海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 北海道ジビエなら「ビストロ&シャルキュトリー カマ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月11日

北海道ジビエなら「ビストロ&シャルキュトリー カマラードサッポロ」


メール プリント もっと見る

北海道ジビエなら「ビストロ&シャルキュトリー カマラードサッポロ」

少し前から気になっていたレストランに行きました。

「ビストロ&シャルキュトリー カマラード札幌」です。

①カマラード札幌サインP1170881

JR札幌駅、地下鉄南北線さっぽろ駅の近くにあります。
このサインが目印。

②カマラード札幌・店舗P1170895 ②カマラード札幌・店舗P1170898

入口を入ると、シャルキュトリー(食肉加工品)がショーケースに並びます。

こちらのビストロ、十勝の豊頃町に拠点を持ち、
全員が狩猟も行うという同店シェフが仕留めたエゾシカ、
自社運営の放牧場で育てた豚を自社工房で加工。

そのシャルキュトリーを提供するお店です。
まさに「北海道ジビエ」のビストロ。

③カマラード札幌・ワインP1170887

食事のメニューを見ながら、北海道産シャルキュトリーへの期待を込め、
赤ワインをオーダー。

ひとつは富良野ワイン「羆(ひぐま)の晩酌」。

今回は、前菜とメインが選べる3,900円のディナーコースメニューにしました。
(食後のコーヒーもついています)

ふたりがそれぞれ別の料理を注文し、4種類のメニューをいただきます!

④カマラード札幌・P1170900

「シャルキュトリーの盛り合わせ」。

右奥より時計回りに、豚の茹でハム・エゾシカのモルタデッラ・エゾシカのサラミ、
豚のパストラミ・エゾシカのパテ・ド・カンパーニュ・鹿のリエット。

どれも肉そのものの味がしっかり活かされ、
口に入れると、ホンモノの味!と感じました。

肉100%の味と、加工技術によって、これほど味が違うのかと実感。
野菜のマリネも食欲をそそります。

P1170907 P1170908

もうひとつの前菜「「カマラード風シュークルート」。

豚の“サルシッチャ(腸詰)”に
マスタードをたっぷりつけていただきました。

シュークルートは、ドイツ語でいう“ザワークラウト”だそう。

キャベツのほか幕別町(まくべつ/北海道十勝地方)産
無農薬じゃがいもが甘くておいしいです。

P1170911

今度は北海道の南西、日本海に浮かぶ奥尻島の赤ワイン。
北海道産ワインと北海道ジビエを楽しめます。

P1170919 P1170918

パンも小麦の香りがしておいしいです。
パンとワインとシャルキュトリーを堪能。

P1170888

出てくる料理、すべてに感激の連続ですが、
その料理を提供するシェフで運営会社社長の佐々木章太さん。

狩猟も自ら手掛けます。

メインが来る前に、すでに大満足の料理でしたが...

P1170923

メインのひとつ「エゾシカのポテ」。
“ポテ”は、ポトフのようなフランスの料理だそうです。

P1170926

食べごたえのあるフランク・ソーセージはもちろん、
“エゾシカのコンソメ”の澄んだコクがたまりません。

そしてこのポテも、野菜たっぷり!

P1170914 P1170915

ますますワインも進み、この日、
遅ればせながらボジョレー・ヌーボー。

P1170931 P1170936

もうひとつのメインです。「エゾシカのロースト」。
9月に仕留めた2歳の雄鹿のローストをレンズ豆とともに。

これは最初にフライパンで肉の表面に焦げ目をつけ、
その後何度もオーブンで焼いては出す、という工程で料理するそうです。

このため、芳ばしさ・表面のカリっと感に加え、
中はとてもやわらかくジューシー。

P1170940 P1170942

かなりボリュームもあった料理に大満足でしたが、
別腹で「シトロンタルト」。

パティシエ作の上品なスイーツを〆にいただきました。

エゾシカと放牧豚をメインに、それぞれの部位に適した調理法、
熟成期間のシャルキュトリーは、一度は食べてみたい北海道ジビエです。

原料の入手状況によっては、とても希少な部位が
メニューに載る日もあるそうです。

「あらゆる技術を駆使し、普段流通しにくい部位も提供する」

これは可能な限り、肉を無駄にせず残さずおいしい料理にしたい、
というポリシーの表れだそうです。


ディナーは前菜・メインがそれぞれ2品選べる5,800円コース、
ランチはワンプレート(1,000円)のほか
1,500円・2,500円のコースがあります。

とびきりおいしい北海道ジビエ、ぜひ体感してみてください。

【BISTRO & CHARCUTERIE CAMARADE SAPPORO】 (ビストロ&シャルキュトリー カマラードサッポロ)札幌市中央区北3条西2-8 さっけんビル1F TEL: 011-215-1180 営業時間: Lunch 11:30~14:00 Dinner 17:30~22:30L.O 定休日: 日曜・月曜 http://elezo.com/ [mappress mapid="41"] *アクセス* ・地下鉄南北線「さっぽろ駅」14番出口より徒歩約1分 ・JR「札幌駅」東通り南口出口より徒歩約4分 ・地下鉄「大通駅」31番出口より徒歩約6分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2014年12月11日
« 前の記事「札幌駅~大通公園~すすきの間「さっぽろホワイトイルミネーション」と電飾の街並み」へ
»次の記事「雪の「ミュンヘンクリスマス市in Sapporo」は、これから!(2014/11/28~12/24)」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    札幌にツララの季節、到来
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    1年前の同じ月に投稿された記事
    絶品スコーンとスープのカフェ!札幌の英国"The Best Mummy"
    札幌のクリスマスシーズンは、ミュンヘン・クリスマス市に集う
    札幌のクリスマスシーズンは、ホワイトイルミネーションに集う
    北海道・日本海上に雪雲発見!石狩湾小低気圧?!
    手打ちパスタ&地中海料理"Ariアリ"@北海道当別町・スウェーデンヒルズ
    北欧スタイルの街並み、北海道当別町・スウェーデンヒルズとガラス工芸工房
    当別町で見つけたフクロウ
    札幌から電車or車で40分!当別町&本町商店街まち歩き
    JR札幌駅前のデザイン&イルミネーション郵便ポスト

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集