海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > やっぱり楽しい!おもしろい!!1959年開館の「お...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月 6日

やっぱり楽しい!おもしろい!!1959年開館の「おたる水族館」


メール プリント もっと見る

やっぱり楽しい!おもしろい!!1959年開館の「おたる水族館」

時折吹く風は、まだ冷たい北海道ですが、
日に日に日差しが暖かくなってきました!

最高気温が10℃以上になり、天気もよかったので、
小樽水族館へ行ってみました。

View of Mashike range of mountains from Zenibako, Otaru, on the way to Otaru Aquarium from Sapporo

View of Mashike range of mountains from Zenibako, Otaru, on the way to Otaru Aquarium from Sapporo


札幌から一般道で小樽へ。
途中、銭函(小樽)付近で
石狩湾の対岸に美しい山並みを発見。

増毛連山です。
冬は石狩湾小低気圧により
なかなか対岸を見る機会に遭遇しませんでしたが、
この日はとてもきれいに見えました。

Otaru Aquarium

Otaru Aquarium


小樽水族館に到着(写真↑は3月末です)。
車でいったので駐車場に停めます。
駐車料金は小型600円、中型800円、
大型1,000円、バイク200円です。

View from Otaru Aquarium

View from Otaru Aquarium


小樽水族館は、海岸沿いにありますが、
高台なので、入口から遠くまでよく見えます。

Green turtle and loggerhead turtle at the entrance

Green turtle and loggerhead turtle at the entrance


入口を入ってすぐにカメが
出迎えてくれます。
アオウミガメとアカウミガメ。

Sharks and Rays

Sharks and Rays


最初のエリアは「海のパノラマ回遊水槽」。
大きな水槽を泳ぐ大きなサメやエイに
マサバの群れが光り、海の中に入ったよう。

Sea urchin

Sea urchin


ウニとの遭遇。
マサバの群れの向かいでやっていた
特別展は「ウニ」でした。

Red sea urchin

Red sea urchin


Red urchin

Red urchin


「アカウニ」と「アカオニガゼ」。
芸術的な色のウニに
引き付けられます。

Porpoise

Porpoise


「ほのぼのプール」
ここではネズミイルカが元気に
泳ぎまわる姿を見ることができます。

Porpoises which are swimming fast

Porpoises which are swimming around fast


想像以上の速さで泳ぎまわるイルカ。
ガラス越しにこちらが見えるらしく、
近づいてきて愛嬌を振りまいてくれることも。

Fringed blenny from Suttsu-cho, Hokkaido, in the Northern Fish Area

Fringed blenny from Suttsu-cho, Hokkaido, in the Northern Fish Area


こちらは「北の魚たち」エリアの
フサギンポ。寿都産だそうです。

Japanese huchen in the Freshwater Fish Area

Japanese huchen in the Freshwater Fish Area


淡水魚のイトウ。

School of Dolly Verden and Landlocked Salmon

School of Dolly Verden and Landlocked Salmon


Landlocked Salmon

Landlocked Salmon


テレビの映像などでよく見る情景が
目の前に!
ヤマメとオショロコマの群れです。

Okhotsk atka mackerel which is white with season in the "Otaru Port Area"

Okhotsk atka mackerel which is white with season in the cold waters


School of herring from the Otaru Port

School of herring in the cold waters


寒い海・冷たい海の魚たち。
ホッケのオスは産卵期になると
写真のように白くなるそうです。
ニシンの群れも神秘的。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Southern fish and reef fish

Southern fish and reef fish


一転、暖かい海・サンゴ礁の魚たち。

カラフルな魚もテレビでは見ますが、
目の前を泳ぐ光景は、
一層かわいらしく癒されます。

Giant Flatfish in the "Sea of Okhotsk and Bering Sea"

Giant Flatfish in the "Sea of Okhotsk and Bering Sea"


「オホーツク海・ベーリング海」の魚。
世界最大級のヒラメがいる水槽です。

このヒラメもかなり大きかったのですが、
さらに大きいヒラメもいました!
大きいヒラメ、味も気になりましたが...。

Moon Jelly

Moon Jelly


Spiny Lebbeid

Spiny Lebbeid


ミズクラゲやゴジラエビで知られる
イバラモエビもいました。

概ね周ったところで屋外へ。
「海獣公園」でのショーです。

かわいらしく気紛れなペンギン、
芸達者なアザラシのショーを楽しみ、
最後に「トドショー」へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Sea Lion's Show

Sea Lion's Show


5頭ものトドが次々とダイブ。
しぶきの大きさがトドの存在感と
迫力を感じさせます。

Sea lion's greeting

Sea lion's greeting


最後は5頭そろって挨拶。
大きな体で愛嬌をふりまく様子は
とても迫力がありました。

Sea lion's feed

Sea lion's feed


何気なく見た海獣ショーでしたが、
見るうちに引き付けられ、
ショーのあとに海獣用の魚を購入。
300円、500円、1,000円がありました。

Sea lions which are trying to catch the feed fish thrown by visitors

Sea lions which are trying to catch the feed fish thrown by visitors


トドプールに向かってエサを投げ入れると、
次第に集まってジャンプを始めます。
この迫力、ぜひ体験して欲しいです。

* * * * *

入場料は大人(個人)1,400円(小中学生530円・
3歳以上の幼児210円です。

海岸沿いという立地もあり、
これからは特に怪獣公園のショーが
気持ちよく観覧できる季節になります。

【小樽水族館】 小樽市祝津3-303 TEL: 0134-33-1400 通常営業時間: ~2016/10/16 9:00~17:00(最終入館16:30)         2016/10/17~2016/11/27 9:00~16:00(最終入館15:30) 夜間延長時間: 2016/7/15~2016/8/6までの金曜・土曜 9:00~20:00(最終入館19:30) 冬期営業時間: 10:00~16:00(最終入館15:30) 遊園地営業期間: 2016/4/16~2016/10/10(冬期休業) 遊園地営業時間: 9:30~17:00

*アクセス*
・JRで「札幌駅」より「小樽駅」まで約40分、小樽駅前より中央バスで「水族館行」乗車、所要時間約25分
・車で札幌より約60分~70分
※JR北海道の旅行センターでおたる水族館セットきっぷ(JR+バス+入館券)有り
※北海道中央バスの「札幌発着 おたる水族館バスセット券有り

関連リンク
おたる水族館
北海道中央バス
 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年4月 6日
« 前の記事「祝!北海道新幹線開業記念"特別ランチコース"@スカイレストラン ロンド」へ
»次の記事「北海道小麦100%の美味しい&おしゃれ&食べやすい!フランスパン・サンドウィッチ【シュクレ:サレ】」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    「ステンドグラス美術館」を体感!@小樽芸術村
    小樽の新名所『旧三井銀行小樽支店』@ニトリ小樽芸術村
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~Sizzle&最上階ラウンジ編
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~客室編
    ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
    定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
    「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
    地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    即席ですが本格派「贅沢 旨味だし かに みそ汁」
    2015年もサクラと梅が競演、北海道神宮梅林
    可憐なチシマザクラ~寒地土木研究所の一般公開は4月29日(水)まで延長
    札幌のサクラ、2015年は4月22日に開花宣言
    翩翻と翻る「鯉のぼりと大漁旗」@小樽・勝納川
    札幌・開花宣言前のサクラだより
    ミズバショウ群生地が見ごろ「マクンベツ湿原」~北海道石狩市
    札幌・大通公園「とうきびワゴン」2015年は4月24日(金)販売開始予定
    JR釧路駅で買える手軽な道東土産「鮭節おかき」
    春だより~札幌・大通公園から
    やみつき?!な、もちもち生パスタ。札幌駅近くの「Raisin」(レサン)

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集