海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/札幌特派員ブログ

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

集中対策期間が延長

北海道は、これまで道独自の新型コロナウイルス警戒レベルを3に引き上げ、11月27日までを「集中対策期間」としてきましたが、札幌を中心に旭川をはじめ道内各地で感染拡大が広がっているため、「集中対策期間を2週間延長し、12月11日までとする」ことが決定しました。


札幌市内限定の協力要請を実施

集中対策期間の延長にともなう対策強化(要請)の協力要請内容は、以下のとおりです。


対策強化対象施設と要請内容(11月28日〜12月11日の14日間)
【札幌市内】
■接待を伴う飲食店については札幌市内全域で休業(遅くとも11月30日からの休業)。


【すすきの地区】南3条〜南8条西2丁目〜西6丁目の区域。狸小路は狸小路1丁目〜狸小路2丁目狸小路に面する区域
■酒類提供を主とする飲食店(バー、ナイトクラブ等)の営業時間は午前5時〜午後10時まで。
■酒類提供を行うカラオケ店、酒類提供を行うことが料理店等(居酒屋、ラーメン店、そば屋等)の酒類提供時間は午前5時〜午後10時まで(狸小路の北側エリアも新たに対象とする)。
■感染リスクが回避できない場合、不要不急の外出や市外との往来を控える。
■酒類提供を行う飲食店・カラオケ店・料理店での新北海道スタイルに基づく対策を徹底。(以上、札幌市広報部公式Twitter抜粋)


12月11日までの期間にやむを得ず来札、札幌に滞在される方は、飲食店などの休業や営業時間変更、酒類提供時間の短縮などの対策が取られている可能性があるので、来店前に個別の営業時間・営業内容の確認をおすすめします。


北海道内と札幌市内での【GoToイート】について

北海道内全域を対象に、11月30日〜12月15日までの期間、食事券の販売が一時停止されます。
また、札幌市内においては、すでに販売された食事券や付与されたポイントの利用を控えるよう協力を要請しています。
なお、テイクアウトとデリバリーの利用は、使用時に密にならないような配慮を条件に利用制限はありません。


札幌市内に限らず、全国的に新型コロナウイルスの新規感染者数が増えているので、皆さんどうぞ可能な限り安全にお過ごしください。


2020年11月26日

11月も後半に入り、初雪から積雪へと冬が進行している北海道。
道外では紅葉の真っただ中で、すでに紅葉の季節を終えてしまった北海道にいると、紅葉のニュースを目にするたびになんとなく「楽しい季節は終わってしまった」かのようなことが話題にのぼることもあります。
特にこの季節は、10月下旬に初雪が降るものの、きれいな雪景色のシーズンはなかなか訪れず、観光シーズンとしても空白の期間、と感じやすい季節かもしれません。


PB240212.jpg
“11月下旬の午後2時、夕日のような色の光を受けて染まるシラカバ/帯広市”


ところが、北海道好きの方におすすめしたいのは、まさに今時期から始まる「木立の季節」の楽しみ方です。
もっと説明すると、「木立の美しさが際立つ季節」と、個人的には北海道の大自然を感じるすてきな光景が見られる季節だと思っています。


なかでも空に向かってすっくと伸びたシラカバ。
高いものでは20~30mくらいまであり、山へ行くと1m近くにもなる太いシラカバがあるそうですが、一般的には白い幹と細身の姿が印象的です。


もちろん、シラカバの春は若草色の芽吹き、夏は涼やかな葉の揺らぎと白い幹のコントラスト。秋は日を受けてピカピカと光るように輝く黄金の葉、それも美しいのですが、樹木本来の”容姿”が際立つのが、葉が落ちたときだと思うのです。


PB240031.jpg


葉がすっかり落ちたシラカバが群生している場所で空を見上げると、空を背景にまっすぐ伸びた幹からパッと広がるバランスがよい枝ぶりがアート作品のように見えます。


PB240030.jpg
“シラカバの林/前田森林公園・札幌市”


その日の天気や時刻、雪のありなしなどでさまざまな表情に変わりやすいのも白い幹ならではのシラカバの特徴かもしれません。
北海道全域で見られるので、気をつけて車を走らせていると、意外にいろいろなところで目にします。
最も有名なところでは、十勝の音更町にある牧場の「白樺並木」がありますが、札幌近郊でも当別町の畑が広がるエリアをドライブすると、真っすぐ並んだシラカバを目にしたり、札幌から出発し稚内へ続く「オロロンライン」でも山に生えているシラカバを見ることができます。


P1040954.jpg
“道路脇にも白樺並木/道央自動車道”


深川市、千歳市、当別町、小樽市、赤井川村、ニセコ町、留寿都村、名寄市、遠別町、美瑛町、大空町、帯広市、音更町、上士幌町、陸別町、浜中町、鶴居村、中標津町。
北海道のウェブサイトによると、北海道には「シラカンバ」(シラカバ)をシンボルとしている市町村が18もありました。
北海道では、それほど「シラカバ」が身近な樹木なのだと思います。
11月下旬以降の北海道では、身近なだけではないシラカバの美しいシルエットも気に留めてみてください。


P4020263.jpg
“山とシラカバと畑/新篠津村”


そして、シラカバの観賞を堪能したあとは、観光スポットなどで販売されている白樺の樹液(ドリンク)をはじめ、白樺樹液の化粧品、白樺の幹で作ったクラフト製品を探して、旅のおみやげにしてはいかがでしょう。


2020年11月24日

連日、全国各地で新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最高を記録しているなか、北海道旅行を延期された方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、北海道旅行をしなくても楽しめて、グルメ旅の予習にもなる「北海道グルメ」について紹介します。


DD730CFD-06D7-40F1-82C3-E2C8EBCB1CCB.jpeg


コロナ禍での「ステイホーム」以降、お取り寄せご当地グルメが充実し、物産展商品を自宅で楽しめるチャンスは以前より増えています。今回おすすめしたいのは、読んで、知って楽しむ北海道グルメ、より北海道人の文化を味わえるB級を含む北海道グルメの”書籍”です。


それが「どさんこソウルフード〜君は甘納豆赤飯を愛せるか!」。


PB200257.jpg


最近では、どさんこ(北海道人)のソウルフードとして「ジンギスカン」をはじめ、比較的新しいローカル&ソウルフード「スープカレー」など、全国的に知られるようになった例もいくつかあリます。
一方で、昔ながらの局地的ローカルフードも多々あり、特に昭和生まれの「どさんこ」にとっては、とても懐かしく、そして身近に感じる家庭的なソウルフードがたくさんあります。


P6130089.jpg


おそらく、なかでも局地的ローカルフードは、北海道の広さゆえ気候・風土が場所によって大きく異なっていたり、また、多くの”どさんこの祖先”が道外各地からの移住者であることなどから、個人的には「出身地の文化を引き継ぎつつ移住先の風土に合った多様なローカルフードが生まれたのでは」と推測しています。


PB230122.jpg


そのような数々ある「どさんこソウルフード」は、生活に根ざした料理から、日常的なおやつ、おみやげ用のお菓子など多岐にわたり、さらに筆者、宇佐美伸氏の思い出や取材、考察によるソウルフードにまつわる歴史やエピソードが展開されています。
発行は2007年ですが、いま読んでもどさんこソウルフードを初めて知る人にも、すでに知っている人にも、さまざまな発見がある、よりディープな北海道ローカルグルメへ誘う一冊です。


FB8FD5F2-E9AA-419D-9CD6-373BC907AB2A.jpeg
〈↑写真は帯付きの”どさんこソウルフード”ですが、電子書籍でも購入可能です〉


北海道好きの方なら、読んでいると、おそらくいくつかは知っているソウルフードをみつけられると思いますが、それぞれの由来などには、目から鱗な発見があるかもしれません。そして「そうそう」と思わず相槌を打ってしまう内容です。


P9031002.jpg


秋の夜長に、「どさんこソウルフード」で北海道ローカルグルメの予習・復習をしてみませんか。
旅の前に読めば、旅先で遭遇した際に一層の感動があり、北海道旅リピーターの方は、より”北海道通”になること間違いありません。


PB280186.jpg


実際、生粋の”どさんこ”にとっても住んでいるエリアが異なれば、知らないローカルフードが満載だからです。
最近、あらためて読み返しましたが、どさんこだからでしょうか、いえ、北海道弁を絡ませつつ軽妙なその語り口に、何度読んでも楽しめます。
(※掲載した書籍以外の写真は「どさんこソウルフード」とは直接関係はありません。どのようなソウルフードが登場するかは、ぜひ本の中で確認してくださいね)


【どさんこソウルフード〜君は甘納豆の赤飯を愛せるか!】
・著者: 宇佐美 伸
・発行: 2007年12月
・価格: 本体価格1500円(税別)
・発行所: 株式会社亜璃西社
・ISBN: 9784900541740


2020年11月22日
2020年11月16日
2020年11月 9日
2020年11月 7日
2020年11月 4日
⇒すべての記事を見る

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集