海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > 人工の海岸に珍しい訪問者

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年9月11日

人工の海岸に珍しい訪問者


メール プリント もっと見る

人工の海岸に珍しい訪問者

首都サント・ドミンゴには、通称「マレコン通り」という海岸道路があり、週末や平日の夕方は、多くの家族連れやカップルが心地よい海風とともに散歩やローラースケートなどを楽しんでいる。そんなマレコン沿いに、近年人工の砂浜と公園が整備され、さらに多くの人が遊べる場所となった。その名も、Plaza Güibia(プラザ・ギビア)。泳ぐには不適であるが、ブランコやシーソーなどの遊具があるし、運動器具もあり、しかも身近な場所で海を楽しめるため、市民にとても人気。

colompio.jpgのサムネール画像のサムネール画像  ejercicio.jpgのサムネール画像

そんな多くの人で賑わうプラザ・ギビア。周辺からは、多くのホテルやレストランから未処理のままの廃水が海へ直接流されている(もちろん、処理施設を持つホテルもある)。つまり、悪く言えば、プラザ・ギビアはドミニカで最も汚染されている海岸(!!)ともいえる。そこに珍しい訪問者、ウミガメのタイマイが8月末に参上。しかも、215個の卵を産んで帰っていった。タイマイは絶滅危惧種に指定されており、とても貴重な動物。


専門家によると、今回卵を産みに来たタイマイは40歳以上ではないかと推測されている。幸い、卵の発見者が環境省に連絡したため、これらの貴重な卵は国立水族館の保育器で無事孵化できるよう保護されている。


実は、今年が初めての訪問ではないようだ。2008年、2010年にも海岸清掃中に、卵や孵化したてのタイマイが海岸のゴミの中から発見されている。ウミガメは卵を産んだところに、戻ってくるという習性がある。きっと、この習性が今でも続いているものと思われるが、本当にたくましいタイマイである。こんな賑やかな都会の人工海岸に産卵しに来たとは、タイマイもドミニカ化してしまったのだろうか^^;)。

guibia-nido-tortuga.jpgのサムネール画像 tortuga-carey-04.jpgのサムネール画像

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2012年9月11日
« 前の記事「都会の湖でペダルボートを楽しもう」へ
»次の記事「盆踊り大会と日系人」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    包丁と文化

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集