所に戻さない。私が落ちているものを拾って元に戻そうとすると、主人は「スーパーの従業員がやる仕事だから、彼らにやらせればいい。彼らの仕事を奪うのは良くない。」と屁理屈にも聞こえる回答をする。何じゃ、この国は?!と思わせるような行動を一般庶民は平気でする。一方で、この慣習に慣れてしまい、同化しつつある自分が恥ずかしい。


それでも、拒絶反応を示したまま、同化できない行動がある。それは、スーパーなどで「購入前に商品を開けて食べること」。はじめその光景を見たときは、その人だけだと思っていたけど、いるわ、いるわ。スーパーに行くたびに、キャッシャーで並んでいるときにジュースを開けて飲んでいる人やガムを食べる人を見かける。もちろん、彼らは空けた商品の袋を出して、ちゃんと支払っているから「泥棒」や「万引き」ではない。でも、キャッシャーまで待ちきれずに、買い物カートを押しながら、どうどうとパンの袋を開けて食べる人もいる。しかも、立派な「おとな」が。私の子供がカートに入れたお菓子を欲しいと泣き叫んだとき、私の耳元で小悪魔が「開けちゃえば?みんなやっているんだし」とささやいたが、支払うまではダメダメと子供に言い聞かせた。


商品を購入する前に全部食べちゃったら、払わずに隠し通す事だってやろうと思えばできる。そんなこと分かっているけど、食べている人を見て注意するスーパーの人も見たことがない。スーパーがそこまで監視できる体制がないのか、やる気がないのか、あるいはお客を信じきっているのか、理由は分からないけど、この行動、いかがなものだろうか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年10月 6日
« 前の記事「包丁と文化」へ
»次の記事「サントドミンゴに二つ目の動物園?」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集