海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブラジル/サンパウロ特派員ブログ

ブラジル/サンパウロ特派員ブログ Aline(アリーニ)

ブラジル・サンパウロ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

サンパウロはもうすぐ春です。
ということは一応まだ冬のはずですが、ここ数日、30度を超える日が続いています。

こちらの冬は、東京と比べると全然ではありますが、寒い日は寒く、15度くらいになる日もあります。
というわけで、やっぱり暖かくなるのは嬉しいものです。


そんな今年、春の訪れを私に告げてくれたのは、美しい自然ではなく、ちょっとびっくりする生き物でした。



それは、羽アリ。(現地では「クッピン」と呼びます。)
DSC03260.JPG


ある日散歩していると、どこからか大きめな花粉のようなものがふわふわ〜と漂って来ました。
「春だからな〜」と思っていたら何と、クッピンの大群。
頭の上で手をバタバタさせてアリを避けながら大群が過ぎ去るのを待つのはちょっとした恐怖でした。


そしてそれから数日後、薄暗くなって来た夕方にパソコンをつけていると、
明るい画面の前にクッピンが一匹飛んで来ました。
「まさか!」、、、いや〜な予感をして顔を上げると、
ベランダを照らす電球の周りに何十匹ものクッピンが集まっていました!!


マンションの上の方に住んでいたためか、これまで被害にあったことはないのですが、
ブラジルに来て以来初めてのクッピンの襲来でした。


この羽アリは木を食べるので、家具が食われたら大変です!

急いで窓を閉めて、以前聞いた撃退法を試してみました。


その方法はこちらです。↓
DSC03252.JPG

部屋の全ての明かりを消して、一箇所だけにランプを灯し、
その下にバケツを置いて水を張る。


するとどうでしょう。
DSC03263.JPG

たくさん取れました。(本当は殺したくなったたけれど、やむなし。。。)


暖かくなってくる時期の夕方は、窓を閉めた方が良いサンパウロです。




2017年9月13日

ブラジルの秘境!シャパーダ・ジアマンチーナで絶景を堪能(前編)」の続きです。


ツアー2日目も感動的な光景に出会えました。


IMG_3605.JPG

ポッソ・エンカンタードと呼ばれる地底湖。地上から70m程下った洞窟の中に地底湖があります。
決まった時間だけ光が差し込み、深さ60mもある底まで透き通って見える青色の水は神秘的な美しさ。


DSC02712.JPG

そちてこちらの地底湖ポッソ・アズール(青の泉)では、泳ぐことができます。何十メートル下まで透明な地底湖。
シュノーケルをつけて浮かぶと、空を飛んでいるかのような気持ちが味わえます。



遠くまで旅しただけあり、食べ物も独特で美味しかったです。
食べ物2.jpg

左:ゴドー・ジ・バナナ(名物料理バナナの煮込み)
中:カカオジュース(ブラジルでも飲める場所は少ないです!)
右:パウマサボテン(炒めて食べます)


特にジュースは種類が豊富!
サンパウロではなかなか飲めないカカオ、マンガーバ、カジャ等等美味しい味覚に出会えました。


観光拠点となる街、レンソイスは可愛らしい小さな街。
夜でも安心して歩ける感じでした。
IMG_3891.JPG

レストランが並ぶ中心街は観光客や路上ライブで賑わっていました。


行くのは大変ですが、行く価値あり!な観光地、シャパーダ・ジアマンチーナでした。
観光地のメインとなる洞窟は光の差し込む時間が決まっているので、タイミングを見計らって行くのがオススメです。
(目安:ポッソ・エンカンタード→4月始め〜9月頭、ポッソ・アズール→2月〜10月半ば等)


IMG_3510.JPG

絶景の中で空を飛ぶ気分を味わう観光客も多数。



2017年7月21日

ブラジルの観光地としてはイグアスの滝や最近ではレンソイス・マラニャンセス公園が有名ですが、
日本人にはあまり知られていないけれども、ブラジル人に聞けば誰もが知っていて一度は行ってみたいという秘境、
それがシャパーダ・ジアマンチーナ国立公園です。


ここではテーブルマウンテンや、巨大な洞窟群、そして幻想的で美しい地底湖等に出会うことができます。
ちょっと行きにくい場所にあるためずっと機会が無かったのですが、漸く行ってくることが出来たのでご紹介します。

DSC02622.JPG

パイ・イナシオの丘から見渡せる風景。


シャパーダ・ジアマンチーナ国立公園はバイーア州(ブラジルの北東部)に位置しています。
サンパウロからサルバドールまでは飛行機で2時間強と近いのですが、そこからが大変。
観光の拠点となるレンソイス市までバスで7時間もかかります。
またレンソイス市から各観光地も離れているので、現地のツアーに入らないと周るのが難しいです。
そのため、今回は3泊4日の現地ツアーを頼み、1日目は移動(少しだけサルバドールも観光)、
2〜3日目にシャパーダ・ジアマンチーナ観光、4日目に移動というスケジュールで動きました。


シャパーダ・ジアマンチーナ観光で最初に行ったのは、ここ。
DSC02517.JPG

ガイドさんについて、岩がゴロゴロ転がっている山道を1時間程ハイキング。「この植物は食べられるよ〜。」とか「こっちは毒があるよ」というガイドさんの説明が楽しい。


DSC02538.JPG

途中にムクゲジーニョ川が出てきます。水は茶色いですが、自然の成分で飲めるそう。


DSC02528.JPG

そして辿り着いたのが、「悪魔の淵」と言われる滝&湖。泳げます。(水温が低くて私は泳ぎませんでした。)湖の色も、露出した地層も独特で見応えがあります。


その後に行ったのがこちら。
DSC02557.JPG

ラパ・ドーシ鍾乳洞。ブラジル国内で3番目に大きな洞窟で、全長は17キロにもなるのだとか。一般に開放されているのは、850m程ですが、こんな大きな洞窟に入ったのは初めてです。懐中電灯を手に持ち、ガイドさんの指示に従って進みます。石灰質を含んだ水が天井から滴り落ち、様々な形の鐘乳石と石筍が見られます。3分間ライトを消す、というイベントでは、本当に真っ暗闇。「無」な世界が味わえました。


その後訪問したのが、プラチーニャ牧場。
DSC02597.JPG

洞窟の中に水が溜まっています。午後のある時間だけ光が差し込み、水が美しく青色に光り、水底が見えます。


DSC02573.JPG

同じ敷地内には透明度の高い湖があり、そこで泳いだり、ジップライン等のアトラクションが楽しめます。


そして夕日の時間に合わせてハイライト、パイ・イナシオの丘へ。
IMG_3538.JPG

夕日に美しい景色が映えます。


DSC02667.JPG

広大な大地に夕日が沈む。。。



ブラジルの秘境!シャパーダ・ジアマンチーナで絶景を堪能(後編)に続きます!




2017年7月16日
2017年7月10日
2017年6月29日
2017年5月 7日
2017年1月31日
⇒すべての記事を見る

ブラジル旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブラジルの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • サンパウロ特派員

    サンパウロ特派員
    Aline(アリーニ)
    2013年半ばからサンパウロに住み始めました。ブラジルも南米も初めてです。 主婦業と学業の側、サンパウロの魅力を探し出すべく、西へ東へ日々歩きまわっています。特派員ブログを通してこれから来伯される皆様のお役に少しでも立てる様に、また、多くの方にこの街に興味を持って頂ける様頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集