海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 「うぉんたな」で、和食・十割そば・日本酒を心ゆくま...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年5月23日

「うぉんたな」で、和食・十割そば・日本酒を心ゆくまで。


メール プリント もっと見る

「うぉんたな」で、和食・十割そば・日本酒を心ゆくまで。

2017年5月15日、狸小路5丁目の「F-DRESSビル」にオープンした
「うぉんたな」の心と胃に沁みる料理・お酒の数々を体感してきました。


2_うぉんたな入口


"Sakana to Osake WONTANA -Fish and SAKE restaurant"
エレベーターが開くとそこはすぐに店内です。


うぉんたな


うぉんたな


テーブル席の片側は大きな窓で解放感があり、
札幌の街を見下ろすこともできます。
カウンター席もあり、おひとり様にもぴったり。


今回は料理7品の蕎麦懐石(2,500円・税込)と
店内のすべての飲み物が対象となる「Premium飲み放題」
(120分・2,500円・税込、L.o100分)をいただきました。


ビール・ハイボール


とても珍しい日本各地の日本酒があるとのことですが、
飲み放題最初の一杯は、乾杯のビール、ハイボールで。


北海道産アスパラとトマトのシャンパンジュレ


"Asparagus from Hokkaido and tomato with champagne jelly"
先付けは「北海道産アスパラとトマトのシャンパンジュレ」


黒コショウがぴりりと利いた先付けは、お酒にもとても合う味付けです。
あっさりしていながら、味わい深い料理に最初から感動です。


先付


"Appetizer -Salted Okhotsk atka mackerel, Salmon roe pickled in top-quality sake lees and Ginger-Simmered ris de veau in Sweetened Soy Sauce"
2品目は前菜3種。
左から「ほっけ塩辛」「益子の大吟醸粕漬」「リー・ド・ヴォーのしぐれ煮」


いずれもより日本酒にぴったりの料理です。
ここからは、お店の方に料理に合うお酒をおしえていただき、
冷で、燗でいただきます。


刺身盛り


"Assorted slices of raw fish"
お造りは、この日は特別仕立てで、サーモン、
豊後水道のアジ、カマス、ガリ寄せ、シャコ、石鯛。


季節のシャコや石鯛など、普段はなかなかいただけない
おいしいお刺身はもちろん、ガリ寄せのおいしさにも完成が上がりました。


魚料理


"Grilled blenny pickled in top-quality sake lee"
焼物は「ぎんぽうの大吟醸粕焼き」。
脂の乗りがほどよく、皮まで香ばしく、すべておいしくいただきました。


厚岸産カキのたまみそ焼き


"Grilled oyster from Akkeshi, seasoned with paste of miso and egg yolk"
「厚岸産カキのたまみそ焼き」


厚岸産の大きなカキをたまみそ焼きでいただく贅沢な一品。
たまみそとカキの甘さがたまりません。
お酒も進みます。


カニクリームコロッケの和風トマト出汁


"Crab cream croquettes with tomato soup stock in Japanese style"
「カニクリームコロッケの和風トマト出汁」


最近、和食で注目(?)のトマト出汁に入ったかにクリームコロッケは、
ホワイトソースに米粉、焼き豆腐などを使ったグルテンフリーの一品で、
見た目もオシャレでしたが、味も上品で感動するひと品でした。


十割蕎麦


"Hand-made buckweat noodle from Hokkaido"
〆の「十割蕎麦」。
のどごしがツルリとして、十割蕎麦とは思えないしなやかさ。
この日は、北海道・新十津川町産そば粉100%で作ったそうです。

さらにそばつゆが辛口で、おいしい!
鰹の本枯れ節2年物を使っているという、なかなか味わえない究極の蕎麦でした。


五十嵐


オクハリマ


多賀治


そして、この日いただいた日本酒の数々!
日本酒に詳しくはありませんが、どの日本酒を飲んでも
「おいしい日本酒は、これほどおいしい」と実感するものばかりでした。


春待ち


山吹極


日本酒


料理に合うお酒をお店の方におしえていただいたり、
お店で自由に"燗"もできるので、お酒に合った燗の温度をおしえていただいたり、
おいしい日本酒をさらにおいしくいただきました。


じゃばら酒_


最後にいただいた「じゃばら酒」。
"じゃばら"という柑橘類で作ったリキュールで、
きりっとした酸味が特徴です。


これを飲むと、なぜかとてもスッキリし、まだ飲める!と思える
爽快感に包まれました。
最後ではなく、合間に飲むと、じゃばら酒の特徴をより実感できるかもしれません...。


料理とお酒を心行くまで堪能した「うぉんたな」さんは、
お昼から通して営業、ランチに十割蕎麦をいただくことも、
早い時間からの昼酒もOKです。


また、単品料理はいずれもお手頃価格で、ひとりで行ってもいろいろな種類を
楽しむことができるので、出張でのひとり晩酌にもおススメです。


【さかなとお酒 うぉんたな-魚の棚-】
札幌市中央区南3条西5-36-1 F-DRESS五番街BLD7F
TEL:  011-215-0567
営業時間: 月~木 11:00~24:00
      金・土 11:00~26:00
定休日: 不定休(日曜は休みの場合あり)
*アクセス*
・さっぽろ地下街ポールタウン狸小路4丁目出口より徒歩約2分


関連サイト
さかなとお酒 うぉんたな-魚の棚-

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年5月23日
« 前の記事「噂通りの満足感、小樽の「民宿 青塚食堂」で舌鼓。」へ
»次の記事「日本一の黄色い世界へ~滝川市の菜の花畑」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    美瑛の夜は、隠れ家的ワインバー "Vin Verre(ヴェン・ヴェール)"でディナー。
    夏とは異なる魅力!「白金青い池」ライトアップ@美瑛町
    北海道フードフェアで出会った北海道の食べる"おみやげ"、いろいろ。
    第69回 さっぽろ雪まつり(2018)、朝と夜。大通・すすきの会場ダイジェスト!
    さっぽろ雪まつりで、冬も札幌・夏の風物詩『PMF:パシフィック・ミュージック・フェスティバル』♬
    層雲峡温泉「層雲閣グランドホテル」で氷瀑まつり・花火鑑賞
    圧倒的な氷の造形と遊び心を満喫!「層雲峡 氷瀑まつり」~2018年は3/18まで開催。
    夜景と一緒に味わう『大人パフェ』@ANAクラウンプラザ札幌 「スカイラウンジ サッポロビュー」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【空知・砂川市】ソメスサドルの庭で~ファクトリー・ショールームの外に広がる風景
    【富良野】丘の上の一軒家。大きな窓から雄大な景色を楽しめるカフェ「halu」
    【上川】美瑛の「ries café」で念願のアップルパイを滑り込みで堪能
    【空知・岩見沢】北海道のごはんと野菜とシュラスコ@ファームレストラン大地のテラス
    【新さっぽろ】北海道限定「ソフトカツゲン」、札幌発祥「ラーメンサラダ」など北海道があふれる朝食ブッフェ
    【新さっぽろ】ニュークリエイティブ広東料理の「中国料理 仙雲」
    【新さっぽろ】息をのむ景色、部屋で日本新三大"夜景浴"~ホテルエミシア札幌
    【札幌】中島公園散策のあとは、緑の中で「テラスレストランKitara」ランチ~2016/6/30まで熊本応援企画も
    【札幌】ワンコインで「名所を巡るガイドツアー」!中島公園編
    【札幌】コクと旨味の白湯スープ風ノンアニマル・ラーメン@期間限定日本食ファーストフード店「忍者麺」
    ススキノの夜にダンスクラブ「キングムー」が復活
    【札幌】「FIL BLANC」(フィルブラン)~花いっぱいの隠れ家カフェ
    2016年も可憐な「チシマザクラ」が美しい!
    「成吉思汗なまら」の"なまら(超!)おいしい!"生ラムジンギスカン

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集