海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 札幌「豊平峡温泉」の名物・絶品"本格イン...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月14日

札幌「豊平峡温泉」の名物・絶品"本格インドカリー"!


メール プリント もっと見る

札幌「豊平峡温泉」の名物・絶品"本格インドカリー"!

前回の投稿で、「豊平峡ダム」での紅葉狩りをお伝えしましたが、関連グルメのお話です。
紅葉狩りで利用した「電気バス」のチケットは、「豊平峡温泉」のレストラン(温泉食堂)の食事とセットでした。そこで豊平峡温泉へ...。

①P1080182.JPG

②P1080181.JPG

この「豊平峡温泉」、豊平峡ダムより少し手前にある源泉かけ流しの名湯。
(写真は豊平峡温泉から見える紅葉と、隣接するキャンプ場です。)
広く眺めのよい露天風呂は特にオススメです。


③P1080183.JPG

源泉かけ流し、つまり温泉を水で薄めたり沸かしたり循環していない温泉です。
するとお湯の温度はどう管理するの?という疑問が出てきますが...
1時間ごとに水温を計り、そのときの水温・気温・天候等に合わせ、バルブで湯量を調整して一定の水温を保つのだそうです。


そんな札幌で人気のこの温泉には人気の秘密がもうひとつあります。
それが施設併設のレストラン!
なんと人気メニューは、本格インド料理なんです。


④P1080184.JPG

⑤P1080185.JPG

十割そばやジンギスカンセットなどもあるのですが、なんといっても札幌っ子のお気に入りはインド料理↑。


⑥P1080188.JPG

⑦P1080191.JPG

なかでもインド人シェフが料理するインドカリーと焼き立てナンが大人気。
温泉に入らずとも、このカリーとナンだけを目当てに豊平峡温泉に行く人が大勢います。


厨房の一部がガラス張りなので、インド式の窯でナンを焼く様子も見て楽しめます!
作るのはかなり熱そうですが、とってもおいしそう~。


⑧P1080194.JPG

写真奥の釜ではナンを、手前の釜ではタンドリーチキンを焼いています。
あまりにじっと見ている私にタンドリーチキンやナンを持ち上げて見せてくれるシェフさんたち。


⑨P1080196.JPG

お店には全天候型テラスがあり、景色を眺めながらインドカリーをいただきました。


⑩P1080206.JPG

⑪P1080205.JPG

豊平峡ダムの電気バスとのセットチケットで食べられるメニューは「チキンカリー(写真上)」&「ナスとトマトのカリー(写真下)」&ナンのセットです。
辛さは5段階から選べます。


チキンカリーはマイルドでやわらかいチキンがおいしく、ナスとトマトのカリーは、コクのあるしっかりしたトマトの味がずっと食べ続けたいほどおいしい!


⑫P1080202.JPG

さらにガラス越しに作っていた料理がどうにもおいしそうで、追加で頼みました。
ターバン(630円)です。


シークカバブを野菜と一緒にナンで巻いた料理で、ソースをつけていただきます。
ピリ辛ですが、こちらも味に深みがあっておいしい!


⑬P1080207.JPG

ナンの写真を入れ忘れたので。
豊平峡ダムの電気バスとセットのメニュー全景(笑)です。
ボリュームたっぷり。


なお、豊平峡温泉のカリーとナン、移動販売の「タンドール号」が札幌市内および近郊で販売しています(タンドール号のスケジュールはHPにあります)。
スーパーの前でタンドール号を見かけたら、豊平峡温泉まで行かずに本格インドカリーを食べることができますよ。



  【豊平峡温泉】※日帰り入浴のみ
   札幌市南区定山渓608-2
   ~温泉~
   営業時間: 平日 10:00~24:00
         日・祝日 9:00~24:00
   入泉料金: 大人 1,000円   子ども(3歳~小学校6年生)500円
   TEL: 011-598-2410

  ~温泉食堂~
   営業時間: インド料理 11:00~22:00
         和食 10:00~21:00

   http://www.hoheikyo.co.jp/

   アクセス: 車~札幌市街から国道230号線で中山峠方面へ進み、右手に定山渓温泉街を過ぎたのち「豊平峡ダム入口交差点」を左折(案内看板有り)し600m先左手。札幌市街から約35km。
        バス: 「JR札幌駅バスターミナル」から「定鉄(じょうてつ)バス」の「豊平峡温泉行」に乗車、終点「豊平峡温泉」で下車、所要時間約80分。
        ※札幌市街と豊平峡温泉を結ぶ無料送迎バスもあります。詳しくはHPの「アクセス」ページをチェックしてください。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2013年10月14日
« 前の記事「そろそろ紅葉が見ごろ!の札幌・豊平峡ダムへ」へ
»次の記事「帯広・釧路で一度は食べたい「インデアン」のカレー」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    香り豊かな小麦・ライ麦をパンで味わう~アンチェインドベーカリー

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集