海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > この夏のホットな新観光スポット、夕張市の「めろんの...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年6月21日

この夏のホットな新観光スポット、夕張市の「めろんのテラス」


メール プリント もっと見る

この夏のホットな新観光スポット、夕張市の「めろんのテラス」

2017年6月6日、夕張市においしい観光スポット
「めろんのテラス」がオープンしました。


1_森林浴_.JPG


"Woods and blue sky in Yubari City in Hokkaido"


夕張市は、夕張メロンが有名な街ですが、
かつては炭鉱の町として栄え、映画「幸福の黄色いハンカチ」の
舞台にもなったところです。


その夕張市は、北海道のなかでも森林に囲まれた町でもあります。
道東に行くと、森がとても近い!と感じるのですが、
道央では、森をとても近く感じることができるのは、
ここ、夕張市が挙げられると思います。


1_サイン.JPG


"Welcome to YUBARI"


国道274号線沿いで目にするこのサインが目印です。
こちらにある"夕張市農協銘産センター」2階にオープンしました。


2_メロン熊入口.JPG


"Entrance of the souvenir shop and a buffet restaurant"
そして迫力ある"メロン熊"の入口も目印。


"メロン熊"に嚙まれると縁起がよいそうで、
メロン熊の口の中に入っていくのは、さらに縁起がよい!
という噂もあるとか...。


3_お土産店.JPG


4_お土産店.JPG


14_メロン.JPG


"Souvenir shop of local specialty"
建物1階では"夕張メロン"をはじめとした特産品のお土産を販売。


3_ビュッフェレストラン.JPG


"Buffet restaurant, Melon no Terrace"
そして2階。
食べ放題ランチビュッフェ(60分/大人1,296円・子ども972円・未就学児無料/税込)を
楽しめる「めろんのテラス」です。


5_ビュッフェ料理.JPG


6_ラタトゥイユ.JPG


9_鮭&ベジ.JPG


夕張産・北海道産の野菜を中心にしたメニューで、
特に間引きした若い夕張メロンを調理した
「夕張メロンのスグリ料理」がめずらしく、おいしい!


1-P6050099.JPG


"Dish of thinned Yubari Melon and local dishes"
メロン産地ならではの地元の味、です。


7_カッペリーニ.JPG


8_フレンチフライ.JPG


9_ビュッフェ料理.JPG


ちょうど収穫時期だったアスパラを使った料理も並び、
新鮮な旬の味を堪能しました。


10_カレーそば.JPG


ここで、メロン料理とともに、ぜひ食べてみていただきたい料理が
地元の味「夕張カレーそば」。


昔から夕張ではソウルフードとして親しまれており、
豚肉と存在感あるとても甘いタマネギが特徴です。


そして今回、話題の主役となっている「夕張メロン」!


11_夕張メロン.JPG


"All-you-can-eat Yubari Melon for the buffet lunch dessert"
この味を知っている方なら、唖然する山のような"夕張メロン"の列です。


11_夕張メロン2個.JPG


6月~8月末までの期間、ランチビュッフェの大人料金1,296円に648円をプラスするだけで
"夕張メロン食べ放題"(時間制限有)という夢のようなデザート企画を楽しめます。
しかも、子ども・未就学児は夕張メロン食べ放題用料金は無料。


夕張メロンの食べ放題付きランチビュッフェは、オープン以来、
土日を中心にたくさんの人が訪れています。


12_夕張メロン.JPG


やはり、お目当ては夕張メロンの食べ放題。
というわけで、いただきました。


口の中に入れると、まるでゼリーのような滑らかな舌触り。
繊維が口の中で残らず、スルりと喉を通っていきます。
この繊維感のなさが、糖度以上に注目される夕張メロンの特徴だそう。


夕張メロンの食べ放題付きランチビュッフェは、
1日200名限定のサービスとなっています。
また、現状、予約は受け付けていません。
詳細は以下の通り。



【めろんのテラス:ランチビュッフェ】(2017年6月21日現在)
北海道夕張市滝ノ上132 夕張市農協銘産センター2F
TEL: 0123-57-7651
営業時間:11:00~15:30(食べ放題時間60分/4回制、各回定員約50名)
     1回目11:00~・2回目12:30~・3回目13:30~・4回目:14:30~
営業期間: 2017年6月6日~10月15日
定休日: 不定休(8月末までは無休)
座席数: 屋内30席・屋外(屋根付き)20席(※いずれもランチビュッフェ時の席数)
駐車場: 200台(無料・大型バス駐車可)
*アクセス*
・JR石勝線「滝ノ上駅」より徒歩約10分
・車で札幌中心部より約1時間10分(道東自動車道追分町IC利用)、夕張ICより5分

関連サイト
めろんのテラス

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2017年6月21日
« 前の記事「使いやすくてオシャレな「パンTOTE(パントート)」~6/18開催:パンcafe2017でも購入可」へ
»次の記事「【鹿追町】「煮込みジンギスカン・ホルモン屋 大阪屋」~道産子のソウルフード"ジンギスカン"に新たな発見」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    札幌にツララの季節、到来
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【旭川エリア】匠工芸(東神楽町)でファクトリーツアー@旭川デザインウィーク2016
    【旭川エリア】美術館のような「カンディハウス」と家具とCHパーティー2016@旭川デザインウィーク
    【道北】旭川家具センター~家具とデザインと心地よさを堪能@旭川デザインウィーク
    【道北】旭川デザインウィーク2016~「ADW One day trip / CONDE HOUSE特別ツアー」リポート
    【道北】名寄(なよろ)の風景~ブルーベリーと葡萄とワイン
    【道北】名寄(なよろ)盆地、小麦の風景~多寄「春よ恋」と下川「はるきらり」
    【道北】名寄の夜にリピートしたい「西洋居酒屋 びすとろ」
    【道北】名寄(なよろ)盆地・風連(ふうれん)の風景~山の沢水で作るピーマンの畑
    【道北】名寄(なよろ)盆地の風景~トマトジュース工房から、とうきび畑と大豆畑と田んぼと。
    【道北】6/4、今シーズンの農産物直売所がオープン、道の駅「もち米の里☆なよろ」
    【道北】名寄産ハスカップ天然酵母で低温熟成、道産小麦、地元フルーツ・野菜を使って~「ベーカリーいしだ」
    【道北・名寄】「グランドホテル藤花」別館に宿泊
    「restaurant hache(レストラン アッシュ)」~イタリアン&フレンチの北海道ダイニング!
    【札幌】彩りいっぱい、花畑のような朝食@クロスホテル札幌
    夜景×露天風呂付き大浴場、フレンチプレスコーヒー~クロスホテル札幌 くつろぎ編
    7/31までの限定プラン、高層階で北海道デザインチェア「KAMUY」(カンディハウス・旭川)ルーム

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集