海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 「Café 色内食堂」。小樽レトロな建物で、北海道...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月13日

「Café 色内食堂」。小樽レトロな建物で、北海道産食材約30種のお弁当箱ランチ


メール プリント もっと見る

「Café 色内食堂」。小樽レトロな建物で、北海道産食材約30種のお弁当箱ランチ

まだあまり知られていないレトロな建物のお店で
モーニングや、ランチのお弁当がすごい!!という噂を聞き、
小樽にある「Café 色内食堂」へ出かけました。


1_建物看板_P3110090.JPG


2_歴史的建造物説明_P3110219.JPG


3_営業中_P3110092.JPG


"Cafe Ironai Shokudou whose building is one of the Designated Historic Landmarks of Otaru City"
着いてみると、"小樽市指定歴史的建造物"に指定されている
「旧塚本商店」の建物をリユースし、2階が「Café 色内食堂」になっています。


4_ストーブ_P3110209.JPG


"Entrance of the Cafe Ironai Shokudou on the first floor in March"
わくわくしながら入ってみると、レトロなストーブがお出迎え。


4_エントランス_P3110105.JPG


まだ雪が残る3月に訪れたので、ウェイティングルームも兼ねたエントランスには、
ストーブが燃えていました。


5_階段_P3110197.JPG


14_カプチーノメーカー_P3110204.JPG


13_天井_P3110205.JPG


趣がある建物はもちろん、並んでいる道具を見ても
タイムスリップしたような気分になります。


6_2階店内_P3110121.JPG


"Cafe and restaurant space on the second floor"
階段を上がったカフェレストランスペースが重厚な雰囲気で、
思わず感嘆の声を上げそうです。


モーニング提供時間は9時から11時までとのことで、わずかに間に合わず、
ランチのお弁当を食べることに。


7_色内弁当箱_P3110136.JPG


"Ironai Lunch Box with thirty-kind ingredients from Hokkaido in the lunch box made of Japanese red pine from Hokkaido"
「色内弁当箱」(590円)


北海道産アカマツの弁当箱にぎっしりと詰められたおかずは、
北海道産にこだわった約30種類の食材を使っているそう。


8_ご飯セット_P3110140.JPG


9_サラダ_P3110150.JPG


俵ごはんでは量が少ないという人向けには「ご飯・味噌汁セット」(290円)があり、
これにすると、お弁当の俵ごはんをサラダに代わります。


9_おかず_P3110160.JPG


9_卵焼き・のり_P3110162.JPG


約30品目の食材にこだわっていることにも驚きましたが、
おかずのボリューム感にもびっくりです。


揚げ物にはきのこやジャガイモとタマネギのかきあげ、
ザンギ(鶏のから揚げ)のほか、カニの爪まであります。
北海道産の豆のおかずも美味でした。


ゆったりした雰囲気のお店からなかなか腰を上げる気になれず、
スイーツも追加注文。


10_スピーカー_P3110112.JPG


11_ピアノ_P3110125.JPG


改めて店内を見回すと、店内に流れるクラシック音楽の出所を発見。
とても立派なスピーカーが!


ピアノは現在のところ、置物として置いてあるだけだそうですが、
こちらで演奏会をしたら、とてもよい音で聴けそうな気がします。


12_スイーツ_P3110173.JPG


"Tricolor bracken-starch dumplings"
「三色わらび餅」(390円)


"色内弁当箱"のあとでは、ふたりでも多いと思うほどのわらび餅。
黒蜜、抹茶、きなこ味を日本茶と一緒に楽しめます。


13_豆_P3110208.JPG


13_コーヒー_P3110186.JPG


コーヒーは、色内マイルド、色内フレンチとも390円。


今回、ランチをいただきましたが、モーニング(朝9時~11時)の時間帯は、
飲み物を頼むと、+100円でトースト、サラダなどのモーニングメニューがいただけるそうです。
また、ディナーでは道産牛のステーキやハンバーグなどの肉料理がいただけます。


ちなみに、アルコールメニューは、おたるワインや小樽ビールのほか、
北海道の地酒ががいろいろと揃っています!


小樽レトロな雰囲気の店内で食事をすれば、小樽の良さを一層深く堪能できると思います。


【Café 色内食堂】
北海道小樽市色内1-6-27
TEL: 0134-55-2999
営業時間: 9:00~22:00(Lo.21:30)
定休日: 年中無休(年末年始を除く)
*アクセス*
・JR「小樽駅」より徒歩約8分(600m)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2017年4月13日
« 前の記事「ようやく花咲く春到来の札幌」へ
»次の記事「旭川「ラーメン専門 味特」」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    「ステンドグラス美術館」を体感!@小樽芸術村
    小樽の新名所『旧三井銀行小樽支店』@ニトリ小樽芸術村
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~Sizzle&最上階ラウンジ編
    小樽ステイを快適に!小樽運河沿いの「ホテルノルド小樽」~客室編
    ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)
    定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット
    「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催
    地元、定山渓で人気の「Cafe&Bar OZ」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    4月上旬、十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」で吹雪とキタキツネと雪の富良野岳に遭遇
    "エゾヤマザクラ"な赤れんが庁舎前庭
    京王プラザホテル札幌に鉄板焼「やまなみ」オープン
    2016年、札幌のサクラの開花宣言は4月25日、北海道神宮では梅も開花
    新札幌の広さ2,000㎡"SPA・ALPA(スパ・アルパ)"で、デトックスアロマトリートメント・ボディマッサージ
    宮島沼、三たび。マガン、昼間のねぐら入りと"ふゆみず田んぼ"の「えぞの雁米」
    北海道ジビエの鹿肉利用率100%メニュー!「なんぷ亭」@南富良野町
    道東道で占冠村・南富良野町へドライブ
    白銀の世界ふたたび、春の宮島沼でマガンの「ねぐら立ち」
    北菓楼札幌本館で「サロンの夕べ」JAZZピアノコンサートを開催
    北海道小麦100%の美味しい&おしゃれ&食べやすい!フランスパン・サンドウィッチ【シュクレ:サレ】
    やっぱり楽しい!おもしろい!!1959年開館の「おたる水族館」

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    ニセコ・北海道三宅島三重与論島五島列島京都八丈島函館北海道南三陸南島原和歌山埼玉大崎上島・広島大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿新潟札幌東京松前栃木横浜沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川高知鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集