海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > タンチョウの求愛ダンス~北海道鶴居村・鶴見台

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月 7日

タンチョウの求愛ダンス~北海道鶴居村・鶴見台


タンチョウの求愛ダンス~北海道鶴居村・鶴見台

国の特別天然記念物「タンチョウ」で有名な北海道阿寒郡「鶴居村」。
釧路市の隣にあります。


この辺りの湿原はタンチョウの生息・繁殖地帯で、鶴がたくさん居るので「鶴居村」という名前がつきました。


①P3010016.JPG

2月半ばから3月にかけて見られるタンチョウの求愛ダンス。
2羽のつがいが揃って美しい鳴き声をあげながらダンスします。


②P1110532.JPG

③P3010060.JPG

ここはタンチョウの給餌場で、11月~3月の冬期には、多いと百数十羽ものタンチョウを見られるそうです。


朝と14時30分頃の1日2回、給餌をする様子も見ることができます。


④P3010006.JPG

あまりに多くのタンチョウを目の当たりにし感動。


⑤P3010026.JPG

雪原にすっくと立つタンチョウの凛々しさに感動。


⑥P3010030.JPG

なかには雪のなかに足が刺さっているような状態で(笑)片足立ちのタンチョウもいます。


⑦P3010032.JPG

そろそろ就寝の準備かもしれません。


⑧P3010009.JPG

すると、ひと組のつがいが揃って歩き始めました。


⑨P3010023.JPG

⑩P3010019.JPG

それを機に周りのタンチョウも動き始めます。


⑪P3010020.JPG

そして何組ものつがいが大きな鳴き声とともに求愛ダンス!
その姿と鳴き声に感動。


⑫P3010053.JPG

飛来や着地のときの姿もとても優美です。


⑬P3010055.JPG

⑭P3010056.JPG

⑮P3010057.JPG

タンチョウを見るのは初めてではありませんでしたが、何度見ても見惚れます。


タンチョウが給餌場を訪れるのは主に冬期。
春になると、巣作り・産卵・子育てのため、営巣地の湿原奥深くへ帰ります。
そして夏は釧路湿原や別寒辺牛湿原(べっかんべうし)をはじめ湿原や湖沼など、秋には畑などでも過ごします。



【鶴見台】

  北海道阿寒郡鶴居村下雪裡
  給餌期間: 11月~3月頃
  アクセス: 釧路駅から車で約55分(道道53号線沿いに駐車場有)
        阿寒バス鶴居線・幌呂線「鶴見台停留所」下車、徒歩約1分
  問合先: 鶴居村役場産業課(TEL: 0154-64-2114)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年3月 7日
« 前の記事「世界三大夕日~釧路・幣舞橋より」へ
»次の記事「釧路の居酒屋「いながき」でコスパの高さに脱帽...」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌でみつけた早春の兆し
北海道内の「緊急事態宣言」は、2020年3月19日で終了
「テイクアウトで、お店ごはん」!「テイクアウト&デリバリー」ができる飲食店を探すなら......
北海道内の新型コロナウイルス関連情報
〈北海道〉新型コロナウイルスの影響にともなう観光施設の「営業状況確認」のおすすめ(2020年3月2日現在)
感性を刺激する期間限定の「『四つの宝石』をイメージしたふわとろパンケーキ」~スカイレストランロンド
教育文化会館2Fにテイクアウト&イートインのサンドイッチ・ショップ「札幌の森」オープン
「さっぽろ雪まつり2020」が開幕!2020年2月11日(火・祝)まで開催。

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集