海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 道の駅「阿寒丹頂の里」でローカルフードグルメ(軽食...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年7月 2日

道の駅「阿寒丹頂の里」でローカルフードグルメ(軽食)に舌鼓


道の駅「阿寒丹頂の里」でローカルフードグルメ(軽食)に舌鼓

所要にて、札幌-釧路間を車で日帰り。
ゆっくり観光をする時間はありませんでしたが、
高速道路に乗る前に少し寄り道。


道の駅サイン.JPG


道東自動車道の阿寒インターチェンジを素通りし、
道の駅「阿寒丹頂の里」へ行ってみました。


2_道の駅建物.JPG


2016年11月に新たに完成した「インフォメーションセンター丹頂の里(クレインズテラス)」は
初めて訪れたので、新しい"地元の味"を食べてみることに。


導かれるように敷地内の施設「クレインズテラス」へ。
地元産のカラマツ材でできているそうです。


最初は、懐かしいエゾシカ肉メニューをチェック。
釧路在住時は、地元スーパー「相長センター芦野店」で
ジンギスカン風タレ漬けエゾシカ肉を購入したびたび食べていたので、
札幌ではあまりお目にかかれないエゾシカ肉は、
私にとっては釧路生活を彷彿とさせ、とても懐かしいのです。


3_エゾシカおにぎり.JPG


エゾシカバーガー(450円、阿寒湖畔でですが食べたこと有り)、
エゾシカの竜田揚げ(550円)、エゾシカ焼き肉(550円)などの
エゾシカ肉メニューの中から、今回選んだのは「エゾシカの肉巻きおにぎり」(200円)。


4_エゾシカおにぎり分割.JPG


甘辛いタレに絡めたエゾシカ肉がおいしいおにぎりです。
エゾシカ肉は、脂っぽくないところが好きです。


6_いももち.JPG


北海道にいると、特別珍しい!という訳ではないのですが、
自分ではなかなか作らないので、という理由から
「いもだんご」(100円)。
こちらも、期待を裏切らない懐かしい味です。


5_ボード.JPG


そして「クレインテラス」に入る際に最も気になっていたメニューがあります。


7_釧路フィッシュ&チップス.JPG


「釧路フィッシュ&チップス」(500円)。
調味に"特製マヨソース"と"昆布塩"のどちらかを選べます。
今回は昆布塩で。


8_釧路フィッシュ&チップス.JPG


想像以上のおいしさでした。
釧路産スケトウダラを使っており、とても肉厚ですが、
サクサク・ふわふわな食感です。
揚げたてなので、熱々をいただけるところも魅力です。


さらにチップス(ポテト)のおいしさもさることながら、
同じく付け合わせの「昆布チップス」が最高です。


釧路フィッシュ&チップス・昆布チップス


フィッシュとポテトの間でちょこっと顔をのぞかせているのが
「昆布チップス」です。
カラッと揚がっていて、あとをひくおいしさ。


9_釧路マルシェ.JPG


「クレインズテラス」向かいの建物には「阿寒マルシェ」があり、
釧路の特産品を販売しています。
和商市場とは異なる品揃えで、加工食品が中心です。


滞在時間はわずかでしたが、かなり満足がいく「阿寒丹頂の里」滞在でした。
もちろん、今度は時間を作って「赤いベレー レストラン鶴」で
ポークステーキやカツミートスパゲティなどをいただきたいです。


敷地内には美術館やタンチョウ観察センター、阿寒国際ツルセンター
などがあるので、時間に余裕があれば、さらに楽しめそうです。


【道の駅 阿寒丹頂の里】
北海道釧路市阿寒町上阿寒23線36-1(国道240号沿い)
TEL: 0154-66-2969
営業時間: 5月~9月 9:00~18:00
     10月~4月 9:00~17:00
  観光案内所 10:00~16:00
*アクセス*
・「阿寒IC」より約8km
・JR「釧路駅」より約33km
・「たんちょう釧路空港」より約18km


関連サイト
道の駅 阿寒丹頂の里

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2017年7月 2日
« 前の記事「【鹿追町】「煮込みジンギスカン・ホルモン屋 大阪屋」~道産子のソウルフード"ジンギスカン"に新たな発見」へ
»次の記事「旭川で味噌ラーメン!「みそラーメン よし乃 本店」」 へ
札幌特派員 新着記事
すすきのナイトは、女性ひとりでも行きたい食事も充実のオーセンティックバー「THE LONG BAR」で。
山の手「プレナアドリス」のとろけるような北海道産BIG「ポークチャップ」と魚介ダシの「スープカレー」!
オシャレにおいしく「トリタベルカ」!資生館小学校前界隈のとっておきなお店
「小樽運河」沿いのお土産セレクトショップ「小樽百貨UNGA↑」で、運がプラスなお土産探し!
札幌駅直結!異国情緒をおいしく感じる「BRITISH PUB DARWIN NISSAY BLD.」(ブリティッシュパブ・ダーウィン日本生命ビル店)
道産チーズ他700点!「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」は、会場とレストランで楽しむ!
温かい自家製スパイス料理やスープカレーと、冷たいクラフトビール!「Hood Dog」(フッドドック)
N.Y.ブルックリンから里帰り! 北海道ゆかりのクラフトビール「ブルックリンソラチエース」!
1年前の同じ月に投稿された記事
【道東】海霧の中のヒオウギアヤメとエゾカンゾウ
【釧路】食事とスイーツと雑貨のくつろぎ空間「shop & cafe RYTHM」(リズム)
【釧路】夏の晴れ間と霧と海
【道東】元気に1日をスタートできそうな釧路センチュリーキャッスル式朝ごはん♪
【道東】寝心地抜群ベッドの客室と、もうひとつのくつろぎ空間で鹿肉カレー@釧路センチュリーキャッスルホテル
【道東】リニューアルした「釧路センチュリーキャッスルホテル」初体験

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集