海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > オトナも子供も夢中。札幌ウィンタースポーツミュージ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月17日

オトナも子供も夢中。札幌ウィンタースポーツミュージアムin大倉山


メール プリント もっと見る

オトナも子供も夢中。札幌ウィンタースポーツミュージアムin大倉山

かなり前に行ったことがあります。
「札幌ウィンタースポーツミュージアム」。

近年は改装され体感式ミュージアムとして
「すごくオモシロイ」との噂を聞いていました。

The Sapporo Sports Museum is located next to the Okurayama Ski Jump Stadium

The Sapporo Winter Sports Museum is located next to the Okurayama Ski Jump Stadium


「札幌ウィンタースポーツミュージアム」は、
ラージヒルスキージャンプ競技場の
「大倉山シャンツェ」(大倉山競技場)に隣接。
(ミュージアム入場料は大人600円、中学生以下無料、
65歳以上450円)

写真の右側にちらりと見えている建物が
「札幌ウィンタースポーツミュージアム」です。

"Sapporo Winter Sports Museum"(札幌ウィンタースポーツミュージアム)


道路に面した大倉山競技場正面の入り口から見た
ミュージアムの建物。

The 3rd floor of the Sapporo Winter Sports Museum" (It looks the 1st floor because of it stands on the slope of Mt. Okura)

The 3rd floor of the Sapporo Winter Sports Museum" (It looks the 1st floor because the museum is built on the slope of Mt. Okura)


こちらはミュージアムの3階部分。
1階のように見えますが、大倉山の斜面に建っているので、
山側に立って建物を見ると、このように見えます。

競技場正面入り口ではなく、駐車場から
長いエスカレーターに乗ると、この前に出ます。

The inside of the museum

The inside of the museum


建物3階部分から2階のミュージアム入り口へ。
3階から1階を見降ろしたところです。

The Sapporo Winter Sports Museum on the 2nd floor

The Sapporo Winter Sports Museum on the 2nd floor


One of the exhibition of the museum, "Paradise Hutte"

One of the exhibition of the museum, "Paradise Hutte"


2階の入り口を入ると展示コーナーです。
写真は「パラダイスヒュッテ」。

手稲山に建てられた日本初の西洋式山小屋を
ミュージアムに再現したものです。

「スポーツの宮様」と呼ばれた秩父宮様が
当時、北海道大学スキー部のメンバーと
ヒュッテで過ごされたそうです。

The exhibition from the 1972 Sapporo Olympic Winter Games

The exhibition from the 1972 Sapporo Olympic Winter Games


The official badges for administrators of the Sapporo Olympic Winter Games

The official badges for administrators of the Sapporo Olympic Winter Games


こちらは1972年開催の「札幌オリンピック」に
まつわる展示品の数々。

札幌オリンピックについてはもちろん、
当時の時代背景も見えてくるようで興味深い!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2階から1階へ移ると、ウィンタースポーツを
体感できるシミュレーター満載のフロアです。

⑨スポーツミュージアムP9031942

"Ski Jumping Okurayama"


このフロアが、近年人気の体感ミュージアムです。
写真は「スキージャンプ大倉山」。

The score of your challenge with "Ski Jumping Okurayama"

The score of your challenge with "Ski Jumping Okurayama"


係員の説明を聞いて始めます。
大人も子供も大興奮!
何度も挑戦する人もいます。

大人のほうがハマっていたかもしれません。
スコアは大きなスクリーンに表示されます。
「飛型点」まで出ています!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは?

"Bobsled Run"


「ボブスレー滑走」。
ボブスレーに乗り込むと、目の前のスクリーンに
滑走の際に見える光景が映し出され、
スピード感たっぷりです。

このほか、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

"Ice Hockey Goal Keeper"

"Ice Hockey Goal Keeper"


「アイスホッケー ゴールキーパー体験」。

"Cross Country Skiing"


「クロスカントリースキー・レース」

"Speed Skate Training"


「スピードスケート・トレーニング」

"Ski Jumping"

"Ski Jumping"


「テイクオフ・タイミング」。

さまざまなシミュレーション・システムがあり、
老若男女を問わず、何度もトライしながら楽しめます。

"Winter Sports Theater"


予想以上にウィンタースポーツの臨場感を感じられたのが
「ウィンタースポーツシアター」でした。

オリンピック選手の映像とインタビューで綴る
「氷雪の覇者(The Cool Nation)と
冬の札幌を紹介する
「輝く冬・さっぽろ(White Bright City)」の
2本をそれぞれ1時間に1回ずつ上映しています。

特に「氷雪の覇者」は、
オリンピック競技のスタート時の映像や
メダリストへのその後のインタビューで構成され、
ウィンタースポーツの臨場感とトップアスリートの
人生観などを堪能できる面白い内容でした。

1本15分ほどです。
ぜひ観ていただきたいです。

Museum Cafe on the 3rd floor

Museum Cafe on the 3rd floor


ミュージアム3階には、
ジャンプ台を見ながらお茶ができる
「ミュージアムカフェ」があります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんと「ラベンダーソフトクリーム」発見!
(7月、大倉山シャンツェでもラベンダーが見られます)

Lavender soft ice cream

Lavender soft ice cream


念願のラベンダーソフトが札幌市内にもありました。
(※期間限定、2015年は9月末ぐらいまで販売予定)

Double-taste soft ice cream of Lavender and Vanilla

Double-taste soft ice cream of Lavender and Vanilla


こちらはラベンダーとバニラのミックスソフト。
ラベンダーソフトは芳しく、ほどよい香りでおいしいです。

Blueberry and Yogurt soft ice cream

Blueberry and Yogurt soft ice cream


こちらは「ブルーベリー&ヨーグルト風味」。
爽やかで暑い日にもぴったりのソフトクリームでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりの大倉山シャンツェは、
景色良し、花に囲まれ、なかなか体験できない
ウィンタースポーツを体感できる
盛りだくさんのスポットでした。

スキージャンプやボブスレー、
アイスホッケーのゴールキーパー体験は、
北海道内でもそう体験できるチャンスはありません。
ぜひ、ミュージアムへ行ってみてください♪

【札幌ウィンタースポーツミュージアム】 札幌市中央区宮の森1274(大倉山ジャンプ競技場内) TEL: 011-641-8585(総合案内) 開館時間: 5月~10月 9:00~18:00       11月~4月 9:30~17:00 入場料: 大人600円/中学生以下無料/65歳以上450円 駐車場: 無料(大型車15台/普通車113台) http://okura.sapporo-dc.co.jp/

*アクセス*
・バス: 地下鉄東西線「円山公園」駅下車、2番出口「円山バスターミナル」より、JRバス[円14]荒井山線「大倉山競技場入口」下車 (所要時間:10~15分)、徒歩約10分
・タクシー: 地下鉄東西線「円山公園駅」より約10分(約1,200円)、札幌市内中心部より約20分(約2,000円)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年9月17日
« 前の記事「日本茶カフェ「茶楽逢(サライ)」で日本茶再発見。」へ
»次の記事「スープカリー専門店「奥芝商店 札幌本店」」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    札幌にツララの季節、到来
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    1年前の同じ月に投稿された記事
    釧路で無性に食べたくなる「鉄板IZAKAYA おの寺」の上海やきそば・お好み焼き
    オジロワシに遭遇。浜中町・アゼチの岬
    ミネラルたっぷりの草を食べて育つ放牧乳牛の「小松均質牛乳」@小松牧場in浜中町
    釧路で魚を食べるなら「居酒屋 達」。日曜・深夜営業。
    日本最大の原生花園、霧多布湿原で琵琶瀬木道を行く
    釧路のお洒落なワインバー「カゼッタ イーノ」日曜・深夜営業
    日曜も営業。旬を味わえる釧路の居酒屋「まかない亭 稚鬼稚鬼(ちきちき)」
    夏の終わりの霧多布湿原と霧多布湿原センター@浜中町
    道東・釧路産鮮魚サンマ&イワシの季節!回転寿し「まつりや」新橋店
    紅葉も楽しみ。ウイスキーも景観も楽しめるニッカウヰスキー余市蒸留所
    一度食べたい焼魚定食・海の幸。食堂と鮮魚販売の「柿崎商店」@北海道余市町
    道の駅「ニセコビュープラザ」で新鮮野菜
    ふきだし湧水の「吹き出し公園」(北海道京極町)
    山中牧場のさらっとした牛乳とソフトクリーム!
    北海道野菜の自然派スープ「北海道スープスタンド」
    ブラジル名物「シュラスコ」と日本初「ウルトラコールド」@SAPPORO CLASSIC BAR
    札幌でパリ気分!朝8時からバータイムまで、カフェ「 PéchéGrand(ペシェグラン)」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北杜・山梨北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京東京2松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集