海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > 盆踊り大会と日系人

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月15日

盆踊り大会と日系人


盆踊り大会と日系人

あまりホットな話題ではないですが、先月9月15日に、首都サントドミンゴで日系人協会主催による盆踊り大会が開かれました。この盆踊り大会、毎年恒例の行事になっていて、私もかれこれ4,5回参加しています。年に一度、多くの人がゆかたを着て、和太鼓の音に合わせて踊るのは、まさに日本の盆踊りと同じ。やきそばやおにぎり弁当、焼き鳥などの屋台のほか、小物や輪投げゲームなどもあって、楽しく過ごせます。ただ、食べ物は販売開始と同時にさっさと売切れてしまうので、遅く来た人はちょっとつまらないかも。「踊り方が分からなーい」と言う人のために、この日のために特訓を受けた日系人が輪の中心になって踊り方を示してくれるので、初心者でも踊りを忘れた人でも、全然OK! ドミニカ人も踊ります。ただ、やっぱりドミニカ人は、メレンゲやアップテンポの音楽の方が、わいわい盛り上がるんだなぁ。

踊って踊って!

これらの屋台や出店は、日系人グループのほか、在ドミ共日本大使館や補習授業校などが協力・参加しています。「ドミニカに日系人なんて、いるの?」実はいるんです。ふらっと立ち寄ったドミニカにたまたま居住んでしまった私や、私の息子たちも日系人と呼ばれる扱いになってしまうのでしょうが、それとは別に、かなり昔に農業普及のために来ている日本人の集団がいるのです。


あまり知られていないけれども、ドミニカ共和国は、中南米における日本人の移住先の一つ。第2次世界大戦後の失業者問題を解決するため、1956年から59年にかけて、政府が移住を推進したもの。カリブにおける農業発展を夢見て、総勢249家族が日本から船で渡ってきました。その後、いろんな問題があって、そのうちの8割以上はドミニカから離れましたが、残った数十家族の日本人と、その2世、3世の人たちは、まだ日本人の血を引き継いでドミニカに住んでいます。


この盆踊り大会は、故郷を想う日系人が異国の地でも日本の文化を継承したいということで、始まりました。ただ、世代交代や混血が進むにつれて、盆踊りの本来の意味が風化し、出店に重点を置きすぎて形骸化されてきたのも事実。それを軌道修正するために、今年は踊りを主体とした色合いに。いつもは端で見ている私も、今年は息子と一緒に踊りましたよ。「掘って、掘って、また掘って...」の炭坑節をドミニカで踊れるなんて。。。私にとっても、故郷日本を思い出す良いひとときが過ごせました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2012年10月15日
« 前の記事「人工の海岸に珍しい訪問者」へ
»次の記事「ドミニカ各地への旅行が便利になります!」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ドミニカ人のどうしても許せない行動(その1)

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集