海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/札幌特派員ブログ

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


北海道の屋根、日高山脈の麓にある日高町。
2006年に旧日高町と旧門別町が合併して誕生した町です。


今回は、"道の駅樹海ロード日高"近くの旧日高町エリアで宿泊しました。
このエリアにある宿泊施設は、日高国際スキー場の麓にある"ひだか高原荘 "、
"道の駅樹海ロード日高"の目の前にある"ホテル日勝 "、
貸別荘スタイルの"ひだかくるみちゃんハウス"、夏期にはアウトドアに最適なキャンプサイトもあります。


例えば、ファームインの「ひだかくるみちゃんハウス 」。
少しだけ見せていただきました。


くるみちゃんハウス(日高町)


"道の駅樹海ロード日高"から徒歩約5分のところにあります。
各種家電製品や食器などが揃った戸建て住宅をまるごと借りる貸別荘タイプです。


ひだかくるみちゃんハウス(日高町日高地区)


"ひだかくるみちゃんハウス"の名前の由来は、日高町のゆるキャラ、リスの「クルミちゃん」だそう。
看板の下の巣箱には、リスではなくシジュウカラか何かが巣を作っていて、
巣箱の奥からヒナの声が...!


ひだかくるみちゃんハウス(日高町日高地区)


ハウスの中は、ソファセットがあるリビングやキッチンのほか、和室や、


ひだかくるみちゃんハウス(日高町日高地区)


ハンモックがあるバルコニー!


ひだかくるみちゃんハウス(日高町日高地区)


そして目の前には、クルミの木が自生する森。
絶えず小鳥のさえずりが聞こえます。
「ひだかくるみちゃんハウス」では、小鳥やリスなどの小動物を頻繁に見ることができるそう。
とても羨ましい環境です。


ひだかくるみちゃんハウス(日高町日高地区)


庭にはセンダイハギが咲いていました。


自然がいっぱいの日高町日高地区ですが、もうひとつ、移住を検討している方に向けた
このような住宅があります。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


移住生活体験ハウス 」です。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


とてものどかな風景です。
贅沢な別荘気分。


移住を検討している方を対象に、1カ月単位(5カ月まで)でお得な料金で貸し出しているそう。
移住生活体験ハウスについても少しご紹介します。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


日高町日高地区には、何棟か移住生活体験ハウスがあるそうですが、
こちらのハウスは、キャンプサイトのすぐそばに建ち、最も自然に囲まれているハウスです。


日高国際スキー場と沙流川温泉まで徒歩でも約5分!
カーポートもついています。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


バルコニーがあり、周りに緑が多いので、暖かい時期にはバルコニーでも森林浴ができそうです。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区) 移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


早速、室内を拝見。
リビングは、吹き抜けになっていて、窓からの光が爽やか。
ナチュラルな木目が印象的なハウスです。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区) 移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


そしてこちらは2階の部屋。
屋根の傾斜がそのまま反映された屋根裏です。
デスクや棚もありますが、屋根裏感にワクワクします。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


吹き抜けになっているリビングを2階の部屋から見下ろしたところ。
解放感があります!


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


ちょっと暮らし用のハウスなので、もちろんフルキッチン!
徒歩圏内の道の駅樹海ロード日高などで手に入れた新鮮食材を
調理していただくのは、ホテルステイにはない"暮らすような滞在"ならではの醍醐味です。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


緑がいっぱい、きれいな空気の広々とした環境で、
ひととき暮らしてみるのもステキだなぁと思った
日高町のファームインと移住生活体験ハウスでした。


移住生活体験ハウス(北海道日高町日高地区)


この日、撮影はできませんでしたが、
晴れた夜空に満点の星が広がっていました!


日中は小鳥のさえずり(ときに虫の声)、夜は星空、
一日を通して緑の香りがする日高町日高地区です。



関連サイト
日高町HP観光情報日高エリア宿泊施設
日高町移住生活体験情報



2019年6月19日

“北海道とイタリアンのコラボ”をコンセプトに札幌をはじめ、
仙台・東京で展開するイタリアンレストラン「ミア・ボッカ」「ミア・アンジェラ」
「クッチーナ」では、夏に恒例の期間限定メニュー
『塩水ウニの冷製スパゲティ』の提供を6/13より開始します!


北海道産のウニを殻をむいた後、塩水に漬けられた
「塩水ウニ」は、ウニ本来の味を楽しめる貴重なウニです。


この「塩水ウニ」の味を堪能できるメニューは北海道あるあるの
“うに丼”だけではありません。


P5210005.jpg


“Chilled style spaghetti with saltwater urchin”


こちらが「塩水ウニの冷製スパゲティ」(1,609円・税込)!


ソースは、同じ海の仲間、北海道産昆布やホタテのダシをベースに
配合割合の試行錯誤を重ねて完成させたそうです。
また、2種類のオリーブオイルと隠し味にベルギーエシャロットを使っています。


P5210030.jpg


見た目も美しいスパゲティですが、食べる際には”しっかり混ぜて”!


P5210015.jpg


冷製パスタに合わせてカトラリーにもひと手間。
キンキンに冷やしたフォークとスプーンが運ばれ、
スパゲティの冷たさをフォークの温度で保ちつついただく最初のひと口の涼やかなおいしさは
これからの季節に必ずや恋しくなる存在感です。


P5210037.jpg


ウニそのもののの旨味とエシャロットのアクセント、
さらに海の幸のダシがバランスよく利いた
暑い夏にこそいただきたい大人な味の冷製パスタです。


P5210032.jpg


P5210040.jpg


白ワインと合わせると、ウニの風味がさらに引き立ちます。
ぜひ、塩水ウニの冷製スパゲティとのマリアージュにぴったりのワインを
お店の方にチョイスしてもらってください。


お手頃価格の前菜料理もあるので、2名ほどでパスタをシェアしながら、
ぜひ、ワインとともに。


P5210002-2.jpg


“Italian Restaurant, Mia Bocca Kita 2-jo at sitatte sapporo”


札幌中心部で北海道のおいしいウニを手軽にいただける
スッキリとしていながら、旨味たっぷりの「塩水ウニの冷製スパゲティ」。
暑い夏の夜も爽やかに過ごせます!


なお、「塩水ウニの冷製スパゲティ」の価格は、提供する地域によって価格が異なります。


【ミア・ボッカ 北2条店】
札幌市中央区北2条西4 sitatte sapporo(シタッテ・サッポロ) 2階
TEL: 011-211-6585
営業時間: ランチ 11:00~15:00
      ディナー 17:00~23:00(日祝~22:00)
席数: 62席
*アクセス*
・札幌駅前地下歩行空間「3番出口」より直結
・JR「札幌駅」より徒歩約6分



関連サイト
イーストン



2019年6月12日

北海道・日高町にあるオープンガーデンにお邪魔しました。
日高町千栄にある「ちろろルピガーデン」です。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Chiroro Lupi Garden in Hidaka Town”


名前の由来は、こちらのガーデンがある「日高町千栄(ちさか)」が
昔「千呂露(ちろろ)」と呼ばれていたこと、また、
こちらを作ったオーナーご夫婦の奥様がルピナスが大好きだったことから、
ご主人が命名したそうです。


オーナー夫妻が製材工場の跡地を「ちろろルピガーデン」に作り変えたのですが、
何度も清流日本一に選ばれている沙流川がすぐそばに流れるこの辺りは、
2016年夏に起きた台風10号の影響で沙流川があふれ、辺り一面、泥流が押し寄せ、
「ちろろルピガーデン」は、跡形もなく泥で埋め尽くされたそうです。
このとき、奥様が大好きで植えていた庭一面のルピナスもまた、全滅したそうです。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


あまりの光景に、ご夫妻も一度は気を落とされたそうですが、
少しずつまた宿根草を植え、再び美しいガーデンを作り始めました。
そしてまた、オープンガーデンとして多くの人を楽しませています。
台風被害からの復活とともに、この広い敷地をご夫婦ふたりで手入れしているということにも驚きます。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Baby leaves of the gingko tree”


訪れたのは5月下旬。
札幌より少し遅く春が訪れる日高町のなかでも日勝峠により近いこの辺りは、
さらにややゆっくりと春になるようです。
まだかわいいサイズのイチョウの若葉。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Lily of the valley”


ちょうど早春の花が咲き終わり、初夏の花が咲き始める直前の季節の中、
スズランの花が咲き始めていました。
スズランは、咲いた花もかわいいですが、蕾はさらにかわいらしい!


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Flowers of the crab apple tree”


ヒメリンゴの花も咲いています。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Ezo Deer’s footsteps on the ground in the Chiroro Lupi Garden”


そして足元には、小さな足あとが。
エゾシカの親子の足あとだそう。


森がすぐ背後に迫り、自然いっぱいのこの辺りは、
小鳥のさえずりもあちこちから聞こえてきます。
そしてこの日は、とても暑くなったこともあるのか、
エゾハルゼミの鳴き声もかなり賑やかでした。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Bells for wish in Chiroro Lupi Garden”


「ちろろルピガーデン」には、パワースポットがいくつかあります。
そのひとつがこの「おもいのかね」。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


鐘を鳴らして、チロロの大地と大空から幸せをもらい、
つらい思いは、チロロの大地と大空が吸収してくれるそうです。
抜けるような青い空と一面の緑から、元気をたくさんもらえます。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Pansy”


「おもいのかね」の足元に咲く三色すみれ。
砂利の合間にポツポツ生えているところが、とてもかわいい。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Gazebo with a comma-shaped wooden bead”


こちらは、芝桜に囲まれたガゼボ(西洋風あずまや)。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


ガゼボには、ご主人が手彫りした”勾玉”が鎮座しています。
ぴかぴか、つるつるの木製勾玉です。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“A garden shrine in the Chiroro Lupi Garden”


こちらもご主人が彫ったお地蔵さん。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


木漏れ日が涼やかな白樺とその下の休憩スポット。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


緑の中の赤い屋根がとても絵になります。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


そして庭のあちこちで目にするかわいいキャラクター。
奥様が小石にペイントして作ったアート作品です。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“At the Roadside Rest Area, Jukai Road Hidaka”


道の駅樹海ロード日高には、ご主人と奥様のアート作品を販売しているので、
そちらもチェックしてみてください。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


小石といえば、こちらのオープンガーデンには、自由に立ち入ることができますが、
もし、ご夫婦が不在の場合は、ぜひ、ミニチュアハウスに「立ち寄りましたよ!」という意味の
小石を入れてくださいとのこと。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


“Colorful stones from the River Saru in Hidaka Town”


実は日高町、とても多くの種類の”石”が採れるそうで、その種類は標本を作れるほどだそう。
ひとつのエリアでこれほど多くの種類の石が採れるところは少ないそうです。
写真↑の色とりどりの小石は、清流、沙流川で採れたものだそうです。


ちろろルピガーデン(北海道日高町)


「ちろろルピガーデン」は、これからの季節、6~9月は、さまざまな花が咲き乱れる絶好のシーズンに入ります。
ガーデンには、ミヤマカラスアゲハやキアゲハ、珍しい蝶もたくさん見られるそうです。
(いろいろな蝶の写真を見せていただきました)


日高町へのドライブには、日勝峠の麓にある「ちろろルピガーデン」にも、ぜひ、立ち寄ってみてください。
ガーデンの花はもちろん、緑と爽やかな風、鳥のさえずりからも自然をたっぷり感じられます。


【ちろろルピガーデン】
北海道沙流郡日高町千栄110
花の見頃:6月~9月
定休日:無休
料金:無料
*アクセス*
・車で新千歳空港より道東自動車道経由で約1時間30分
・車で道の駅樹海ロード日高より約8分



2019年6月 9日
2019年6月 5日
2019年5月31日
2019年5月21日
2019年5月19日
⇒すべての記事を見る

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集