海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 【道北】名寄(なよろ)盆地の風景~トマトジュース工...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月18日

【道北】名寄(なよろ)盆地の風景~トマトジュース工房から、とうきび畑と大豆畑と田んぼと。


メール プリント もっと見る

【道北】名寄(なよろ)盆地の風景~トマトジュース工房から、とうきび畑と大豆畑と田んぼと。

名寄盆地は旭川の北にあり、北見山地と天塩山地に囲まれています。
北海道の地域的区分では旭川と同じ「上川」に位置します。

②ファームおいかわP6072249.JPG


[View of forest and fields in Nayoro basin]

概して寒暖の日較差・年較差とも激しい地域で、
厳しい自然環境が深い味の農作物を育てているといわれています。
稲作の北限ともいわれ、名寄の風連地区は、
恐らく北海道で最も有名なもち米産地です。


北海道で有名な畑の風景は美瑛や十勝ですが、
今回は名寄盆地で栽培される農作物と畑の風景をご紹介します。


①ファームおいかわP6072196.JPG


[Tomato juice "NAYORO ROSSO" factory "AGRI DESIGN HOUSE]

この建物はトマトジュース「NAYORO ROSSO」工房
"アグリデザインハウス"です。
名寄市でも畑作が盛んな風連地区にあります。


トマトの色にちなみ、赤い壁と緑の屋根の工房で、
トマトの収穫時期の7月下旬から10月中旬まで、
契約農家が水分をできる限り排除し栽培した
糖度8以上の採れたて"シンディースィート"だけを使い
濃厚なトマトジュースを作っています。


トマトはすべて無農薬・無化学肥料栽培。


P6061960.JPG


[Local tomato juice "NAYORO ROSSO"]

こちらが完熟手作りトマトジュースの
「NAYORO ROSSO(ナヨロロッソ)」。
(500ml1,800円・180m700円)


2016年の「北のハイグレード食品+ 」を受賞しました。


現在は年間1万本弱の限定生産で、主に首都圏等百貨店での
お中元用として販売しているそうです。


JR札幌駅西通北口の「北海道どさんこプラザ札幌店」で、
名寄市内では「ベーカリーいしだ 」で扱っています(2016年6月現在)。


ちょっと高価なジュースですが、無農薬・無化学肥料栽培原料で、
しかもこの味を知ったら、うなずけるかもしれません。


①ファームおいかわP6072248.JPG


[Farm Oikawa in Nayoro]

名寄市内の「ファームおいかわ」さんでは"とうきび"の定植中。


➂ファームおいかわP6072214.JPG


[Nursery plants of corn]


④ファームおいかわP6072208.JPG


時間差で少し前に植えたとうきび。
6月初め、名寄エリアは雹に見舞われたのですが、
こちらの畑は運よく被害を受けずに済んだそうです。


➄ファームおいかわP6072204.JPG


こちらは、さらに早い時期に植えたとうきび。
寒い時期に植えたので、霜や寒さ除けのシートの中で育っています。
時期をずらして植えることで、収穫時期に途切れることなく
出荷できるそうです。


育てているとうきびの種類も1種類ではありません。
「ゴールドラッシュ90」「ミルキースィーツ」「恵味キュート」など。
1本から"一番果"1本のみを収穫し、残ったとうきびは、
そのまま緑肥として翌年のために土の肥やしになります。


おいかわファームが特に自信を持っている「とうきび」は、
糖度が特に甘いものでは、ブドウと同程度の22~23度にもなり、
7月下旬頃から出荷が始まるそうです。


⑥ファームおいかわP6072245.JPG


[Rice field]

名寄エリアの農家では、通常、4種類ほどの作物を
毎年畑を変えながら栽培しています。
写真↑は、そのひとつ、名寄・風連の特産品のもち米の田んぼです。
まだ小さな苗が揃って生えている光景がきれいです。


➆ファームおいかわP6072230.JPG


⑧ファームおいかわP6072233.JPG


[Soybean buds]


田んぼの向かい側にある畑には、大豆の小さな芽が出ていました。


P6072435.JPG


[Leaf vegetables from "Farm Oikawa" in the roadside station "Nayoro"]


6月現在は葉物野菜が育っており、道の駅「もち米の里☆なよろ 」の
農産物直売所でも販売↑しています。


➈ファームおいかわP6072242.JPG


とうきび畑や大豆畑などの風景は、これまで道北の上川地方といっても、
十勝に近い上川地方でしかじっくり見たことがありませんでしたが、
名寄盆地の畑風景は、近くの山とのコントラストがきれいです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 自然・風景
2016年6月18日
« 前の記事「【道北】6/4、今シーズンの農産物直売所がオープン、道の駅「もち米の里☆なよろ」」へ
»次の記事「【道北】名寄(なよろ)盆地・風連(ふうれん)の風景~山の沢水で作るピーマンの畑」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    「ステンドグラス美術館」を体感!@小樽芸術村
    小樽の新名所『旧三井銀行小樽支店』@ニトリ小樽芸術村
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~Sizzle&最上階ラウンジ編
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~客室編
    ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
    定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
    「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
    地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アイスクリーム&ソフトクリーム天国、北海道!Vol.1
    2015年も「神宮マーケット」始まりました。
    新鮮「かねひろジンギスカン」を本店でいただく@レストランかねひろ(長沼町)
    真っ白な綿毛は初夏の風物詩
    バラ色の大通公園12丁目「サンクガーデン」
    シロクマ赤ちゃんウォッチ in 札幌市円山動物園
    甘い香りはローズガーデンからも。白い恋人パーク・ローズガーデン
    北海道の奥入瀬渓流?! 滝上町「錦仙峡」(きんせんきょう)
    童話村「滝上町」のおいしくてかわいい「香りの里ハーブガーデン フレグランスハウス」
    北大祭で世界・味めぐり
    5月下旬、水辺にエゾノリュウキンカ(ヤチブキ)@北海道・滝上町
    日本最大級の桃色グラデーション。滝上公園・芝ざくらまつり、6月7日まで。

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集