海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 日本国内/札幌特派員ブログ

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

少し前から山には冠雪があった札幌ですが
夕方から降り出した雪があっという間に道を白くし、
翌朝には街がすっぽりと雪に包まれていました。


1.JPG


“Sapporo covered with snow overnight”


2.jpg


“Snowcapped trees in Sapporo”


突然の降雪に、白樺にはまだ緑や黄色の葉が残ったまま。


3.JPG


しんしんと降る雪に地面は覆われ、
周りの音さえ吸い込まれてかき消されます。


4.JPG


“Icy winter buds”


枝の冬芽は小さな氷で覆われ、氷中花のよう。


5_1.JPG


“Snowcapped rowanberry”


真っ白な世界のなか、ひと際、存在感を放つ
真っ赤なナナカマドの実。


厳しい寒さは堪えますが、真っ白なわたぼうしを
目深にかぶったナナカマドを見るのは
この季節ならではの楽しみです。


6.JPG


針葉樹は、すっかりクリスマスツリーそのもの。


7.JPG


“Conifer with baby icicles on the leaves”


そのツリーの先には、無数の生まれたてのツララが。


8.JPG


“Apples with icicles for birds”


小鳥のエサ用に吊られているリンゴにも
小さなツララ。


9.JPG


雪に覆われていると、日の光が差した途端に
まぶしい光の世界に早変わり。


10.JPG


日に照らされたニオイヒバの先にも
キラキラ光るツララが誕生し始めました。


札幌は最低気温がとうとうマイナスに突入し、
厳しい冬がやってきましたが、
真っ白ななかにも、目を凝らすと小さな楽しみを
ところどころに発見します。


足元に気を付けながら、北海道特有の冬散歩、
楽しんでみてください。


2017年11月21日

おいしくオシャレなレストラン「hache」(アッシュ)では、
2017年10月より、人気のランチビュッフェが
新スタイルになってスタートしました。


場所は札幌市時計台から歩いてほど近い”クロスホテル札幌”3階です。


27_hachesign.JPG


“Restaurant hache on the third floor of CROSS HOTEL SAPPORO”


新スタイルのランチビュッフェでは、一般的なランチビュッフェから、
・アミューズ
・メインディッシュ
については、テーブルサービスで、
・オードブル
・サラダ
・デザートスイーツ
は、ビュッフェになっています。


デザートにはコーヒーか紅茶がつき、
ランチタイムであれば時間は無制限。
料金は2,240円(サービス料・税込、一部メインディッシュは+600円)。


さらに11月から、オリーブオイルに焦点を当てたスペシャル企画を展開中。
オリーブオイルソムリエ、土上明子氏が料理に合わせて選んだ
数種のスペイン産オリーブオイルとともにいただけるランチです。


26_dessert.JPG


25_welcomecake.JPG


“アッシュ”に入ると、目の前に広がる色鮮やかなスイーツ!
以前は同じ場所に色鮮やかなサラダがレイアウトされていましたが
今回は、ウェルカムケーキに迎えられました。


ちなみにパティシエが焼いたウェルカムホールケーキは、
スイーツビュッフェでカットケーキとしていただけます。


それでは”NEW STYLE LUNCH”をいただきます。


24_amuse.JPG


“Seasonal vegetalbe dish: mille-feuille of vegetable, mousse of cauliflower and pork ham”


美しいオードブルやスイーツを前に
テーブルにつくやいなや、料理を取りに立ち上がろうとしましたが、
忘れていました。
オードブルの前に、アミューズをいただきます。


PB060216.JPG


アミューズ「季節を伝える野菜のひと皿」は、
人参2種、紅時雨大根などの根菜ミルフィーユと
カリフラワーのムース、豚肉のハム。


根菜のミルフィーユは、繊細な彩りとみずみずしい味が
タルトの上に乗っています。


22_salad.JPG


“Salad buffet”


ミルフィーユの印象に心を奪われ余韻に浸りながら
「サラダ」と「オードブル」コーナーへ。
季節の野菜、ピクルスが並んでいました。


21_oliveoileforsalad.JPG


“Olive oil for salad selected by an olive oil sommelier, Ms. Tsuchigami”


最初に目にしたオリーブオイルは、サラダ用。
サラダにオリーブオイルは経験済み、と高を括っていました。
実際のお味はいかに…。


20_dressingforsalad.JPG


“Dressing for salad”


オリーブオイルに目を奪われていましたが、
ドレッシングもおいしそうで目移りします。


19_pickledvege.JPG


“Pickled vegetable buffet”


“アッシュ”の定番、ピクルスも種類が豊富です。


18_alacarte.JPG


“Appetizer buffet”


オードブルビュッフェも季節の野菜・ピクルスに負けず、
カラフルなラインナップ。


16_steamedchickenfromhokkaidointhestyleofmimosa.JPG


“Appetizer, STEAMED CHICKEN IN THE STYLE OF MIMOSA”


「北海道産むね肉のミモザ風」


17_yellowtailinthestyleofcarpaccio.JPG


“YELLOWTAIL IN THE STYLE OF CARPACCIO”


「鰤(ブリ)のカルパッチョ」


15_sapporoyellowonionroast.JPG


“SAPPORO YELLOW ONION ROAST”


また、今の時期、幻の玉ねぎともいわれる『札幌黄』を使った
料理もありました。
「伝統玉ねぎ”札幌黄”ロースト」


在来種タマネギの『札幌黄』は、栽培に手間がかかるので
生産量が少ないのですが、肉厚で柔らかく、熱を加えると
甘味と風味が増すという特徴の特別なタマネギです。


14_bread.jpg


“Bread of Bakery Bakery PAUSE PANE in Sapporo”


ビュッフェにはパンも。
人気ベーカリー「ボーズパン」です。


PB060226.JPG


ボーズパンを「バルミューダ・ザ・トースター」で焼いてもOK。


13_oliveoilforbread.JPG


“Olive oil for bread, COMPOSITION”


そしてパン用にセレクトされたオリーブオイルは、
メルガレホ社の「コンポジシオン」。
“オリーブジャパン2017”で最優秀賞を受賞したそうです。
パンのみならず、料理全般にあうオリーブオイルだそう。


12_appetizeronthedish.JPG


オードブルをお皿にとってテーブルへ。
この後、メインとデザートスイーツがありますが、
オードブルだけでも大満足なバリエーションです。


パンをトーストし、オリーブオイルをつけて食べると、
オリーブオイルとパン、双方のおいしさが増して感じました。


そしてたかをくくっていたサラダ用オリーブオイルは、
レモンの香りと風味で、今まで慣れていたオリーブオイルとは、
ひと味もふた味も違う爽やかなサラダになっていました。


11_onionsoup.JPG


“SAPPORO YELLOW ONION SOUP with bread”


“札幌黄”メニュー「伝統の玉ねぎ、札幌黄のスープ」。
トッピングのパンといただいてみました。
札幌黄の甘さは、スープにしても一段と際立って感じます。


そしてメインディッシュです。
肉料理2種、魚料理2種、パスタ2種のなかから選べます。
(一部メニューは600円増しの価格)


10_grilledbeafwithleekandpotato.JPG


“GRILLED BEEF WITH LEEK AND POTATO”


「牛肉グリエ・ポワロ・じゃがいも」


9_spaghettiwithitalianmeatball&tomato.JPG


“SPAGHETTI WITH ITALIAN MEATBALL AND TOMATOE”


「ポルペッティーネとトマトスパゲティーニ」


8_raymeunierewithleek&olive.JPG


“GRILLED YELLOWTAIL WITH LEEK AND OLIVE”


「カスベムニエル ポワロ オリーブ」


牛肉のバターとの相性、パスタのやさしい味、
カスベ(エイの一種)の香ばしい風味。


どの料理もおいしく、また、ビュッフェを食べた後にも
ちょうどよいボリュームが嬉しいメインです。


7_detoxwater.JPG


“DETOX WATER”


すでに満足感にひたれるほど堪能したランチですが、
デザートスイーツビュッフェは外せないので、
ひとまず、ソフトドリンクバーの”デトックスウォーター”で
ひと呼吸置きました。


6_dessertbuffet.JPG


“DESSERT SWEETS BUFFET”


そしてこの日、何度目かのデザートにスイーツをビュッフェで。


5_oliveoilfor sweet.JPG


“Olive oil for cake”

するとここにもオリーブオイルが!
アズポンティス社製、オレンジフレーバーのオリーブオイルだそうです。
香りが柑橘系で、チョコレートベースのスイーツなどに合うそう。


4_Opérawithrasberry.JPG


“CAKE OPERA WITH RASBERRY”


「木苺のオペラ」


3_Crémet d'Anjou.JPG


“CREMET D’ANJOU”


「クレームダンジュ」
なんとこちらのスイーツにもオレンジフレーバーの
オリーブオイルが合うそうです。


3_pumpkinpudding&muscatjelly.JPG


“PUMPKIN PUDDING AND GREEN GRAPES JELLY”


「かぼちゃのプリン」と「白ぶどうのジュレ」。


3_dessertplatewithcoffee.JPG


テーブルサービスのコーヒーをお願いし、
おしゃべりとともにたくさんの種類のスイーツを楽しみました。


2_wine.JPG


“WINE from France and DEALCOHOLIZED WINE from Germany”


2_canappe.jpg


“CANAPE TOPPED WITH PORK RIELLETTE”


1_pintxosofsalmon&caprese.JPG


“SALMON AND CAPRESE PINTXOS”


1_pintxos.JPG


“OCTOPUS AND POTATO IN THE STYLE OF GALICIA PINTXOS”


最後になりましたが、別料金でフランス産ワインをいただけます。
赤・白・ロゼ・スパークリングともボトルが3,000円、グラス500円。


さらに脱アルコールワインもあり、ドイツ生まれの
カベルネ・ソーヴィニョンとシャルドネを楽しめます!


そんなときのワイン向きオードブルもいろいろありました。
「ポークリエットのカナッペ」や
「サーモンとカプレーゼのピンチョス」
「タコとジャガイモのガリシア風ピンチョス」など、
ワインをゆっくり楽しみたいときにもぴったりです。


*  *  *  *  *


アッシュの新スタイルのランチは、
アミューズやメインディッシュのテーブルサービスがあるので、
席を立つ回数が少なく、コース料理のように
よりゆったりとランチを楽しめました。


また、オリーブオイルソムリエの土上明子氏
おススメのオリーブオイルは、
12月には新たなラインナップになる予定だそうです。


静かな雰囲気のなか、ゆっくりとおいしくお昼のひとときを
過ごしたい方に特におススメします。


【hache (アッシュ)】
札幌市中央区北2条西2-23 クロスホテル札幌 3F
TEL: 011-272-0068
営業時間: LUNCH 11:30 ~ 15:00(L.O. 14:00)
*アクセス*
・JR「札幌駅」東コンコース南口より徒歩約5分
・地下鉄南北線「さっぽろ駅」地下歩行空間1番出口より徒歩約3分
・地下鉄「大通駅」より徒歩約7分
・地下鉄東豊線「さっぽろ駅」22番出口より徒歩約3分


関連サイト
新スタイルのランチビュッフェ(クロスホテル札幌)
クロスホテル札幌
夜景×露天風呂付き大浴場、フレンチプレスコーヒー~クロスホテル札幌 くつろぎ編
・【Booking.com クロスホテル札幌


⇒続きを読む"レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!"

2017年11月 9日

宿泊施設とそこでのビュッフェが国内外で人気の
“鶴雅グループ”北海道内6施設では、菓子メーカーの
「LOTTE」とのコラボによる”オリジナルスイーツ”を
ビュッフェで提供する企画を開催します。
開催日は2018年1月13日(土)~2月25日(日)の土・日・祝日限定。


同企画を実施する鶴雅グループ6施設は、
それぞれ異なるオリジナルスイーツを提供します。
今回コラボで生まれたオリジナルスイーツは8種類。


早速、お口の恋人「ロッテ」と鶴雅グループの
コラボオリジナルスイーツを紹介します。


1_chocomontbranc.JPG


“Special original sweets collaborated with LOTTE, CHOCOLATE MONT BRANC with Ghana Black Chocolate, Toppo and Koala no March at Tsuruga Buffet Dining SAPPORO”


“鶴雅ビュッフェダイニング札幌”(札幌市中央区)の
ランチビュッフェで提供する「チョコモンブラン」。


ロッテの”ガーナブラック”チョコレート、”トッポ”、
“コアラのマーチ”とお馴染みのお菓子が
シャンテクリームと融合してキュートなスイーツに!


こちらは札幌市内中心部にあり、子ども連れのお客様が多い場所柄。
子どもが楽しめるスイーツを意識して作ったそうです。


2_gateauchocolat.JPG


“Supple GATEAU CHOCOLAT with Ghana Black Chocolate and CRUNCKY at Jozankei Tsuruga Resort Spa MORI NO UTA”


「なめらかガトーショコラ」
使用しているのは”ガーナブラック”と”クランキー”。
“定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌”は、カップルでの利用が多く、
フランス菓子の装いでシックに仕上げたそうです。


3_puddingofguanawhite.JPG


“Pudding of Ghana White Chocolate with CRUNCKY POP JOY STRAWBERRY at Lake Shikotsu Tsuruga Resort Spa MIZU NO UTA”


「ガーナホワイトのプリン」は、プリン生地に”ガーナホワイト”を溶かし込み、
フランボワーズソースとクランキーポップジョイ・ストロベリーをトッピング。


4_ganacheofguanamilk.JPG


“GHANA MILK GUANACHE with Guana Milk Chocolate and SASHA at Lake Shikotsu Tsuruga Resort Spa MIZU NO UTA”


タルトにビターなチョコレートと紗々、
ブランデーをちょっぴり入れた大人スイーツの「ガーナミルク生チョコ」。


ガーナホワイトのプリンとともに
“しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌”でいただけます。


次の2種類は”大沼鶴雅オーベルジュ エプイ」ランチビュッフェで。


5_fondantauchocolat.JPG


“Fondant au Chocolat of OISHII High Cacao 72% with SASHA and CHOCOLANTAN at Onuma Tsuruga Auberge EPUY”


「おいしいハイカカオ72%フォンダンチョコランタン」
“おいしいハイカカオ72%”と”紗々”“チョコランタン”を使っており、
フォンダンショコラは本場を思わせるとても濃厚な味です。


6_paindechou.JPG


“LOTTE CRUNCKY PAIN DE CHOU with CRUNCKY AND Coala no March at Onuma Tsuruga Auberge EPUY”


軽いシューにやさしいクリームが入った
「ロッテ クランキーパンデシュー」には、
遊び心たっぷりの仕掛けが。


“クランキー”を使っていますが、そのほかに
5個に1個に割合で、”コアラのマーチ”が入っています!
フォーチュンクッキーならぬ、フォーチュンパンデシューを楽しめます。
大きく見えますが、思わず食べきれてしまう軽やかなスイーツです。


7_longeclair.JPG


“LONG ECLAIR with CRUNCKY, Coala no March, Guana Milk Chocolate and TOPPO at HOKUTEN NO OKA Lake Abashiri Tsuruga Resort”


“北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート”で提供する
「クランキーチョコと焼き上げたロングエクレア、
コアラのマーチを探せ」。


クリームたっぷりのロングエクレアの中には
コアラのマーチが入っています。
こちらも子ども連れのお客様が多いとのことで、
遊び心を取り入れた演出。


“クランキー”と”コアラのマーチ”のほか
“ガーナミルク”と”トッポ”を使っています。


8_brownie.JPG


“BROWNIE with Ghana Black Chocolate and HERSHEY’S KISSES at Lake Akan Tsuruga Wings”


「ブラウニー&ロッティーズ」は”あかん湖ウイングス”ディナービュッフェで提供。
“ガーナブラック”と”ハーシーキスチョコレート”を使用しています。


いずれも趣向を凝らした他では味わえないスイーツ。
“北天の丘” “大沼エプイ” “しこつ湖水の謌” “定山渓森の謌”の
4施設はランチビュッフェ(+日帰り温泉)で、
“あかん湖ウイングス”はディナービュッフェ(+日帰り温泉)
“鶴雅ビュッフェダイニング札幌”はランチビュッフェ(日帰り温泉なし)での提供です。
ビュッフェの提供時間等詳細は、各HPをご確認ください。


*  *  *  *  *


鶴雅グループのビュッフェはいずれも人気で、
今回は、ほんの少しけ鶴雅ビュッフェダイニング札幌の料理を紹介します。


ランチビュッフェお寿司ほか.JPG


PA180079.JPG


ランチビュッフェステーキ.JPG


ランチビュッフェ和食メイン.JPG


“Lunch buffet at Tsuruga Buffet Dining SAPPORO”


和食・洋食・中華と幅広いメニューはもちろん、
季節の野菜をふんだんに取り入れた目に美しく
食べておいしい料理がふんだんにあり、つい食べ過ぎてしまいます。


ランチビュッフェスイーツ.JPG


ランチビュッフェスイーツくずもち.JPG


ランチビュッフェスイーツケーキ.JPG


そしてスイーツの種類とかわいらしさも女性を中心に人気要因のひとつ。
このようなビュッフェスイーツのなかに、今回ご紹介した
オリジナルスイーツが並ぶことになります。


ひと口サイズでとても食べやすいのですが、
こちらも種類が豊富なので、鶴雅グループのビュッフェを利用する際は、
ぜひ、お腹の余裕を残しスイーツまで存分に堪能してください。


PB070005-001.JPG


なお、北海道内のアークスグループスーパーでは、
ロッテ×鶴雅リゾート「ほっとスイーツキャンペーン」を12/10まで実施しています。
規定のロッテ菓子を購入し指定のハガキで応募すると
今回ご紹介した6施設の該当ビュッフェ等の招待券が抽選で当たります。
チャンスがあれば、こちらも利用してみてください。


【LOTTE×鶴雅グループ オリジナルスイーツメニュー】
オリジナルスイーツ提供期間: 2018/1/13(土)~2/25(日)までの土・日・祝
               ※平日のオリジナルスイーツ提供はありません。
対象施設:・鶴雅ビュッフェダイニング札幌(札幌市中央区)
     ・定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌(札幌市南区)
     ・しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌(北海道千歳市)
     ・大沼鶴雅オーベルジュ エプイ(北海道亀田郡七飯町)
     ・北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート(北海道網走市)
     ・あかん湖 鶴雅ウイングス(北海道釧路市阿寒町)


関連サイト
鶴雅グループ
お口の恋人LOTTE
美しすぎる北海道産食材料理、「鶴雅 ビュッフェダイニング札幌」


2017年11月 7日
2017年11月 5日
2017年10月27日
2017年10月26日
2017年10月22日
⇒すべての記事を見る

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内特派員ブログ一覧

ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集