海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 宮島沼、三たび。マガン、昼間のねぐら入りと&quo...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月20日

宮島沼、三たび。マガン、昼間のねぐら入りと"ふゆみず田んぼ"の「えぞの雁米」


メール プリント もっと見る

宮島沼、三たび。マガン、昼間のねぐら入りと"ふゆみず田んぼ"の「えぞの雁米」

2016年はどうやら宮島沼にご縁があるようで、
4月16日、今年3度目の宮島沼です。

Miyajimanuma Wetland Center in Bibai-shi

Miyajimanuma Wetland Center in Bibai-shi


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あちこち写真を撮りながら寄り道したので、
朝9時に札幌を出発しましたが、
到着したのは11時半頃。

宮島沼水鳥・湿地センターに入ると、
スタッフの方が「今日はこの時間にめずらしく、
たくさんマガンが帰ってきてますよ!」
とおしえてくれました。

Miyajimanuma swamp

Miyajimanuma swamp


早速、建物から出て宮島沼へ。
マガンは、朝4時半頃、えさ場に向かって
飛び立つ(ねぐら立ち)のですが、
晴れて風がない日、さらに
田んぼが乾いているときにだけ、
朝食後(日中)に宮島沼に帰ってくるのだそうです。

Bewick's swans which are eating food in the water

Bewick's swans which are eating food in the water


水辺に近づくと、わずか数メートルのところに
コハクチョウが...。
あまりの近さに驚きながら視線を上げると...

Miyajimanuma Swamp and Range of mountains of Kabato

Miyajimanuma Swamp and Range of mountains of Kabato


まるでアルプスを思わせるかのような景色!
宮島沼と樺戸連山です。

北海道のこの時期、観光シーズンの
端境期ともいえるのですが、
雪が解けた平地の向こうに見える
雪を抱いた山の連なりは、
この時期(5月初旬くらいまで)にだけ
見ることができる絶景です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水面には既にかなりの数のマガンがいますが、
それでも上空より編隊が次々と沼に降りてきます。

⑧宮島沼P4160222

そして元気なコハクチョウも
たくさん泳いでいます。

Organic rice "Ezo no Karimai" from the area of Miyajimanuma

Organic rice "Ezo no Karimai" from the area of Miyajimanuma


今回、実はマガンを見に来たのではなく、
この「えぞの雁米」を買いに来たのでした。

1週間前、雪解け水が豊富に溜まっている新十津川町の田んぼで、
数百羽の白鳥がエサを食べている光景に大感動。
その田んぼを「ふゆみず田んぼ」と勘違し、
ふゆみず田んぼを応援する方法を探したどりついたのが
宮島沼プロジェクトチームのお米でした。

宮島沼は、次第に水量が減り縮小しており、
これは乾燥化によるものだそうです。
さらに化学肥料や農薬の使用は、
宮島沼を富養化させ水質の悪化を招くのだそう。

このため冬に水をはった田んぼで乾燥化を防ぎ、
化学肥料・農薬を使わずおいしいお米ができる
「ふゆみず田んぼ」農法で作るお米が「えぞの雁米」です。

これを予約購入したり、宮島沼水鳥・湿地センターで
直接購入したりすることで、宮島沼を守ることに
貢献するシステムです。
つまり水鳥が立ち寄るこの光景を残すためのサポートですね。
田んぼオーナーシステムもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

事前に連絡すれば、玄米や指定した精米度合いで
お米を購入できます。

郵送(郵送料別)してもらえるのですが、
せっかくなので、宮島沼を見がてら
センターまでお米を取りに来たのでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どこを見ても元気に羽ばたく水鳥がいて、
鳴き声も響き渡っています。
ちっとも見飽きません!

Whitetailed geese coming back to Miyajimanuma Swamp from feeding grounds

Whitetailed geese coming back to Miyajimanuma Swamp from feeding grounds


エサ場から帰ってくるマガンが
少なくなってきたので、名残惜しいながらも
帰途に就くことにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すると目の前にいたコハクチョウが
翼を広げて見送ってくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

センターにあった手作り看板。
鳥の観察(撮影)をしていると、
思わず夢中になってしまいますが、
野生動物の迷惑にならないよう心がけましょう。

Field in Kita-mura with Bewick's swans, which is located near Miyajimanuma Swamp

Field in Kita-mura with Bewick's swans, which is located near Miyajimanuma Swamp


宮島沼の近く、北村の畑では、
たくさんのマガンとコハクチョウがいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

旋回をしながら、飛び立ったり降りてきたり。
パフォーマンスを見せてくれるように
こちらへ向かって飛んでくる一群も
1度や2度ではありません。

⑱(北村)P4160108

"バッサバッサ..."という羽音がとてもよく聞こえ、
コハクチョウの優雅な飛行をしばらく楽しみました。

【宮島沼/宮島沼水鳥・湿地センター】 北海道美唄市西美唄町大曲3区 TEL: 0126-66-5066 開館時間: 9:00~17:00      (※マガン最盛期は早朝もトイレのみ使用可、開館時間の延長有) 休館日 : 月曜(祝日の場合開館、翌平日休館)      祝日の翌日      年末年始(12/31~1/5)      (※マガン最盛期は休館日なし) 入館料: 無料

*アクセス*
・札幌より車(一般道経由)で約1時間15分(約53km)
・札幌より車(道央自動車道経由)で約1時間8分(約65km)
・JR「札幌駅」より特急「オホーツク」「スーパーカムイ」「スーパー宗谷」でJR「美唄駅」下車(所要時間約35分)、JR「美唄駅」より車で約18分


関連リンク
北海道美唄市宮島沼
みやじまぬまぷろじぇくと
ふゆみずたんぼオーナーズ


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年4月20日
« 前の記事「北海道ジビエの鹿肉利用率100%メニュー!「なんぷ亭」@南富良野町」へ
»次の記事「新札幌の広さ2,000㎡"SPA・ALPA(スパ・アルパ)"で、デトックスアロマトリ...」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    香り豊かな小麦・ライ麦をパンで味わう~アンチェインドベーカリー
    1年前の同じ月に投稿された記事
    即席ですが本格派「贅沢 旨味だし かに みそ汁」
    2015年もサクラと梅が競演、北海道神宮梅林
    可憐なチシマザクラ~寒地土木研究所の一般公開は4月29日(水)まで延長
    札幌のサクラ、2015年は4月22日に開花宣言
    翩翻と翻る「鯉のぼりと大漁旗」@小樽・勝納川
    札幌・開花宣言前のサクラだより
    ミズバショウ群生地が見ごろ「マクンベツ湿原」~北海道石狩市
    札幌・大通公園「とうきびワゴン」2015年は4月24日(金)販売開始予定
    JR釧路駅で買える手軽な道東土産「鮭節おかき」
    春だより~札幌・大通公園から
    やみつき?!な、もちもち生パスタ。札幌駅近くの「Raisin」(レサン)

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集