海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 晩秋の小樽グルメはガサエビ(蝦蛄・シャコ)で決まり...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年11月20日

晩秋の小樽グルメはガサエビ(蝦蛄・シャコ)で決まり!


メール プリント もっと見る

晩秋の小樽グルメはガサエビ(蝦蛄・シャコ)で決まり!

小樽は、北海道でも代表的なガサエビ(シャコ)の産地です。
北海道内で春に行われているシャコ漁ですが、春と秋の年2回、シャコ漁を行っているのは小樽だけ。

さらに小樽産シャコは、特にサイズが大きいことでも知られ、特大サイズでは全長20cm、重さ50gのものもあるそうです。


10月・11月・12月に小樽を旅行の際は、絶品大ぶりのシャコをご堪能ください。


①P1090043.JPG

市場で売られているシャコ↑。

春漁(4月~6月)は熟した卵を持った子持ちシャコが目玉ですが、秋漁(10月~12月)は、脱皮後の身入りがよいシャコが目玉です!


②PB170006.JPG

③P1080992.JPG

シャコは小樽前浜で刺し網漁で水揚げされ、丁寧に一尾ずつ網からはずされた後、鮮度を落とさないようすぐに塩茹でされます。

蒸したり、焼いたり、汁物にして食べます。
お寿司屋さんではネタにもなってますね。


④P1090014.JPG

ちょうど開催されていた「おたる産しゃこ祭」で販売していた「焼きシャコ」↑(3尾400円)。


見かけのインパクト同様、味もコクと甘味に驚きます!
例えると、毛ガニをさらに濃厚にしたような味です。


⑤P1090018.JPG

⑥P1090020.JPG

⑦P1090022.JPG

立派な足と殻があるので、食べるときはハサミで頭と両サイドを落としてから殻をむきます。
尾の部分にはミソが入っているので、切り落とさないように要注意です!


⑧P1090056.JPG

貝の殻も割るというシャコの立派な足。
殻剥きに奮闘しながらも(数尾剥くと慣れます)、この濃厚な味は食べるに値します。


⑨P1090052-002.JPG

市場では浜茹でシャコをメス10尾1200円くらい、オス10尾720円くらいで販売しています。
この時期、小樽の飲食店でもシャコのメニューを見つけたら、ぜひトライしてみてください。


個人的には、焼きシャコや蒸しシャコと白ワインの組み合わせもオススメです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2013年11月20日
« 前の記事「サッポロファクトリー、広尾町からの「ジャンボクリスマスツリー」登場」へ
»次の記事「小樽・街歩き~石造り・煉瓦造りの建物めぐり」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    美瑛の夜は、隠れ家的ワインバー "Vin Verre(ヴェン・ヴェール)"でディナー。
    夏とは異なる魅力!「白金青い池」ライトアップ@美瑛町
    北海道フードフェアで出会った北海道の食べる"おみやげ"、いろいろ。
    第69回 さっぽろ雪まつり(2018)、朝と夜。大通・すすきの会場ダイジェスト!
    さっぽろ雪まつりで、冬も札幌・夏の風物詩『PMF:パシフィック・ミュージック・フェスティバル』♬
    層雲峡温泉「層雲閣グランドホテル」で氷瀑まつり・花火鑑賞
    圧倒的な氷の造形と遊び心を満喫!「層雲峡 氷瀑まつり」~2018年は3/18まで開催。
    夜景と一緒に味わう『大人パフェ』@ANAクラウンプラザ札幌 「スカイラウンジ サッポロビュー」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集