海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > "霧" と "じりっ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年4月11日

"霧" と "じりっている" 天気が神秘的な街、「釧路」


メール プリント もっと見る

"霧" と "じりっている" 天気が神秘的な街、「釧路」

 今回は、「霧の街」として有名な釧路のお話です。
 
霧の街、釧路と

 ここは、釧路の観光スポットで、4月下旬の霧に包まれた「幣舞(ぬさまい)橋」(釧路市)です。
 よくテレビの中継に出てくる花時計側から撮った写真です。
 深~い夜霧、それに朝もや、どちらもとっても神秘的。


 でも、実は、霧の街としてみなさんが思うほど、いつも霧というわけではありません。
 霧が多い季節は夏。

 春頃から夏にかけて、霧の日が多くなっていきます。
 反対に秋や冬には、霧はほとんど見られません。


 それでも、最近は朝と夜しか霧がかからない日も多く、霧は昔ほど濃くはないそうです。
 日中は晴天の日も結構あるんですよ。


 ときには、晴れた日に海から流れてきた霧が有名な観光スポット「幣舞橋」の上にだけ発生しているという不思議な現象が見られることもあります。


霧の街、釧路と

 これは、うっすらとした霧がかかる釧路川です。


 こんなふうに美しい霧の釧路ですが、不思議な天気があります。
 霧にしては水滴の粒が大きく、霧雨にしては雨粒が小さい日があるんです。
 霧雨が「降っている」というより細かな水滴が漂い、傘を差しても上着がしっとりと濡れる感じです。


 釧路に住んで間もない頃は、「今日の天気は霧?霧雨?」と聞いていました。
 するとそれは、「じり」という天気だったんです!


 霧と霧雨の中間の現象で、「じりっている」「じりじりしている」などと活用するそうです。
 同じ北海道でも、札幌近郊では体験したことも聞いたこともない天候なので驚きました。


霧の街、釧路と

 これは、"じり"模様の釧路湿原(5月)。


 霧やじりの季節、春や夏に釧路・根室に行く際は、濡れないように傘と雨具があると便利です。
 釧路のこの季節、霧とじりの両方を体験して、霧の街を満喫してください♪


 【幣舞橋(ぬさまいばし)】
 アクセス: 釧路駅から北大通を南へ徒歩約10分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温
2013年4月11日
« 前の記事「梅・サクラ・ジンギスカンを同時に楽しむ北海道の春!小樽・桜の隠れスポット"花園橋"を紹介」へ
»次の記事「札幌のお洒落スポット"宮の森"で楽しむ絶品「イタリア・カラブリア料理」」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    札幌にツララの季節、到来
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集