海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > タンチョウ・ウォーク~北海道鶴居村

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月 4日

タンチョウ・ウォーク~北海道鶴居村


メール プリント もっと見る

タンチョウ・ウォーク~北海道鶴居村

釧路市から車で鶴を見に「鶴居村」にでかけました。
釧路市に隣接し、国の特別天然記念物「タンチョウ」の生息・繁殖地として知られています。


P3010087.JPG

鶴居村では、12月~3月頃までの冬期、タンチョウの餌付けをしている観光スポット以外の畑や道端などでもタンチョウに遭遇することがあります!


①.JPG

この日も道道243号を走行中、道路を横断するタンチョウを発見。
静かに徐行後停車しましたが、タンチョウもすぐに我々を発見し、畑へと歩いて後退しました。


②.JPG

③P3010095.JPG

④P3010096.JPG

P3010093.JPG

⑥P3010100.JPG

身長は大きいと1.5mにもなる日本最大の鳥「タンチョウ」のウォーキング。
雄雄しくもあり、ときにユーモラスな姿勢にもなり、目が離せません。


⑦P3010101.JPG

野生のタンチョウは、世界でも2000羽~3000羽ほどしかいない希少動物だそうです。
日本では昭和27年に釧路湿原で確認された数十羽が、保護活動を通じ数十年をかけて1000羽強まで個体数を回復しました。


絶滅危惧Ⅱ類に分類されているタンチョウ。
今後もずっと見続けることができるように、タンチョウに近づき過ぎない、辺りにゴミを落とさない、ゴミは持ち帰るなどの点に留意し、タンチョウのストレスにならない観光をしたいと改めて思いました。


【北海道阿寒郡鶴居村】

  アクセス: 釧路市内(JR釧路駅)から道道53号で約35km
        釧路空港より約32km

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 自然・風景
2014年3月 4日
« 前の記事「「特急スーパーおおぞら」で駅弁を楽しむ旅~札幌から釧路」へ
»次の記事「大ぶり牡蠣たっぷりの「かきそば」~釧路・玉川庵」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    北大散策のあとは北大総合博物館「ミュージアムカフェ・ぽらす」「ミュージアムショップ・ぽとろ」へ!
    気分は北大生。ノスタルジーと今・未来を感じる『北海道大学総合博物館』、6月~10月金曜は21時まで開館
    広がる水平線、ここで夕日を見たい!札幌の隣、石狩市厚田に「道の駅 石狩 あいろーど厚田」がオープン
    2018年札幌、桜の開花宣言は4/26
    ルタオ新ブランド、限定フロマージュデニッシュの専門店「DANI LeTAO」が小樽にオープン
    2018年4月25日、JR札幌駅エリア、大丸札幌店3Fに新スポット「KiKi YOCOCHO」(キキヨコチョ)がオープン
    春はミズバショウ、エゾノリュウキンカ...JR星置駅から歩いて行けるオアシス「星置緑地」
    おいしいものを追いかけて~シーニックバイウェイ北海道 「函館・大沼・噴火湾ルート」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集