海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 第68回さっぽろ雪まつり、準備着々。2017年は2...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月 2日

第68回さっぽろ雪まつり、準備着々。2017年は2/6(月)~2/12(日)開催!


メール プリント もっと見る

第68回さっぽろ雪まつり、準備着々。2017年は2/6(月)~2/12(日)開催!

2017年の第68回さっぽろ雪まつりは、開催まで残すところわずか!
大通会場の巨大雪像をはじめ、市民雪像の製作はラストスパートをかけつつあります!


さっぽろ雪まつり2017準備中(大通公園3丁目)


地下鉄大通駅、階段を上がって外に出ると、大通公園3丁目には巨大な物体が。
期間中、巨大ジャンプ台としてスノーボードやフリースタイルスキーが行われます。
雪像はもとより、この巨大ジャンブ台の骨組みを見ると、雪まつりシーズンを実感します。


第68回さっぽろ雪まつり


"In preparation for the 68th SAPPORO SNOW FESTIVAL"
早速、大通4丁目で目に入ってきた製作中の雪像。
足場を組んで巨大雪像に挑んでいます。
実は、個人的にはこの準備中の様子を見ることも雪まつりの楽しみのひとつです。


第68回さっぽろ雪まつり


第68回さっぽろ雪まつり


ほぼ完成に近づき、足場が撤去されている雪像がある一方、
急ピッチで作業が進んでいる雪像も。


第68回さっぽろ雪まつり


大雪像の大きさは、間近で見るとその迫力に驚きます。
一見、大きな木に人が登っているように見えますが、
実際はその後ろの大雪像のてっぺんで作業をしています。


第68回さっぽろ雪まつり


第68回さっぽろ雪まつり


毎年、雪像鑑賞の楽しみのひとつは、本物そっくりに製作される
建物の手が込んだ細工です。


第68回さっぽろ雪まつり


見本の模型も精巧です。


第68回さっぽろ雪まつり


第68回さっぽろ雪まつり


人と重機の技術を駆使した巨大なアート作品。


11_P2020381.JPG


ホットドリンクのスタンドも準備が進んでいました。
種類もいろいろありそうです。
次第に身体が冷えていく雪まつり鑑賞中のホットドリンクは命綱でもあります。


第68回さっぽろ雪まつり


飲食ブースも数多くあります!
食べて身体を温めることも必須です。
ラーメン、ジンギスカンをはじめ、北海道各地のおいしい食べ物がたくさん集まるそうです!


大通公園(2月)


数日、最高気温が0度を下回る"真冬日"が続いており、
大通公園をかなり速足で横断しても足からじわじわと寒さが伝わる今日この頃。
零下の中、雪像製作の方々は雪・氷のみならず水も使って作っており本当に頭が下がります。


そして地下からの通風孔に集まる大通公園のハトたち。
ここだけ雪が解け、暖かい空気が吹き込んでいるからです。


第68回さっぽろ雪まつり


過酷な環境で雪像を作っている自衛隊員への激励メッセージボードがありました。
作っているところを間近に見たからこそのメッセージが書かれています。


滑り止め砂(さっぽろ雪まつり)


雪国のイベントならではの準備!
大きな砂袋を大きなボブスレで運搬中。


雪道を多くの人が歩くとツルツルに固まってしまい、ときには凍るので、
その滑り止めに撒く「砂」が入った袋です。
滑り止め用の砂は、札幌市役所などにペットボトル入り携帯用砂もあり、
持ち歩くことも想定した道民には身近なグッズです。


第68回さっぽろ雪まつり


一方、こちらは市民雪像。
週末を前に、まだ完成した雪像は見えませんでしたが、
あちこちで雪像作りが進み始めていました。


第68回さっぽろ雪まつり


どんな雪像が完成するのでしょう。
完成が楽しみです。


第68回さっぽろ雪まつり


製作中の雪像に乗っているのは完成模型!
作りかけの雪像と模型のコントラストが雪まつり準備期間の楽しさでもあります。


第68回さっぽろ雪まつり


手際よく市民雪像パーツを作っているチームに遭遇。


第68回さっぽろ雪まつり


いろいろな道具を駆使して製作するそうですが、見せていただいたのは、
なんと"チーズおろし器"。
雪像パーツの表面をほどよく削るのに使用していました。


第68回さっぽろ雪まつり


西12丁目に着くと、そこは大きな雪の塊が無数に並んだ世界。
ここは「国際雪像コンクール」会場です。
2/5から各国・各地域チームが製作を開始し、最終日に審査・表彰が行われます。
嵐の前の静けさ、という雰囲気。


第68回さっぽろ雪まつり


大通公園8丁目南側向いにある東京ドームホテル前です。
恒例の顔出し看板写真スポットが登場していました。


雪まつり鑑賞中、身体が冷え切ってしまう前に温まる避難場所としても
8丁目の東京ドームホテルティールームはおススメです。


第68回さっぽろ雪まつり


"Taiwan - Taipei Guest House, Large Ice Sculpture in Odori 5-chome"
大通5丁目の大氷像。
ほぼ完成しているようで、通りがかったときにはライトアップもされていました。


2017年、第68回さっぽろ雪まつりは2月6日(月)から開催。
どのような雪像ができあがるのか楽しみです。


なお、雪の滑り台などを楽しめるつどーむ会場では、
すでに2月1日より開催中です!


【第68回さっぽろ雪まつり 大通会場】
開催期間: 2017/2/6(月)~2/12(日)
*アクセス*
・地下鉄南北線・東西線大通駅より徒歩約1分
・JR札幌駅より徒歩約12分
・地下鉄東西線西11丁目駅より徒歩約1分


関連サイト
さっぽろ雪まつり公式サイト


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2017年2月 2日
« 前の記事「お土産にも自宅用にも!「ソラチの札幌スープカレーの素」」へ
»次の記事「タイガーナッツ、塩麹、スプラウト、マキベリー...厳しい冬をおいしく乗り切る"スーパーフード&...」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    香り豊かな小麦・ライ麦をパンで味わう~アンチェインドベーカリー
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ビーガン・ベジタリアンラーメンも!札幌・大通公園前のポップな「忍者麺」
    "つらら"な冬の北海道
    札幌市中央区の閑静な住宅街と森に面した「cafe hygge(カフェ ヒュッゲ)」
    赤れんが庁舎に"ムービングライト"~3月14日まで毎日投影
    昭和が香るラーメン、旭川ラーメンの「ふくや」
    次回は夜も行きたい「サッポロユキテラス」2016
    初体験の広東風(中華風)カレーが絶品!(2016/2/29まで)
    札幌から氷と雪の国へ! vol.2~「アイスヒルズホテル in 当別2016」
    国際色豊か!「さっぽろ雪まつり」大通会場11丁目
    第67回さっぽろ雪まつり、大通会場を行く。
    雪まつり開催中、札幌街角"おもてなし"と新・北海道土産
    札幌から氷と雪の国へ! vol.1~「アイスヒルズホテル in 当別2016」
    ベリーがいっぱい!のフルーティーなサングリア~Mia Bocca(ミアボッカ)JR琴似駅前店
    ホテルオークラ札幌でみつけた"食べる北海道"~2月は「オホーツク網走」と「さっぱち蜂蜜」
    和食のようにやさしい味の「鶏肉の壺蒸しスープ」!@広東料理 南園
    お土産にホットな「大通公園カレー厨房」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集