海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > 都会の湖でペダルボートを楽しもう

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月 7日

都会の湖でペダルボートを楽しもう


都会の湖でペダルボートを楽しもう

首都サントドミンゴには、南部海側の東西4kmに渡り、長細く広がるミラドールスル公園があり、朝夕はジョギングや運動をする人々で賑わうだけでなく、週末は子供たちがシーソーやブランコなどの遊具で遊び、市民の憩いの場所になっている。また、園内にあるいくつかの東屋を利用して屋外バースデーパーティやバーベキューを楽しむ人たちもいる。住宅建設が止まらず、都心の緑が少なくなっている中、この公園は唯一の緑多い場所として、市民から慕われている。


この公園の西部にエンリキージョ湖と呼ばれる小さな人工の湖があるのだが、最近ここにペダルボートがやってきて、新たなレジャースポットなっている。私も、昨日子供を連れて下見に行って来た。(ちなみに、本物のエンリキージョ湖はハイチとの国境に近い南西部に位置し、塩湖としてだけでなく、島特有のイグアナやワニが生息するとして有名。)


意外と意外。結構人がいて、賑わっている。しかも、湖だけでなく、隣接するレストランも綺麗になっていた。湖の周りは、人工的ではあるけれども水路や小さな滝もできあがり、素敵な場所に。人工湖なので水の色は緑がかっていまいちだけど、家族やカップルが楽しむには十分。そして、さすがドミニカ人。それを背景に、ドレスアップした女の子がカメラマンと共に写真撮影。ハルディン・ボタニコ(熱帯植物園)にある日本庭園もウェディング写真の撮影ポイントとなっているが、ここもそうなるのかなぁ。

ペダルボートを楽しむ人たち

公園の入場は無料。でももちろんペダルボートは有料。時間と人数とボートのタイプ(日除け付きと無し)によって料金が異なり、私は子供(4歳)と日除け付きのボートを20分借りて、125ペソ(約250円)。子供料金設定は無いが、値段は比較的良心的。子供にはライフジャケットが貸し出される。


早速ボートに乗船。子供と一緒にペダルを漕ごうと思ったのもつかの間、4歳の子供は足がペダルに届かない。。。仕方ない、私が漕ぐか。ボートに乗って動き出してびっくり。湖に隣接するレストランから立派な二連の橋が架かっているじゃない!そこをくぐり、ぐるーっと大きく湖を回り、また戻ってくる。湖は小さいけど、小さい滝場にはあまり見たことのない水鳥もやってきて、結構自然を楽しむこともできる。そして、何よりもその自然の中から、公園沿いにそびえ立つマンション群も同時に見ることができ、自然と都会の開発風景と同時に楽しめる不思議な空間。

2連の橋とそびえ立つマンション 可愛らしい水鳥

久々のボート漕ぎで、ちょっと足が疲れたけど、いい気分転換になり、しかも子供も大喜び。また来てみたいところです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2012年8月 7日
« 前の記事「サントドミンゴに二つ目の動物園?」へ
»次の記事「人工の海岸に珍しい訪問者」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ドミニカ出産物語8 「最後の難関」
    ドミニカ出産物語7 「私の子に会わせて!」
    ドミニカ出産物語6 「陣痛促進剤の威力か、はたまた私の体質か」
    ドミニカ出産物語5 「痛くてもいいの!!」
    ドミニカ出産物語4 「そこまで言う?!」
    ドミニカ出産物語3 「保険が利かない?」
    ドミニカ出産物語2 「強制計画分娩のはじまり」
    ドミニカ出産物語1 「産婦人科選び、先生選びは一苦労」

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集