海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 新鮮刺身盛りの海鮮居酒屋『にほんいち地酒蔵』オープ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月22日

新鮮刺身盛りの海鮮居酒屋『にほんいち地酒蔵』オープン!地酒・北の勝「搾りたて」も数量限定提供(2/22現在)


メール プリント もっと見る

新鮮刺身盛りの海鮮居酒屋『にほんいち地酒蔵』オープン!地酒・北の勝「搾りたて」も数量限定提供(2/22現...

北海道大学近くに北海道産食材にこだわった海鮮居酒屋
「にほんいち地酒蔵」が2017年2月22日にオープンしました。


にほんいち地酒蔵(札幌市北区)


"Izakaya restaurant near the Hokkaido University and the Sapporo Station, NIHONICHI JIZAKEGURA"
札幌市内4店舗を展開する「にほんいち」グループの北海道料理・海鮮居酒屋で、
鮮度の良さやコスパの高さで評判のお店が札幌駅北口エリアにオープンしました。


居酒屋にほんいちは、北海道出身の社長が北海道食材や日本文化へのこだわりをもとに展開しており、
お店の運営ほか、グループ会社で水産食材卸しを手掛けることで良質な海鮮食材を良心的な価格で提供。


今回、同店のオープンに至っては、店舗建築・内装工事の会社も立ち上げ、
建物から食材に至る一切をグループ会社で手掛けることで、さらに高いコストパフォーマンスの
料理・サービスの提供をめざしているそうです。


にほんいち地酒蔵


できたてほやほやの「にほんいち地酒蔵」、玄関を入るとすぐに「樽酒で鏡開き」!


にほんいち地酒蔵


"Art Work of the breaking open a ceremonial sake barrel"
と思いきや、精巧に作ったオブジェ。飛び散るお酒は樹脂でできています。
こちらで木槌を手に持って、鏡開きの写真撮影をしてもよいそうです。


4_P2210049.JPG


店内のカウンター席。
壁とテーブルの間には細い通路が設けられていますが、これは運ばれる料理を
お客様の前から提供したい、というお店のこだわりから生まれたレイアウトだそう。
このカウンター席、とても居心地がよさそうです。


にほんいち地酒蔵


カウンター席に引かれていましたが、今回はこちらの席に。
掘りごたつになっています。


にほんいち地酒蔵


「にほんいち地酒蔵」は、おいしい北海道の海鮮に加え、日本酒文化も楽しめるお店に、
とのコンセプトで、北海道の地酒、国稀(増毛)、北の勝(根室)、北の錦 まる田(栗山)、
大雪の蔵(旭川)を飲むことができます。
これにともない、日本酒、北海道の地酒を知るため、お店スタッフが北の錦の小林酒造(栗山)に行って
勉強もしてきたそうです。


お通し(にほんいち地酒蔵)


"Japanese amuse bouche, otoshi of Japanese traditional soup stock, Dashi"
早速出てきたお通しは、「出汁」。
お店のコンセプトのひとつでもある日本文化へのこだわりから、
特注で京都からとりよせているダシをお通しとして出すそうです。
出汁スープ、鰹節が香って、とてもおいしく、毎朝飲みたくなる味です。


メニューを見ると、豊富な料理に加え、その値段にびっくり。
ざっと見て目を引いたのは、刺身盛り「漁師町の板盛」500円。
写真を見ると、とても500円とは思えないボリューム。


このほか「本タラバ・油タラバ・ズワイの食べ比べ」が1,499円、
1日8食限定メニューですが「きんき一夜干し炭火焼き」999円などもありました。

漁師町の板盛


"Assorted Sashimi"
そして運ばれてきた、にほんいちグループで大人気の「漁師町の板盛」(500円)!
メニュー写真に違わず、お刺身の種類・ボリュームとも驚きの一皿です。


漁師町の刺身盛り


"Mackerel, Salmon, Tuna, Seaurchin, Scallop, Salmon roe and Fox jacopever"
甘エビ・キハダ・ホッケ・サーモン・ウニ・ホタテ・マグロ・イクラ・ソイなど。
値段だけではなく、食べても鮮度がわかる食感に感嘆の声があがりました。


にほんいち地酒蔵


"Original soy sauce with green chili and Habomai Kelp soy sauce"
こだわりは魚の鮮度だけではありませんでした。
お店オリジナルの「三升漬醤油」と「はぼまい昆布しょうゆ」。


にほんいち地酒蔵


「はぼまい昆布しょうゆ」だけでも嬉しいのですが、北海道・東北の郷土料理
「三升漬(さんじょうづけ)」を醤油とブレンドしたオリジナル醤油は、
お刺身の箸が進みます!


北海道東部のお刺身の食べ方に一味醤油があり、とてもおいしいのですが、
三升漬醤油も負けていません!


ソイとイクラ


とても贅沢にいただきました。


トゲズワイ


トゲズワイ


"Tanner Crab"
「トゲズワイガニ」


こちらのお店ではカニのメニューも豊富で、ズワイガニは足1本(299円)から注文可。


かにぶっかけ出汁巻卵


"Japanese-style rolled omlette with crab"
「かにぶっかけ出し巻き卵」(888円)
そして豪快さと"カニ"というキーワードが印象的な出し巻き卵は、


かにぶっかけ出し巻き卵


かにぶっかけ出し巻き卵


想像以上の迫力です。
「ヨイショ~!」という掛け声とともに、出し巻き卵に"ぶっかけ"られていくカニのほぐし身。
「ストップ」というまでかけ続けられます。
もちろん、好きなだけかけていただくので「食べ残し厳禁」です。


かにぶっかけ出し巻き卵


出し巻き卵だけで十分においしいのですが、カニの風味も相まって、
何度も得した気持ちになれます。


にほんいちのころっけ(じゃがいも)


"Number one croquette of NIHONICHI"
「にほんいちのころっけ」(399円)


海鮮だけではなく、北海道産の野菜や肉を使った料理も揃っています。
なかでも人気があるコロッケは、バターがしっかりしみ込んだじゃがいもを揚げており、
ソースがいらないおいしさです。
ひと言でいうと、じゃがバターコロッケでした。


「がごめ昆布酢」(399円)、「完熟トマトのてんぷら」(499)、
「モチ豚炭焼き」(499円)などなど、道産子も食べてみたい料理がまだまだあります。


ちなみに、お店の方にお聞きしましたが、根室・北の勝の「搾りたて」(数量限定)を
入荷しており、オープンから数日(?)は、提供できるそうです。
地酒好きの方、最近では地元でも手に入りにくくなった「搾りたて」を頼んではいかがでしょう。


JR札幌駅から北へ約400m、徒歩約5分です。
海鮮を中心に北海道の野菜料理や肉料理を食べたい方におススメします。
また、カウンター席は、出張中、ひとりで行ってもおいしくお酒やお刺身を楽しめそうです。


【北海道海鮮にほんいち地酒蔵】
札幌市北区北9条西4-5(中通り)
TEL: 011-374-6021
営業時間: 17:00~24:00
定休日: 年中無休
*アクセス*
・JR「札幌駅」北口より徒歩約5分
・地下鉄南北線「北12条駅」より徒歩約5分


関連リンク
海鮮問屋直営 居酒屋 日本一

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年2月22日
« 前の記事「2017冬季アジア札幌大会「ファンビレッジ」@チカホ(札幌駅前地下歩行空間)」へ
»次の記事「2017冬季アジア札幌大会ファンビレッジで見つけた各会場アクセス情報」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    「ステンドグラス美術館」を体感!@小樽芸術村
    小樽の新名所『旧三井銀行小樽支店』@ニトリ小樽芸術村
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~Sizzle&最上階ラウンジ編
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~客室編
    ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
    定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
    「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
    地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ビーガン・ベジタリアンラーメンも!札幌・大通公園前のポップな「忍者麺」
    "つらら"な冬の北海道
    札幌市中央区の閑静な住宅街と森に面した「cafe hygge(カフェ ヒュッゲ)」
    赤れんが庁舎に"ムービングライト"~3月14日まで毎日投影
    昭和が香るラーメン、旭川ラーメンの「ふくや」
    次回は夜も行きたい「サッポロユキテラス」2016
    初体験の広東風(中華風)カレーが絶品!(2016/2/29まで)
    札幌から氷と雪の国へ! vol.2~「アイスヒルズホテル in 当別2016」
    国際色豊か!「さっぽろ雪まつり」大通会場11丁目
    第67回さっぽろ雪まつり、大通会場を行く。
    雪まつり開催中、札幌街角"おもてなし"と新・北海道土産
    札幌から氷と雪の国へ! vol.1~「アイスヒルズホテル in 当別2016」
    ベリーがいっぱい!のフルーティーなサングリア~Mia Bocca(ミアボッカ)JR琴似駅前店
    ホテルオークラ札幌でみつけた"食べる北海道"~2月は「オホーツク網走」と「さっぱち蜂蜜」
    和食のようにやさしい味の「鶏肉の壺蒸しスープ」!@広東料理 南園
    お土産にホットな「大通公園カレー厨房」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集