海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 涼やかな音色舞う"おたる ふうりん通り&...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月30日

涼やかな音色舞う"おたる ふうりん通り"~第5回 小樽がらす市(2013/7/26~7/28)


メール プリント もっと見る

涼やかな音色舞う"おたる ふうりん通り"~第5回 小樽がらす市(2013/7/26~7/28)

2013年7月26日(金)から3日間開催された「おたる潮まつり」の期間中、
「小樽がらす市」が同時開催されました。


小樽といえばガラスの街。
昔、電気の普及が遅れていた北海道は、「ガラス製石油ランプ」が必需品だったこと、小樽はニシン漁が盛んで漁具としての「ガラスの浮き玉」を使用していたこと、このふたつが現在の小樽のガラス工芸の元となっています。


P7270091.JPG

会場は、毎年2月に行われる「小樽雪あかりの路」の会場のひとつ「旧国鉄手宮線」跡地です。


P7270099.JPG

日銀通側(札幌側)の入り口から入ると、数え切れないほどの風鈴が出迎えてくれました。


P7270101.JPG

出店する工房のカラフルなガラス風鈴。
風がそよぐと一斉に涼やかな音色が響きます。
それぞれの音色が異なるので、一度に鳴るとまるで風鈴の演奏会!


P7270107.JPG

P7270119.JPG

P7270124.JPG

この日は、時おり雨がパラつくお天気でしたが、お客さんの入り込みは見ての通り!


P7270125.JPG

P7270128.JPG

「旧国鉄手宮線」跡地は、そこだけ昔の雰囲気を残したような趣きある会場です。
大人も子どもも、レールの上を歩いて楽しむ人が多かったこと(笑)!


P7270133.JPG

出店数は、37にものぼりました。
道内のほか関東・愛知・大阪、遠くは長崎からの出店も。


P7270135.JPG

P7270136.JPG

P7270139.JPG

ビー玉、手作りグラス、トンボ玉。


P7270145.JPG

こちらは東京からやってきた風鈴。


P7270116.JPG

今年の小樽がらす市は終了しましたが、小樽市内には、この会場の近くを含めガラス工房がいくつもあります。
体験コースなども行っているので、小樽を訪れたら、ぜひお気に入りのガラス製品を作ったり、みつけたりしてくださいね。


【小樽市内のガラス工房・ガラス製品店】(第5回小樽がらす市出店者のみ)
  ・Kim Glass Design(http://www.kimglassdesign.com/)
  ・ブラスト工房 宇央(http://www.nokio.shop-site.jp/)
  ・ガラス工房 NAKAMORI(http://www.glass-kougeihiroba.jp/atelier/hokkaido/details/s_nakamori.html)
  ・ガラス工房 田沼(小樽市星野町5-27、TEL:0134-62-0086)
  ・ゆず工房(http://www.geocities.jp/yuzu_koubou/)
  ・和光学園 ガラス工芸班(http://srbshouon.jp/wakoh/)
  ・創造硝子工房 Studio J-45(http://www8.plala.or.jp/galss-g/)
  ・クラフトショップ れん(http://www.otaru.nu/)
  ・浅原硝子製造所(http://www.asaharaglass.com/)
  ・ザ・グラススタジオ イン オタル(http://glassstudio-otaru.com/)
  ・il Ponte-イルポンテ-(http://otaru-ilponte.com/)
  ・手描きガラスの絵 イメージ・グラス(http://image-glass.com/)
  ・株式会社 北一硝子(http://www.kitaichiglass.co.jp/)
  ・深川硝子工芸(http://www.fukagawaglass.co.jp/)
  ・硝屋(http://www2.otaru-shoya.jp/)
  ・アクセサリー工房 詩麻(小樽市奥沢3-27-25)
  ・glass work・fu~ga(小樽市奥沢3-10-11、TEL:0134-24-6312)
  ・小樽手造り硝子工房(http://shop.glotal.com/kamiura/)
  ・グラス・ムラノ(http://www1.odn.ne.jp/glass-murano/)
  ・大正硝子館(http://www.otaru-glass.jp/)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産
2013年7月30日
« 前の記事「"おたる潮まつり"のハイライト、華やかに踊る6000人の「潮ねりこみ」」へ
»次の記事「札幌、狸まつりと北海道祭の熱い1日」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    香り豊かな小麦・ライ麦をパンで味わう~アンチェインドベーカリー

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集