海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 世界三大夕日~釧路・幣舞橋より

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年3月 6日

世界三大夕日~釧路・幣舞橋より


メール プリント もっと見る

世界三大夕日~釧路・幣舞橋より

釧路といえば、夕日!


世界三大夕日のひとつといわれています。
なかでも、ここ、幣舞橋(ぬさまいばし)から見る夕日が有名です。


②P3010120.JPG

釧路は霧の街として知られていますが、それは夏の風物詩。
秋・冬は晴れの日がとても多く、美しい夕日の季節でもあります(ちょっと寒いですが!)。


これは3月上旬の16:40頃。
2月下旬~3月上旬の日の入りは17時過ぎなので、日没までもう少し。


③P1110598.JPG

この日も日中は雲が見当たらないほど晴れ渡っており、期待でいっぱいの夕刻です。
水の色が移り変わる釧路川。


④P1110593.JPG

少しずつ日が落ち、街路灯が灯り始めました。


④P1110596.JPG

幣舞橋の欄干に立つ彫刻銅像「四季の像」のひとつ「佐藤忠良氏作・夏」のシルエット。


⑤P1110594.JPG

①P1110603.JPG

⑦P1110627.JPG

日の入り時刻を向かえ、世界三大夕日のクライマックスです。


⑧P3010164.JPG

⑨P3010182.JPG

みるみるうちに西の水平線が赤く染まり、太陽は吸い込まれるように消えていきました。


⑩P3010183.JPG

北海道のなかでも特に寒い釧路ですが、秋・冬は夕日を見る絶好のチャンスです。


でも、もし霧で夕日が見えなくても、がっかりしないでください。
霧に浮かぶ街路灯は、さらにエキゾチックです。



【釧路・幣舞橋】


  アクセス: JR釧路駅より北大通(きたおおどおり)沿いに徒歩約10分


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2014年3月 6日
« 前の記事「大ぶり牡蠣たっぷりの「かきそば」~釧路・玉川庵」へ
»次の記事「タンチョウの求愛ダンス~北海道鶴居村・鶴見台」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    「ステンドグラス美術館」を体感!@小樽芸術村
    小樽の新名所『旧三井銀行小樽支店』@ニトリ小樽芸術村
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~Sizzle&最上階ラウンジ編
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~客室編
    ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
    定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
    「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
    地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集