海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > ろうそくの灯とワックスボウルの幻想空間~小樽雪あか...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月13日

ろうそくの灯とワックスボウルの幻想空間~小樽雪あかりの路・手宮線会場


メール プリント もっと見る

ろうそくの灯とワックスボウルの幻想空間~小樽雪あかりの路・手宮線会場

2014年は、2月7日から2月16日まで開催の"ろうそくの灯"を楽しむ「小樽雪あかりの路」。


①P1110112.JPG

前回の投稿で「運河会場」を紹介しましたが、今回はもうひとつのメーン会場「手宮線会場」です。


②P1110086.JPG

③P1110088.JPG

小樽雪あかりの路で灯っているアイスキャンドル・スノーキャンドル・オブジェは、ボランティアさんやスタッフさんの手作り。


③P1110097.JPG

ほのかな明かりがずっと続く手宮線会場の「雪あかりの路」です。


④P1110085.JPG

⑤P1110089.JPG

⑥P1110094.JPG

独創的なキャンドルや造形が次から次へと現れて、目を見張ります。


⑦P1110099-001.JPG

⑦P1110101.JPG

ワックスボウルのキャンドル。幻想的!


⑦P1110103.JPG

美しい葉や花に彩られたワックスボウル(キャンドルホルダー)も、ろうそくでできています。


溶かしたろうそくの中に水でふくらませた風船を入れたり取り出したりして、徐々に風船についたロウを固め、最後に風船を割って完成するそうです。
その中にろうそくを灯します!


⑧P1110095.JPG

葉や花の押し花をあしらったワックスボウルのキャンドルのやわらかい灯りは、一瞬冬を忘れるような暖かな光です。


⑨P1110104.JPG

⑩P1110110.JPG

⑪P1110107.JPG

⑫P1110106.JPG

まるでアートギャラリーです。


⑭P1110115-001.JPG

⑬P1110111.JPG

灯りがこぼれる雪の穴をのぞくと、雪ウサギ!


⑮P1110109.JPG

会場のどこを見ても、小さな感動の連続です。


小樽雪あかりの路は、2月16日(日)、今週末まで開催しています!



【小樽雪あかりの路】


  開催日時: 2014年2月7日(金)~16日(日) 点灯時間17:00~21:00
  会 場: 手宮線会場・運河会場・朝里川温泉会場・その他市内各所
      ※手宮線会場までのアクセス: JR小樽駅より徒歩約5分
  http://otaru.yukiakarinomichi.org/


  [小樽へのアクセス]


  ~札幌-小樽(約38km)~ 
  JR: 「JR札幌駅」より快速電車で約30分、普通電車で約50分
  バス: 「札幌駅前ターミナル」より「市役所通」「小樽駅前」停留所まで高速おたる号・岩内号・余市号・ニセコ号で約60分
  車: 高速道路で約35分、一般道で約70分


  ~新千歳空港-札幌(約45km)~
  JR: 「新千歳空港」より快速電車で約40分
  車: 高速道路で約30分、一般道で約80分


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2014年2月13日
« 前の記事「小樽雪あかりの路~浮き玉キャンドル灯る小樽運河・2014/2/16まで」へ
»次の記事「酵母が生きている小樽ビール!~ビアパブ小樽倉庫No.1&醸造所」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    香り豊かな小麦・ライ麦をパンで味わう~アンチェインドベーカリー

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集