海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 北海道神宮の小神札焼納祭(どんと焼き)

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年1月15日

北海道神宮の小神札焼納祭(どんと焼き)


北海道神宮の小神札焼納祭(どんと焼き)

北海道神宮で毎年1月14日午前10時から行う伝統行事「小神札焼納祭(こしんさつしょうのうさい」に行きました。


①P1100175.JPG

小神札焼納祭(どんと焼き)の前にお参り。
(どんど焼き、どんどん焼きなど呼び方は複数あるようですが、北海道神宮では「どんと焼き」としています。)


②P1100172.JPG

連日の真冬日で、つららがあちこちにできています。


③P1100174.JPG

④P1100174-001.JPG

手水舎のひしゃくにもつらら!
水も氷のように冷たく、より身が浄められる気がします。


⑤P1100226.JPG

どんと焼きの日ということで、大勢の参拝者が行列をなしていました。


⑥P1100245.JPG

神社境内の「北限の杉林」。
過ぎの葉の上には、年明けから雪が降り続けていた札幌に久しぶりの澄み渡る青空が見えました。


⑦P1100179.JPG

境内には露天が並び、まだまだお正月気分。


⑧P1100183.JPG

どんと焼きが始まります。
しめ縄・お正月飾り、北海道神宮に返納したお守り・御札などが高く積まれ、その前には祭壇があります。


⑨P1100195.JPG

⑩P1100202.JPG

神主さんによる祓い清めのご祈祷のあと、ご神火が点けられました。


⑪P1100223.JPG

炎は次第に大きくなり、お正月飾りなどを持ってきた参拝者が炎に向かって次々と飾りを投げ入れます。
立ち上る煙と炎に手を合わせて、この1年の無病息災を願いました。


⑫P1100220.JPG

顔が熱くなるほど強い炎!
この日も最高気温はマイナス5℃と凍える寒さでしたが、「炎の暖かさを体全体に受けたら、体の悪いところもなくなりそう!」と笑顔になる参拝者が何人もいました。


無病息災を願うと同時に、暖かい炎をとてもありがたく感じた北海道神宮のどんと焼きです。



【北海道神宮】

  札幌市中央区宮ケ丘474
  TEL: 011-611-0261
  http://www.hokkaidojingu.or.jp/
  アクセス: 地下鉄東西線「円山公園駅」より徒歩約15分
  ~どんと焼き(北海道神宮)~
  日時: 毎年1月14日10:00~12:00


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年1月15日
« 前の記事「窓氷(まどごおり)~厳寒のアート、氷紋」へ
»次の記事「ススキノのバー"RAD BROTHERS"」 へ
札幌特派員 新着記事
"白い恋人"がクラフトビールに!「羊蹄山麓ビール 白い恋人」
12月に見たい北海道のイルミネーション[札幌・小樽・余市・函館・美瑛]
2022年2月、2年ぶりに大通会場で「第72回さっぽろ雪まつり」開催決定
さっぽろホワイトイルミネーションの季節が来たら、「足元の対策を万全」に楽しい旅を
日帰り入浴もできる宿「びらとり温泉ゆから」で平取町ステイ
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
平取町を体感!~北海道で唯一「伝統工芸」がある町の「アイヌ文様彫刻」と「クチャチセ作り」体験

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集