海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 定山渓"温泉"ならではの「バー...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年8月29日

定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット


メール プリント もっと見る

定山渓"温泉"ならではの「バーチテラス ベーカリー&カフェ」と日帰り利用OKスポット

地元札幌でも人気の温泉地、「定山渓」。
これまで温泉とホテルには注目していたのですが、
最近、日帰りで利用できる飲食店があることを知りました。


先日、温泉街の一角にある「Cafe&Bar OZ 」を紹介しましたが、
ホテル内にも日帰り利用ができるカフェがあります。


バーチテラス
"Birch Terrace bakery & cafe on the first floor of HOTEL MILLIONE in Jozankei-onsen, Sapporo"


そのひとつが定山渓万世閣ホテルミリオーネ1階にある
「バーチテラス ベーカリー&カフェ」。


バーチテラスのできたてクロワッサン
"Croissant made in the Birch Terrace bakery & cafe"


イートインができるだけではなく、奥のベーカリーで作っている
できたてパンが食べられる&テイクアウトができます。


チリン、チリンという音がしたので見てみると、
バターが香るサックサク、しっとりクロワッサンが並べられるところでした。
出来上がりと同時に、お店の方がベルを鳴らして知らせてくれます。


バーチテラス


季節の野菜を使った期間限定調理パンもあり、
地元の方も買いに訪れるそうです。
ちなみに、ホテルのチェックアウト時間近くが
最も種類が多くパンが並ぶそう。


バーチテラス


バーチテラス


バーチテラス


イートインができるカフェは、名前の通り「白樺」をモチーフにしたデザインです。


バーチテラス


寒い時期には札幌名産の「札幌軟石」を使った薪ストーブの周りで食事ができます。


バーチテラス
"Craft beer from Hokkaido"


飲み物もコーヒーなどのほか、北海道産クラフトビールがあり、
オホーツクブルーの「流氷ドラフト」もありました。

バーチテラス、足湯テラス


そして、これが一番のオススメ!


バーチテラス、足湯テラス
"Foot spa terrace of Birch Terrace"


温泉ならではの「足湯テラス」です。
テラスに足湯とカウンターテーブルが設けられ、
足湯につかりながら、風景を楽しみながらカフェタイムを過ごせます。


知る人ぞ知る、温泉地ならではのカフェの楽しみ方。
ホテルミリオーネのリピーター宿泊者には、
チェックイン、チェックアウト時間より少し早めに来て、
ここで足湯を楽しむ、という方もいるそうです。


「バーチテラス ベーカリー&カフェ」では、パンのほか
定山渓ドッグやロコモコなどの軽食も利用できるほか、
ランチタイムには、ホテル内のピザ窯で焼いたピザランチも食べられます。


そして、バーチテラスのほかにも、ホテルミリオーネ内には
オススメがいくつもあります。


ミリオーネ定山坊まんじゅう


ミリオーネ定山坊まんじゅう
"Local specialty, Jozanbo manju which is onsen manju"


ホテルミリオーネ名物、温泉まんじゅうの「定山坊まんじゅう」。
店舗横の工房で毎朝作っており、醤油とハチミツを練り込んだ味が特徴です。


定山坊まんじゅうのファンは少なくなく、売り切れのこともあります。
6個入り620円、10個入り1,030円。


ミリオーネ売店


かっぽんタオル
"Local character KAPPON goods sold in the souvenir shop in HOTEL MILLIONE"


ホテル売店には、定山渓温泉のゆるキャラ「かっぽん」グッズを販売しており、
定山渓観光協会内に次いで、かっぽんグッズの品ぞろえは豊富だそう。


写真の「かっぽんガーゼ手ぬぐい」は、売店で販売していますが、
ホテルミリオーネの"定山渓ネイチャールミナリエ"宿泊プランの
特典グッズにもなっています。


ちなみに、かっぽんは定山渓温泉の河童伝説から生まれたキャラクターです。
(定山渓温泉には、あちこちに河童がいます!)


ミリオーネライブビュッフェレストラン


ミリオーネライブビュッフェレストラン
"Buffet restaurant"


このほか、ホテル宿泊者のほか日帰り入浴客がランチやディナーで利用できる
ビュッフェレストランがあります。


日帰り入浴プランを利用すると、ランチビュッフェと入浴料のプランが大人ひとり2,400円(子ども1,800円)、
ディナービュッフェと入浴料のプランが大人ひとり5,000円(子ども3,000円)です。


ミリオーネ北国


ミリオーネ北国のサムネイル画像

"Izakaya KITA-NO-KUNI in the HOTEL MILLIONE"


そしてこちらは、地元在住のお客さんも利用するという
ホテルミリオーネ内にある居酒屋「北国」。


豊富なメニューのなかでもお得なラインナップは「ワンコイン定食」(500円)。
「鯖煮込み定食」「北海道産ハーブ牛使用 煮込みハンバーグ定食」など、
本格的料理が16:00~20:30の時間帯、ワンコインでいただけます。


ミリオーネ


ビュッフェの知名度が高いホテルミリオーネですが、
宿泊者以外も利用できるカフェや居酒屋があり、
日帰り入浴の際にも楽しめるバリエーションで、
温泉地滞在が一層充実します!
秋を感じ始めた札幌では、これからが"足湯テラス"をより堪能できる季節です。


【バーチテラス ベーカリー&カフェ】
札幌市南区定山渓温泉東3丁目定山渓万世閣ホテルミリオーネ1F
TEL: 011-598-3500(代表)
営業時間: 7:30~20:00(足湯テラスは7:30~20:00)
(※パン販売は売り切れ次第終了。閉店時刻は2017年8月現在)
【定山坊まんじゅう】
営業時間: 7:00~17:00
【売店】
営業時間: 7:00~22:00
【居酒屋 北の国】
営業時間: 16:00~24:00(L.o 23:30)
※宿泊者向け出前受付は16:00~23:00
*アクセス*
・「じょうてつバス」で「JR札幌駅南口バスターミナル」12番乗り場(定山渓線)より(所要時間約75分/片道料金770円)、
・地下鉄南北線「真駒内駅」4番乗り場(定山渓線)より(所要時間約50分/片道料金610円)、「定山渓」停留所下車、道路を挟んで斜め向かい。
・車で札幌中心部より国道230号線経由で約27km、所要時間約44分。
(日帰り利用の場合の駐車場は、公共駐車場を利用してください)


関連サイト
バーチテラス ベーカリー&カフェ
定山渓万世閣ホテルミリオーネ
【Booking.com:定山渓万世閣ホテルミリオーネ】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2017年8月29日
« 前の記事「「定山渓ネイチャールミナリエ2017」~自然・光・音の三位一体イベント、2017年は10/22まで開催」へ
»次の記事「ススキノでみつけたやさしい味。札幌スープシチュー「Soupy」(スーピー)」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    札幌にツララの季節、到来
    レストラン「hache」、ランチが新スタイルのビュッフェに。幻のタマネギ"札幌黄"とオリーブオイルも!
    2018年早春期間限定イベント、週末だけの"オリジナルスイーツ with お口の恋人LOTTE"を人気ビュッフェで。 鶴雅グループ6施設で開催
    11/6、ブランド豚"ひこま豚"を提供する「ひこま豚食堂&酒場 Piggy Boo」が大通にオープン
    北海道×カリフォルニア!道産野菜とカルローズ(カリフォルニア米)で楽しむスープカレー
    黄金色に染まる北海道大学構内・2017秋
    札幌9ホテルで11/30まで開催、"夜景が煌くプレシャスディナー"企画@センチュリーロイヤルホテル・ロンド
    紅葉と冠雪の札幌
    1年前の同じ月に投稿された記事
    台風一過、秋の気配の札幌
    室蘭、鳴り砂と海と夜景
    札幌パークホテル「ピアレ」で、"夜ランチ"?!
    札幌の夏を振り返って~中島公園
    2016夏の(私的)ラーメン物語 vol.2
    2016夏の(私的)ラーメン物語 vol.1

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集