海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 地ビール天国、北海道で乾杯!

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月30日

地ビール天国、北海道で乾杯!


メール プリント もっと見る

地ビール天国、北海道で乾杯!

北海道のビール、といえば、真っ先に思い出すのは、
「サッポロビール」という人が多いかもしれません。

特に「サッポロクラシック」は北海道限定販売のため、
北海道に来た多くの人がサッポロクラシックを楽しみにしているようです。

さらに近年は、サッポロクラシックの「富良野VINTAGE」が
毎年8月頃、期間限定・北海道限定で販売されます。

Sapporo Beer Garden

Sapporo Beer Garden


そしてサッポロビールを味わう時の王道。
「サッポロビール園」。

①地ビール・サッポロビール園P1170341

ジンギスカンの食べ飲み放題(100分間・6,500円)が定番です。
飲み放題メニューのビールは、サッポロ生・クラシック生・
ヱビス生・ヱビス黒生・ハーフ&ハーフ・ビール園限定サッポロファイブスターと豊富です。

Sapporo Kaitakushi Brewery

Sapporo Kaitakushi Brewery


①地ビール・札幌開拓使醸造所P1130432

札幌中心部の商業施設「サッポロファクトリー」にある
「札幌開拓使麦酒醸造所 賣捌所」。
日本で初めて日本人がビールを作った地です。

Altbier "Red Star"

Altbier "Red Star"


ここでは、1杯250円(240cc)で、
できたて地ビール「開拓史麦酒」が飲めます。

写真はアルトビール「レッドスター」。
開拓使麦酒4種とその日のオススメ2種が飲めます。
サイズが小さいので、飲み比べに最適!

Otaru Beer

Otaru Beer "Otaru souko No.1"


③地ビール・小樽ビールP1100764

「小樽ビール・小樽倉庫No.1」↑。
小樽運河を臨むドイツ風ビアパブで、醸造所の見学もできます。

Dunkel Beer and Pilsner Beer

Dunkel Beer and Pilsner Beer


小樽倉庫No.1では、ピルスナー・ドンケル・ヴァイス、
フルーツビール等が飲めます。

写真はドンケル(左)とピルスナー(右)の中サイズ(各650円・税込)。
小サイズは490円(税込)、大サイズ1,300円(税込)。


Otaru Beer

Otaru Beer


ビールは生きている酵母が入っていてコクがあり、
ドイツ料理もとてもおいしいです。

さらに地ビール↓。

⑧地ビール・ノースアイランドビールP1190190

North Islnd Beer from Ebetsu-shi

North Islnd Beer from Ebetsu-shi


こちらは札幌の隣、江別市のブルワリーで醸造されている
「ノースアイランドビール」。

カナダで修業したブルーマスターが作る
ピルスナー、ブラウンエール、ヴァイツェン、
スタウト(以上いずれも500円)、インディアペールエール(560円)、
コリアンダーブラック(560円)の6種類があります。

Abashiri Beer "Ryuhyo Draft

Abashiri Beer "Ryuhyo Draft"


こんなビールも!
網走ビールの「流氷ドラフト」です。
流氷を使っているそうです。

⑦地ビール・網走ビール流氷ドラフトP1200448

天然色素のクチナシで色付けられた青色ビールは、
見た目通り、とても爽やかです。

ほんの少しだけ紹介しましたが、
調べてみると、広い北海道、地ビール醸造所の数がとても多い!
全国都道府県で、おそらく最も多いと思われます。

Local Brew Beers in Hokkaido

Local Brew Beers in Hokkaido


道内各地で作られている地ビールですが、
JR札幌駅西改札所近くの「どさんこプラザ」や、
新千歳空港内の「きたキッチン」などで各種販売しています。

現地で飲みたい地ビールですが、
時間がなくなった場合は、上記お店で選んでみてください。


〈道央〉
サッポロビール園(札幌市): http://www.sapporo-bier-garten.jp/
札幌開拓使麦酒(札幌市): http://sapporofactory.jp/beer_museum/
薄野地麦酒(札幌市/加森観光): http://www.susukino-jibeer.com/
ノースアイランドビール(江別市/SOCブルーイング): http://www.2002cb.co.jp/
小樽ビール(小樽市/アレフ): http://otarubeer.com/jp/
小樽麦酒・ふらのビール(小樽市/北海道麦酒醸造): http://hokkaidobeer.com/
小樽ワイナリービール(小樽市/北海道ワイン): http://www.hokkaidowine.com/
北海道ビールピリワッカ(千歳市/耕人舎): http://hokkaidobeer.blog89.fc2.com/
鬼伝説(洞爺湖町/わかさいも本舗) http://www.wakasaimo.com/onidensetsu/
〈道北〉
大雪地ビール(旭川市): http://www.ji-beer.com/
〈道南〉
はこだてビール(函館市/魚長食品): http://www.hakodate-factory.com/beer/
大沼ビール(ブロイハウス大沼): http://www.onumabeer.co.jp/
〈道東〉
帯広ビール: http://www.elpaso.co.jp/beer-factory/beerfactory.html
網走ビール(網走市): http://www.takahasi.co.jp/beer/
オホーツクビール(北見市): http://www.beers.co.jp/


(5月お題"ご当地ビール")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2015年5月30日
« 前の記事「札幌大通公園で「ワインガーデン2015 リラマリアージュ」開催中~2015年5月31日(日)まで」へ
»次の記事「日本最大級の桃色グラデーション。滝上公園・芝ざくらまつり、6月7日まで。」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    「ステンドグラス美術館」を体感!@小樽芸術村
    小樽の新名所『旧三井銀行小樽支店』@ニトリ小樽芸術村
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~Sizzle&最上階ラウンジ編
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~客室編
    ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
    定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
    「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
    地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    手ぶらで釣り・乗馬・BBQも!「札幌・八剣山果樹園」
    リラ冷えの札幌でスタート「さっぽろライラックまつり・ワインガーデン2014リラマリアージュ」
    札幌近郊ドライブなら、絶景「羊蹄山」と名物「あげいも」の中山峠
    気さくな大将が握る、すすきの「石松鮨」
    百花繚乱の大通公園、桜からチューリップ、そして間もなくライラック!
    日本最北限のソメイヨシノ~北海道美唄市・東明公園
    札幌・定山渓温泉の青空渓流をのぼる数え切れない「鯉のぼり」!
    週末は森彦で「浅モカと森のパンセット」ブランチ
    2014年G.W、札幌・春の風物詩「円山公園のお花見&BBQ」は大盛況
    梅とサクラの競演~北海道神宮梅林
    2014年春、札幌は4月29日に桜の開花宣言~赤れんが庁舎の桜
    心も体も元気になる魚介たっぷりブイヤベース!「黒板キッチンniko」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集