海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > サント・ドミンゴ特派員ブログ > ハイチの通貨

ドミニカ共和国/サント・ドミンゴ特派員ブログ monalisita

ドミニカ共和国・サント・ドミンゴ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月17日

ハイチの通貨


メール プリント もっと見る

ハイチの通貨

前回に引き続き、ハイチの話題。


ドミニカ共和国の通貨はペソであるのに対し、同じ島に位置しながら隣国であるハイチの通貨はグールド。異なる国だから異なる通貨が使われていておかしくないのかもしれないけど、外国人が必ず戸惑うのがハイチドルハイチグールドの違い。


同じ通貨を使いながら、同じ品物の値段が一方では5ハイチドル、もう一方では25ハイチグールドと訳が分からない。何かを買おうとして、100ドルよと言われ、「安いじゃん、100グールドだけでいいの?」と100グールドを差し出すと、これじゃあ全然足りないわよと言われる。じゃあ、いくら払えばいいの?まるで???の世界。


どうして二つの通貨名称があるのかと言うと、1912年からしばらくの間は、5グールド=1米ドルの固定レートであったことに起因する。つまり、5グールドを1ドルと呼んでいたってこと。既にその頃から数十年たって、レートが大きく変わっているものの、未だにハイチドルでの表記や数え方が人々に浸透していて、田舎ではハイチドルでの売買が通常。私の頭の中では、いつも5を掛けたり、5で割ったりしなければならず、暗算能力が衰えてきた最近の私にはややこしくて仕方ない。でも、ってことは、ハイチ人って算数が得意なの??


でも、さすがハイチ人。頭で計算しているわけではないことが分かった。じゃあ、どうやってハイチのグールド通貨を使いこなしているのかと人々の勘定の仕方を見てみると、オヤッと気づくことがある。それは、通貨を額面通りにカウントしていないということ。つまり、5グールドコインを1ドル、25グールド紙幣を5ドル、100グールド紙幣を20ドルなどと完全にハイチドル感覚でお金を扱っているのだ。紙幣やコインに表記されている数字はまるで無視。コインの形と紙幣の色や模様で、何ハイチドルかを覚えている。


ちょっと不思議で変わった文化。ちなみに、2013年8月現在の換算レートは1米ドル=42.5グールド程度と大きく上昇。以前と全然レートが異なるし、外国人にはわかりにくいから、ハイチ・ドルの数え方は早くやめてもらいたいなぁ。。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替
2013年8月17日
« 前の記事「ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯」へ
おすすめ記事
    サント・ドミンゴ特派員 新着記事
    ハイチの通貨
    ハイチの首都の幹線道路にソーラーパネル外灯
    こんなサービスありですか?
    三つの国番号を持つ国
    カカオツアーでカカオ博士になろう!
    ドミニカにおける三大騒音
    航空ショーの光と影
    カーニバルのシーズンです!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    都会の湖でペダルボートを楽しもう
    サントドミンゴに二つ目の動物園?

    中南米 航空券情報


    ドミニカ共和国旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。

    現在登録されているスケジュールはありません。

    ■ドミニカ共和国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    地球の歩き方Web特派員募集