海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 紅葉も楽しみ。ウイスキーも景観も楽しめるニッカウヰ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月17日

紅葉も楽しみ。ウイスキーも景観も楽しめるニッカウヰスキー余市蒸留所


メール プリント もっと見る

紅葉も楽しみ。ウイスキーも景観も楽しめるニッカウヰスキー余市蒸留所

2014年9月29日放送開始のNHK連続テレビ小説

「マッサン」の舞台・ロケ地「ニッカウヰスキー余市蒸留所」では、

今週から秋のウィスキー蒸留作業が始まったそうです。

①ニッカウヰスキーP1160068

余市蒸留所では、工場見学や敷地内の散策、ウイスキーの試飲などができます。

①ニッカウヰスキーサインP1160082

敷地は結構広く、気候がよければ自由見学でのんびり周っても楽しいです。

②ニッカウヰスキー原酒直売所P1160078

②ニッカウヰスキー原酒直売所原酒P1160080

原酒直売所では、原酒の香りを楽しめます。

②ニッカウヰスキー原酒直売所原酒P1160081

熟成年数の違いにより、かなり異なるそれぞれの香り。

熟成が進むごとに香りに粗さがなくなっていくようです。
香りだけでも十分楽しめます!

香りをかぎ、スタッフの方の説明を聞いていると、ウイスキーに詳しくなれた気が…。

③ニッカウヰスキー家P1160055

NHK連ドラのモデルになったニッカウヰスキー創業者、

竹鶴政孝と妻・リタが住んでいた「旧竹鶴邸」。

③ニッカウヰスキー家P1160060 ③ニッカウヰスキーステンドグラスP1000690 ③ニッカウヰスキー家P1160064

当時、ふたりが使用していた食器などともに家の中を見学できます。

ステンドグラスが印象的。

④ニッカウヰスキー工場P1160073 ④ニッカウヰスキー工場P1160077

乾燥塔などの赤い屋根がきれいです。

雪の中では、さらに赤い屋根が異国情緒たっぷりに映えますね。

⑤ニッカウヰスキーリタハウスP1160071

リタハウス(旧・研究所)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

⑤ニッカウヰスキー事務所P1160074 ⑤ニッカウヰスキー事務所P1160075

こちらは、以前使っていた事務所。

右手奥には、金庫が見えます。

⑥ニッカウヰスキー庭P1160049

敷地内の庭園をはじめ、あちこちに見られる樹木がきれいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ⑦ニッカウヰスキー庭P1000695

赤い屋根の工場レプリカと7月のラベンダー。

⑧ニッカウヰスキーナナカマドP1160065 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北海道ではよくみられるナナカマドやハマナスの実が色づいています。

ハマナスは、おそらく今年最後の花が残っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

銀杏が早くも色づき始めています。

写真(下)は、エゾノコリンゴ(サンナシ)。

⑩ニッカウヰスキーP1160048 ⑩ニッカウヰスキーP1160083

ウイスキーの試飲会場。

入り口に「ハンドルキーパー」のステッカーがあり、

ドライバーさんは、自己申告でこれを貼ります。

⑪ニッカウヰスキー試飲P1160087 ⑪ニッカウヰスキー試飲P1160089

シングルモルト余市10年・鶴17年・アップルワインを各1杯ずつ試飲できます。

ハンドルキーパー(ドライバー)さん用は、余市町名物のりんご100%ジュース

「りんごのほっぺ」かウーロン茶が飲めます!

⑪ニッカウヰスキー試飲P1160086 ⑪ニッカウヰスキー試飲P1160088

今回は、1杯だけいただきました。

⑫ニッカウヰスキーアップルワインP1160095

アップルワインをハイボール風に!

香り高く、とってもおいしいです。

会場内のおつまみ売場で購入したウイスキーチョコレートと一緒に。

⑬ニッカウヰスキーP1160114 ⑬ニッカウヰスキーP1160116

試飲を堪能した後は、隣接するショップ「NORTH LAND」へ。

ウイスキーはもちろん、雑貨やネクタイなども売っています。

⑭ニッカウヰスキーP1160117

今回は、かけ足で見て周りましたが、

このほかにウイスキー博物館やレストランもあります。

 

じっくり見学しても、雰囲気を味わうだけでも楽しめるスポットです。

これからの季節は紅葉や雪景色もよいですね。

 

なお、世界でも珍しいといわれる蒸留方法「石炭直火炊き蒸溜」が

10月は10/1~10/9、10/14~10/31に見学可能だそうです。

詳細は、同社ホームページで確認してください。

 

 【ニッカウヰスキー余市蒸留所】
北海道余市郡余市町黒川町7-6
TEL: 0135-23-3131
営業時間: 9:00~17:00
定休日: 年末年始以外無休
http://www.nikka.com/distilleries/yoichi/index.html
[mappress mapid="16"]
*アクセス*
バスで「小樽駅前バスターミナル」より倶知安・岩内・美国・余別・余市梅川車庫行き乗車、「余市駅前」停留所下車(所要時間約35分)、徒歩約2~3分。発車間隔約10~20分。
電車で「JR札幌駅」より「JR余市駅」まで約1時間強、「JR小樽駅」より「JR余市駅」まで約30分。「JR余市駅」より徒歩約2~3分。
で札幌より札樽自動車経由・小樽より国道5号線を西に約50km(札幌からの所要時間約1時間30分、小樽から約30分)、
余市町「大川十字街」交差点で左折し約600m程進んだ「余市駅前交差点」右折後すぐ。
※電車は本数が少ないので、ウイスキーの試飲をするならバスの利用がオススメ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2014年9月17日
« 前の記事「一度食べたい焼魚定食・海の幸。食堂と鮮魚販売の「柿崎商店」@北海道余市町」へ
»次の記事「道東・釧路産鮮魚サンマ&イワシの季節!回転寿し「まつりや」新橋店」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    小樽の新名所『旧三井銀行小樽支店』@ニトリ小樽芸術村
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~Sizzle&最上階ラウンジ編
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~客室編
    ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
    定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
    「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
    地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」
    こだわりとおもてなしの心配りが随所に~地元で人気の和風旅館、定山渓温泉鹿の湯別館「花もみじ」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    北海道といえば!ジンギスカンのジンくん♪
    無料開放SSも!北海道・十勝で「ラリー北海道2013」開催(9/27~9/29)
    今年もスタート!7丁目会場は北海道産ワイン・地酒&肴三昧~さっぽろオータムフェスト2013(~9/29)
    レストランやバーをリーズナブルにハシゴ!@さっぽろタパス(9/1~9/8)
    「さっぽろタパス」(9/1~9/8)で札幌中心部のイタリアン・スパニッシュ・フレンチetc.を食べ飲み歩き!

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集