海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > カーニバルのシーズンです!

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月27日

カーニバルのシーズンです!


カーニバルのシーズンです!

もうすぐ2月。2月と言えば、カーニバル!!!。ここドミニカ共和国では、2月の各週末に各地でカーニバルが開催される。ここにおけるカーニバルの起源はまだドミニカがスペイン領であった1520年にさかのぼる。当初は宗教的な意味があったらしいが、19世紀半ばにハイチによる占領下となり、その宗教的意味は薄れ、逆にハイチ文化、つまりアフリカ色を強く取り入れたカーニバルへと変化していった。そして、各地ではそれぞれの地域の歴史や特色を取り入れたカーニバルを開くに至っている。カーニバルを鑑賞しながら各地の文化を知ることができるから、カーニバルめぐりも意外と面白いかもしれない。


カーニバルでは、カラフルに仮装したデビル(悪魔)たちが、各地の街中をブーブー、パーパーというラッパの音に合わせて歩きまわるほか、歌手による野外コンサートも行われる。ドミニカで最も有名なカーニバルは首都から1時間ほど車で北に行ったところにある「ラ・ベガ市」。そのほか、サンチアゴ市やボナオ市でのカーニバルも有名。そして2月27日の独立記念日に開かれるラ・ベガのカーニバルを最後に、その次の日曜日には、各地からデビルがサント・ドミンゴに結集。市内の海岸通り(マレコン通り)でグランフィナーレが行われる。


ラ・ベガのカーニバルには、ドミニカ人だけでなく、海外からも訪れる人が大勢いる。このデビルたち、デビルだけあって、歩き回るだけでは物足りないらしい。鑑賞する人々のお尻をデビルが振り回す小型ラグビーボールのような物(La Vejiga)でたたきながら歩く。しかも、これが容赦ないので、痛い!

carnaval2.jpg carnaval3.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年1月27日
« 前の記事「ハイチの国境越えの難しさ」へ
»次の記事「航空ショーの光と影」 へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集