海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 北海道神宮例祭御輿渡御

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年6月17日

北海道神宮例祭御輿渡御


メール プリント もっと見る

北海道神宮例祭御輿渡御

北海道の総鎮守、「北海道神宮例祭」が6月14日~16日の3日間、行われました。
「江差姥神大神宮(うばがみだいじんぐう)渡御祭」(江差町)、金刀比羅(ことひら)神社例大祭(根室市)とともに、北海道三大祭のひとつです。


①P6150158.JPG

②P6150159.JPG


16日(日)には、横笛などのお囃子とともに、4基の御輿と維新勤王隊などの行列が札幌市内中心部を練り歩きました。


③P6160195.JPG


午前9時に北海道神宮を出発したお神輿は、中央区南2条東3丁目にある頓宮をめざし、午後4時50分に再び北海道神宮へ戻ってきます。

この日は、北海道神宮の第一鳥居を過ぎたところで行列を待ち受けました。


④P6160200.JPG


札幌の幹線のひとつ、「北1条通」は、片側が通行止めになり、道の両側には大勢の人が集まっています。
北海道神宮へ向かう車の中から手を振っている人にも応えています。


⑤P6160209.JPG

⑥P6160212.JPG

天狗のお面をかぶった猿田彦。


⑦P6160229.JPG


北海道神宮で祀られている明治天皇・大国魂神(おおくにたまのかみ)・大那牟遅神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)の鳳輦(ほうれん)です。


⑧P6160250.JPG

⑨P6160244.JPG

⑩P6160256.JPG

行列は総勢1200人にものぼるそうです。


⑪P6160272.JPG

⑫P6160296.JPG

神宮の第一鳥居から第二鳥居までは、坂道です。
馬車を引く馬も、一度止まると登るのが大変で、沿道からは「がんばれ~!」の掛け声も響きました。


P6160259.JPG

1878年(明治11年)から始まった御輿渡御。
このときばかりは札幌の街も、ひととき平安の絵巻物のようです。
古式ゆかしい装束の一行が通り過ぎると、札幌はようやく夏を迎えます。

 【北海道神宮例祭】   6月14日 宵宮祭   6月15日 例祭   6月16日 御輿渡御  【北海道神宮】   札幌市中央区宮ケ丘474   TEL: 011-611-0261   ※地下鉄東西線「円山公園駅」より徒歩約15分   http://www.hokkaidojingu.or.jp/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2013年6月17日
« 前の記事「夏の訪れを告げる「札幌まつり」」へ
»次の記事「ススキノで旭川ラーメン"一蔵"の「鮭節(さけぶし)ラーメン」」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    夏とは異なる魅力!「白金青い池」ライトアップ@美瑛町
    北海道フードフェアで出会った北海道の食べる"おみやげ"、いろいろ。
    第69回 さっぽろ雪まつり(2018)、朝と夜。大通・すすきの会場ダイジェスト!
    さっぽろ雪まつりで、冬も札幌・夏の風物詩『PMF:パシフィック・ミュージック・フェスティバル』♬
    層雲峡温泉「層雲閣グランドホテル」で氷瀑まつり・花火鑑賞
    圧倒的な氷の造形と遊び心を満喫!「層雲峡 氷瀑まつり」~2018年は3/18まで開催。
    夜景と一緒に味わう『大人パフェ』@ANAクラウンプラザ札幌 「スカイラウンジ サッポロビュー」
    日本最北の温泉郷 "豊富温泉"で温活・肌活・氷活!(豊富旅後編)

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集