海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/札幌特派員ブログ

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


札幌の新たな食文化、札幌「シメパフェ」発祥のお店、
「パフェ、珈琲、酒、佐藤」で、まったく新しいパフェが誕生しました。


P9240418.jpg


"Parfait with red beet from Hokkaido and chocolate ice cream for a limited time (October) only"


その名も「レッドビートとショコラのパフェ」(1,480円)。


P9240407.jpg


_P9240397.jpg


P9240409.jpg


"Parfait, Coffee, Sake Sato (Sapporo Shime-Parfait shop)"


すでにご存じの方も多いと思いますが、
「札幌シメパフェ」の中心的なお店「パフェ、珈琲、酒、佐藤」は、
店名の通り、コーヒーやお酒とパフェが楽しめるお店です。


人気のシメパフェ店として知名度が高い「パフェ、珈琲、酒、佐藤」では、
10/1より、全く新しい、ビビットなカラーの"期間限定"パフェを発売しました。


1_parfait_P9240436.jpg


"Parfait with red beet and chocolate ice cream"


北海道産の「レッドビート」(ビーツ)をメインに使った
「レッドビートとショコラのパフェ~タイムの香りと胡椒のスパイスを効かせて~」です。


ほのかに甘いレッドビートの風味を生かした、目にも鮮やかなパフェは、
さまざまな材料とレッドビートをかけあわせた、とてもリッチな味わいです。


2_parfait_P9240426.jpg


"Bitter chocolate ice cream, Mont Blanc style of red beet and mascarpone, langue de chatwith red beet and cacao nib, pair and sorbet of red beet and orange for the top of the parfait"


パフェのトップから、レッドビート尽くし。
ビターチョコのアイスとレッドビート&マスカルポーネのモンブランは、
それぞれ単品でもおいしいのですが、一緒に口に含んで相性を楽しみたい
すっきりしながらも甘さ、ほろ苦さ、チーズの風味が漂う組み合わせ。


レッドビートとカカオニブのラングドシャも
初めて味わう風味です。
タイムの香りと周りのスーツとの相性もぴったり。


3_P9240434.jpg


"Raspberry mousse with red beet, vanilla cream, seasonal fruits and rice crispy for the middle of the parfait"


中間部分は、おいしさに加え、歯応えの違いも豊富です。


レッドビートとフランボワーズのムースやバニラクリームは、
甘酸っぱさとやさしい甘さの味の違いがありますが、舌触りはとても滑らか。


チョコレートコーティングしたシリアル、"パールクラッカン"やライスクリスピーは、
サクサクとした食感。


さらに季節のフルーツやオレンジやグレープフルーツ、
レッドビートのローストも入っています。


なかでも、桃やバナナのタイムマリネは、
タイムシロップが香るひと味違うフルーツに。


n_P9240433.jpg


"Lemon jelly with pepper and red beet confiture for the bottom of the parfait"


そしてパフェグラスの底に敷かれた「レモンと胡椒のジュレ」と「レッドビートのコンフィチュール」。
口休めのレモンと胡椒のジュレ、みずみずしいレッドビーツを味わえるコンフィチュールとも
最後の最後までパフェを楽しめます。


4_mis.okamoto_P9240438.jpg


たくさんの味、食感、食材を最後まで楽しめるパフェを作ったのは、
フードコーディネーターでもある岡本さんです。


これまでは料理に利用されることが多かったレッドビート(ビーツ)が、
このようにリッチなおいしいパフェとして味わえるのは、とても驚きます。


5_redbeets_P9240401.jpg


"Red beets"


レッドビートはミラクルフード(スーパーフード)であることも
北海道大学での研究論文で発表されており、おいしさはもちろん、
ビタミンB1 、B2、鉄、亜鉛、カリウムなど、さまざまな栄養素を豊富に含んでいるそうです。


6_gotoken_P9240405.jpg


"Red beet borscht by GOTOKEN"


7_P9240402.jpg


"Red beets sold in Hokkaido"


最近、北海道ではレッドビートを使ったお土産が開発されたり、
ホクレン系のスーパーでは生のレッドビートが販売されたりしているので、
パフェを食べてレッドビートに興味を持った方には、北海道土産としてもよいかもしれません。


n_P9240448.jpg


札幌シメパフェの新しい味「レッドビートとショコラのパフェ」は、
レッドビートの色や味などの特性が生かされたおいしいスイーツです。
この10月に札幌旅行をされる方は、ぜひレッドビートのおいしさを味わってみてください。


【パフェ、珈琲、酒、佐藤】
札幌市中央区南2条西1-6-1 第3広和ビル1階
TEL: 011-233-3007
レッドビートパフェ提供期間: 2019.10.1~2019.10.31
営業時間: 火~木 18:00~24:00
      金 18:00~26:00
      土 13:00~26:00
      日 13:00~24:00
(※営業時間は変更になる場合があります)
定休日: 不定休
*アクセス*
・地下鉄「大通駅」より徒歩約6分
・地下鉄南北線「すすきの駅」より徒歩約7分



関連サイト
パフェ、珈琲、酒、佐藤
・道産レッドビートを使用した「レッドビートパフェ」の発売について


2019年9月30日

北海道のホテルのおすすめポイントのひとつは、
やはり朝食のおいしさかもしれません。


最近では「ときには充実した朝食をホテルで楽しみたい」という
地元の人もいるほどですが、今回は「ホテルJALシティ札幌中島公園」の
朝食とランチをダイジェストでご紹介します。


1_breakfast_P9180002.jpg


“Breakfast Buffet at Cafe Contrail on the 1st floor in the HOTEL JAL CITY SAPPORO NAKAJIMA PARK”


朝食会場はホテル1階の「Cafe Contrail(カフェ コントレイル)」。
和食と洋食のブッフェ(L.o 9:30/2,000円)です。


2_Japanese_sashimi_P9180069.jpg


“Sashimi; Bonito”


最初に目を引いたのは、お刺身!
この日は”鰹のたたき”です。
それもただの鰹のたたきではありませんでした。


3_sashimi_Japanese_P9180084.jpg


シェフが目の前で切り分けている朝から贅沢なお刺身です。


4_rice_Japanese_P9180087.jpg


“Rice with millet”


鰹のたたきといえば、食べたくなるご飯。
雑穀入りのご飯もおいしそうです。


5_ochaduke_Japanese_P9180067.jpg


“Toppings and soup for traditional rice soup OCHAZUKE”


お茶漬け用の「出汁」もあります。
お刺身が鰹のたたきだったので、思い切って贅沢に「鰹茶漬け」もよいかもしれません。


6_soupcurry_Local_P9180054.jpg


7_soupcurry_local_P9180057.jpg


“Curry Soup which is a local gourmet in Hokkaido”


こちらは北海道ローカルグルメ。
北海道旅行の朝は「朝スープカレー」から始めてはいかがでしょう。
料理長こだわりのスープカレーで、1日を元気に始められそうです。


さらに「エゾ鹿のカレー」と日替わりだそう!
北海道ジビエのエゾ鹿を使ったカレー、
連泊の方は、ぜひとも北海道ならではのカレー、どちらもご賞味ください。


7_westerm_bread_P9180004.jpg


洋食も心をくすぐられるラインナップ。
人気の朝食パンのひとつ、クロワッサンをはじめ、「揚げパン」も!


8_western_handmade_P9180015.jpg


“Handmade sandwich”


こちらは「手作りサンドイッチ」。
サイズ感も嬉しいサンドイッチです。


9_dressing_salad_P9180037.jpg


“Dressing and toppings for salad buffet”


新鮮野菜のサラダは、各種ドレッシングに加え、シェリービネガーや
フランボワーズビネガー、トッピングにアーモンドスライス、クリスピーベーコンなどもあり、
味、栄養ともお好みでバランスよくおいしい野菜をいただけます。


フランボワーズビネガー、すっきりした酸味とフランボワーズの甘い香りが
一層食欲をそそりました。


11_local_grilledvege_P9180101.jpg


“Grilled Vegetables”


10_potato_local_vege_P9180051.jpg


“Potato Gratin”


12_pumpkin_local_vege_P9180104.jpg


“Pumpkin Croquet”


「インカの目覚めグラタン」「グリル野菜」「かぼちゃコロッケ」。
いずれもおいしい北海道野菜をよりおいしくいただける料理です。


13_fruitscocktail_dessert_P9180045.jpg


14_waffle_dessert_P9180094.jpg


15_dessert_pudding_P9180019.jpg


“Dessert”


デザートには焼き立てワッフルや「ジャンボプリン」。
カフェ コントレイル名物のジャンボプリンは、お好みでカラメルソースをかけていただきます。


16_wine_P9180063.jpg


ワインもありました。


17_wine_cheese_P9180025.jpg


“Wine and assorted cheese”


チーズやオリーブもブッフェメニューに並んでいるので、
旅先での朝のひとときをワインを味わいながら優雅に過ごすのもよいかも。


1_signage_P9180238.jpg


“Cafe Contrail, which is available for lunch from 11:30 to 14:30”


朝食会場の「カフェ コントレイル」では、11:30よりランチをいただけます。
「十勝しほろ牛のステーキ」(バケットorライス付/1,850円)や
「ラタトゥイユのラザニア」(スープ、バケット付/1,250円)などの洋食、
「銀かれいのみそ焼き定食」(ライス付/1,250円)などの和定食のほか、
ちょこっとつまみたいときのアラカルトメニュー、「刺身盛り合わせ3種」
「チーズとコールミート盛り合わせ」(いずれも1,000円)などがあります。
なかでもおすすめしたいのは、「グルメクルージングランチ」(1,600円)。


2_salad_P9180267.jpg


3_salad_P9180271.jpg


4_drinks_P9180269.jpg


“Salad and Drink Buffet for the set menu, Gourmet Cruising Lunch set meal”


選べるメインディッシュにフレッシュサラダバーとドリンクバーが付いた
“セミブッフェスタイル”なうえ、時間制限がありません。
(ドリンクバーには北海道限定・ソフトカツゲンも)


現在、メインディッシュのラインナップ(2019.9)は5種類。
実はホテルJALシティのならではのメニューです。


というのも、全国のグループホテル各料理長がおすすめするレシピで作った
ご当地メニューが集められているからです。


早速、今のラインナップをご紹介します。
まずは「北海道」の料理から。


5_soupcurry_P9180240.jpg


“Chicken Curry Soup, one of the main dishes to choose for Gourmet Cruising Lunch set meal”


「桜姫鶏骨付き肉のスープカレー」。
料理長自慢という”旨味凝縮スープ”は、ほどよい濃厚さとスパイシー加減。
スパイスが立ったおいしさは、クセになりそうです。
やわらかいチキンと甘い皮つきグリル玉ねぎの味が印象深いカレー。
ライスまたは”おこげ”を選べます。


6_tomakomai_P9180243.jpg


“Shellfish Saute with basil sauce, as one of the main dish for a limited time only”


「北海道産北寄貝のソテーバジル風味」。
北寄貝のやわらかさに驚きます。


北寄貝の食感としては、あまり体験したことがないやわらかさと旨味は、
わずか15秒の焼き時間だからこその一品。
また、野菜そのものの味がしっかり感じられるメインです。


7_miyagi_P9180245.jpg


“Grilled pork seasoned with miso, with cheese sauce, as one of the main dish for a limited time only”


こちらは”宮城”から。
ホテルの方もおススメの「豚肉の味噌焼きクリームチーズソース」(バケット付)。
味噌とクリームチーズが抜群の相性のソースを北海道産の豚とともに。


8_turkeyrice_P9180248.jpg


“Trukish Rice(Toruko Rice) as one of the main dish for a limited time only”


9_bonito_P9180251.jpg


“Bonito Bowl as one of the main dish for a limited time only”


このほか、がっつり食べたいときの「トルコライス」(長崎)、
和食ランチ「かつおの漬け丼」(高知)などのラインナップです。


11_waffle_P9180096.jpg


12_huscup_P9180110.jpg

“Freshly baked Waffle and Hokkaido Haskap Berry Jam which is one of the toppings for waffle, as dessert for the set meal”


また、グルメクルージングランチには、デザートに
シェフによる「焼き立てワッフル」もついています!
ハスカップ・ストロベリー・オレンジの各種ジャム、
ホイップクリーム、チョコレートソース、メープルシロップのトッピングも。


盛りだくさんの内容のセットメニューになっており、
メインディッシュのメニューは2~3カ月ごとに入れ替え予定だそう。


P9230400.jpg


「グルメクルージングランチ」は、なんとレシピまでいただけます。
北海道らしいメニューを選んでも、各地のご当地メニューを選んでも
充実したランチタイムを過ごせそうです。


カフェ コントレイルでは、いずれの料理も北海道のおいしい野菜を活かし、
野菜をよりおいしくいただける料理を意識しているそうです。
どの料理も野菜の甘さ・風味を存分に味わえました。


また、カフェ コントレイルでは、お子様ランチのほか、離乳食のあたためサービス、
ベビー用クーハン・子ども用イスの貸し出しも行っているので、
小さな子ども連れでも安心して利用が可能です。


【Cafe Contrail(カフェ コントレイル)】
札幌市中央区南8条西3-1-25 ホテルJALシティ札幌中島公園
TEL: 011-521-2587
営業時間: 朝食 7:00~10:00(L.o 9:30)
      ランチ 11:30~14:30(L.o 14:00)
定休日: 年中無休
*アクセス*
・地下鉄南北線中島公園駅」より徒歩約3分、「すすきの駅」より約10分
・新千歳空港連絡バス「中島公園バス停」より徒歩約1分



関連サイト
ホテルJALシティ札幌中島公園



2019年9月25日

2019年9月20日に開幕した「ラグビーワールドカップ2019™」。


全国各地で選手の受け入れや試合観戦などで盛り上がっていると思いますが、
札幌の街もそのひとつ。


札幌では9/22・9/23の2日間、札幌ドームを会場に予選2試合が行われるほか、
大通公園2丁目にはパブリックビューイングも登場しています。


ラグビーワールドカップ2019™で盛り上がる札幌の街のようすをお伝えします。


P9210080.jpg


こちらが札幌の試合会場、札幌ドーム。


P9210072.jpg


試合当日の最寄りの地下鉄東豊線「福住駅」では、札幌市営地下鉄のゆるキャラ、
「のってコグマ」が五郎丸選手のかつてのあのポーズでお出迎え中。


P9210074.jpg


P9210076.jpg


札幌での1日目の試合はオーストラリア対フィジーということで、
ワラビーカラーのサポーターがたくさんです!


P9210077.jpg


P9210079.jpg


地下鉄駅通路や札幌ドームまでの道もラグビーワールドカップ一色。


P9210084.jpg


P9210091.jpg


テレビやインターネットで中継を見た方もいると思いますが、
会場にはワラビーカラーに加え、力士(相撲)のカツラを被って着物に帯刀という
日本のイメージを表現したワラビーサポーターや、
とてもリアルな甲冑を身に着けたサポーターなど、応援パフォーマンスを含めて
ワールドカップを楽しむ人たちがたくさんいます。


P9210153.jpg


ですが、楽しめる場所は試合会場だけではありません。


P9210156.jpg


札幌でもスポーツバーのほか、パブリックビューインが設置され、
なかでも札幌駅前と大通公園2丁目に設置された「ファンゾーン」では、
とりわけ大きな”大型スクリーン”で各地での試合を楽しめます。


ちなみに決勝戦はサッポロファクトリーアトリウム(屋内)!


P9210158.jpg


札幌で観光をしながら、一緒にラグビーワールドカップ2019™を楽しみませんか?



関連サイト
ラグビーワールドカップ2019™日本大会期間中にファンゾーン、パブリックビューイングを設置!(札幌市公式HP)


2019年9月22日
2019年9月20日
2019年9月17日
2019年9月 8日
2019年8月31日
⇒すべての記事を見る

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集