海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > ラムサール条約登録湿地「宮島沼」で、マガンの「ねぐ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月 8日

ラムサール条約登録湿地「宮島沼」で、マガンの「ねぐら立ち」~美唄市


メール プリント もっと見る

ラムサール条約登録湿地「宮島沼」で、マガンの「ねぐら立ち」~美唄市

近年、にわかに注目を集め始めた
春と秋の宮島沼。
数万羽の水鳥が飛び立つ「ねぐら立ち」が
見られることで知られています。

札幌から北へ約50km、美唄市にある宮島沼は
日本一・日本最北端のマガンの寄留地です。

多様な生態系を育む湿地を世界的に保全しようとする
「ラムサール条約」の登録湿地でもあります。

Moon shining over Miyajimanuma at 5:20 in the morning

Moon shining over Miyajima-numa bog at 5:20 in the morning


マガンをはじめ水鳥が"ねぐら"の宮島沼を飛び立ち
周囲の田畑に餌を探しに行く「ねぐら立ち」は、
夜明けとほぼ同時に見られるそうです。

今回は日の出を目指し、午前5時に宮島沼に到着しました。
この日の夜明けは5時20分頃の予定。

雲ひとつない空に月がまだ光っています。
宮島沼に近付くと、水鳥の声がはっきり大きく聞こえてきます。

White-fronted geese taking away from Miyajimanuma

White-fronted geese taking away from Miyajima-numa


5時30分頃、鳴き声が一層大きくなり、
マガンが飛び立ち始めました。

Time dawn breaks

Time dawn breaks


5時48分、太陽が顔をのぞかせました。
実はこの日、前夜から急激に気温が下がり、
辺り一面が霧に包まれています。

Fowlbirds floating on Miyajimanuma

waterfowls flying away from Miyajima-numa to their feeding ground


ピーク時は6万羽以上にも達する宮島沼のマガンの群れは、
通常、数分の間に一斉に「ねぐら立ち」をするそうです。

この日は霧が深く、ねぐら立ちは
少しずつ、幾度にも渡っていました。

Fowlbirds floating and waiting for the time to flight in the mist

waterfowls floating and waiting for the time to fly in the mist


空は雲ひとつない快晴ですが、
放射冷却現象の影響で気温が下がり、
時間が経つにつれてますます霧が濃くなっています。

宮島沼は目を凝らしてようやく見える程度ですが、
水面にはまだたくさんの水鳥がいるようです。

White-fronted geese flying in the morning sunlight

White-fronted geese flying in the morning sunlight


日が高くなるにつれ、空は青く、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Fog getting heavy above the water surface

Fog getting heavy above the water surface


沼の水面近くは霧が濃くなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Moist grass with morning dew

Moist grass with morning dew


霧でできた朝露が朝日に照らされ
あちこちで輝き始めました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Interesting contrast of the colour, blue skay and white misty Miyajimanuma

Interesting contrast of the colour, azul-blue sky and white misty Miyajima-numa


数分おきに飛び立つマガン。
晴天の青い空と水面近くの白い世界の対比が印象的です。

Dawn at Miyajimanuma

Dawn at Miyajima-numa


太陽が顔をのぞかせて数分で、
辺りは次第に明るくなってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Waterfowls flying away at the peak of the number

Waterfowls flying away at the peak of the number


この日の「ねぐら立ち」クライマックスを迎えたようです。

⑬宮島沼PA061985

午前6時20分。
太陽は随分高くなりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それに反比例して霧は沼の上だけではなく、
辺り一面を覆い始めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沼はますます見えなくなりましたが、
予想を超える幻想的な光景が現れました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

"Miyajima-numa Waterfowl and Bog Center"


宮島沼のほとりには「宮島沼 水鳥・湿地センター」が
あります。
この日は朝早すぎたので、今度は開館時間に訪れたいと思います。

White rainbow over Miyajima-numa

White rainbow over Miyajima-numa


気象条件により、今回、水鳥が一斉に飛び立つ
豪快な「ねぐら立ち」の代わりに
幻想的な風景をいくつも見ることができました。

そのひとつ「白虹」(はっこう)↑。

Foggy fields and mountains in Bibai-shi

Foggy fields and mountains in Bibai-shi


一層霧が立ち込める宮島沼を後にすると、
いつもは何気ない田園風景もまた、
幻想的な姿で目の前に現れました。

* * * * * * *

最近は、水鳥が渡る時期に限り
旅行会社が企画するツアーもあります。

宮島沼HPによると、今季は10月6日・7日で
マガンの多くが渡ってしまったようなので、
「ねぐら立ち」「ねぐら入り」を観るチャンスは、
来年4月ごろです。

なお、宮島沼周辺および水鳥・湿地センターには
ごみ箱がありません。
行かれる際は、ごみを持ち帰ってください。
また、水鳥が驚くような大声や大きな音を出さない、
などのルールを守ってください。

早起きは少し辛いですが、
水鳥や湿地の光景はその甲斐があると思います。
チャンスがあれば、ぜひ!


【宮島沼/宮島沼水鳥・湿地センター】
北海道美唄市西美唄町大曲3区
TEL: 0126-66-5066
開館時間: 9:00~17:00
     (※マガン最盛期は早朝もトイレのみ使用可、開館時間の延長有)
休館日: 月曜(祝日の場合開館、翌平日休館)
     祝日の翌日
     年末年始(12/31~1/5)
     (※マガン最盛期は休館日なし)
入館料: 無料
http://www.city.bibai.hokkaido.jp/miyajimanuma//index.php

*アクセス*
・札幌より車(一般道経由)で約1時間15分(約53km)
・札幌より車(道央自動車道経由)で約1時間8分(約65km)
・JR「札幌駅」より特急「オホーツク」「スーパーカムイ」「スーパー宗谷」でJR「美唄駅」下車(所要時間約35分)、JR「美唄駅」より車で約18分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2015年10月 8日
« 前の記事「札幌-釧路間、"特急スーパーおおぞら"の楽しみ方」へ
»次の記事「"けあらし"(蒸気霧)の桂沢湖~北海道三笠市」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    札幌にツララの季節、到来
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2014年10月28日、札幌・旭川・函館・稚内で初雪
    札幌・赤れんが庁舎前庭で紅葉狩り
    新千歳空港で北海道を食べ歩き。とてもリッチなソフトクリーム「CREMIA(クレミア)」
    2014年、北海道大学のイチョウ並木と紅葉~一般開放は11月2日
    北海道産豚・伝統的ドイツ製法の手作りハム&ソーセージ「ヴルスト よしだ」~空知・新十津川町
    まもなく見頃、札幌の紅葉~北海道神宮境内
    甘エビ押し寿司“あまえびまつり”の道北・羽幌町「羽幌鮨処 なか川」
    オロロンラインをドライブ~道北、羽幌・初山別・遠別+新十津川
    道北(北海道留萌地方)ドライブ~「はぼろ温泉サンセットプラザ」
    そば屋さんのスープカレー「そば切り高陣」~北海道当別町
    帯広の夜、北海道十勝の野菜を『旬菜広間びさん@』で
    北海道十勝の野菜いっぱい「きのっ子ファーマーズ」
    日に日に紅葉進む、北海道の秋

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集