海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 2017年9月1日オープン!「似鳥美術館」「アール...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月28日

2017年9月1日オープン!「似鳥美術館」「アールヌーヴォー・アールデコ グラスギャラリー」@小樽芸術村


2017年9月1日オープン!「似鳥美術館」「アールヌーヴォー・アールデコ グラスギャラリー」@小樽芸術村

小樽市指定歴史建造物の旧北海道拓殖銀行小樽支店建物が
いくつもの変遷を経て、この9月1日、
「似鳥美術館」としてオープンしました。


1_似鳥美術館.JPG


2_似鳥美術館エントランス.JPG


早速、似鳥美術館の展示作品の一部をご紹介します。
(写真は許可をとって撮影しています)


3_近代日本画(似鳥美術館).JPG


4_近代日本画(似鳥美術館).JPG


4階から。
4階は横山大観をはじめとする「近代の日本画」が集まっています。
人気がある著名な画家の作品も多数あり、親近感を覚えます。


5_黒田清輝ほか洋画(似鳥美術館).JPG


3階は海外・国内の画家による「洋画」。


6_岸田劉生(似鳥美術館).JPG


こちらは似鳥美術館の目玉のひとつとなる収蔵品、
岸田劉生氏の「黒き土の上に立てる女」。
ぜひ、肉眼で作品を見てください。


7_洋画(似鳥美術館).jpg


日本画の階とはガラリと変わった雰囲気の中で洋画を鑑賞しました。


8_高村光雲彫刻(似鳥美術館).JPG


9_観音_高村光雲彫刻(似鳥美術館).JPG


2階には「棟方志功」作品と「高村光雲とその弟子たち」の作品です。
圧巻の棟方志功作品に加え、細部をじっくり見られる彫刻(写真)。


10_アールヌーヴォー・アールデコ(似鳥美術館).JPG


地下1階は「アールヌーヴォー・アールデコ グラスギャラリー」。


12_アールヌーヴォー・アールデコ(似鳥美術館).JPG


ガラスの街でもある小樽では、ときおりアールヌーヴォー、
アールデコ作品を目にすることがあるかもしれません。


14_アールヌーヴォー・アールデコ(似鳥美術館).JPG


そのような中、こちらでは、アールヌーヴォー・アールデコの代表的工芸家、
エミール・ガレ、ルネ・ラリック、ドーム兄弟などの作品が集められ、
地下に足を踏み入れると、アールヌーヴォー、アールデコの世界を堪能できます。


17_アールヌーヴォー・アールデコ(似鳥美術館).JPG


絵画から工芸品にいたる芸術作品を間近に見られる似鳥美術館ですが、
意外なところにも文化の一端を目にすることができました。


19_階段.JPG


20_階段壁.jpg


かつて拓殖銀行だった建物をホテルなどに改装した際にできた
削られた壁は、建築当時の部分がむき出しになったものだそう。
階段を利用した時に目にすることができました。


21_踊り場.JPG


現在は階段の踊り場となっている場所は、
高級ホテルの1室として使用されていたこともあるそう。


23_孔雀.JPG


こちらは、1階「ミュージアムショップ」で販売されているガラス工芸品。


25_タコ.JPG


26_クラゲ.JPG


ユーモラスにも見える動物の工芸品を含め、たくさんのガラス工芸品が並び、
思わず見入ってしまう楽しさがあります。


22_グラスギャラリー.JPG


2階から見た1階の「ミュージアムショップ」。
建物の趣きを感じられるスポットでもあります。
1階の床模様が見られるのも2階から。


美術品と建物の風情を一緒に楽しめる似鳥美術館。
特に北海道民にとっては、この建物を活用して今に生きていることにも
感慨深いものがあるミュージアムです。


小樽芸術村料金表.jpg


【似鳥美術館】(旧北海道拓殖銀行小樽支店)
所在地:北海道小樽市色内1-3-1(小樽芸術村内)
TEL: 0134-31-1033
開館時間: 5月-10月 9:30~17:00
      11月-4月 10:00~16:00
休館日: 5月-10月 無休
     11月-4月 水曜(祝日の場合は翌日)
*企画展開催・展示上げ等により臨時休館・休館日変更有り。
*アクセス*
・JR「小樽駅」より徒歩約10分、タクシーで約3分
・JR「小樽駅」中央バスAのりば(樽石ビル前)「➈小樽運河ターミナル」行き乗車、
「小樽芸術村」停留所下車。


関連サイト
小樽芸術村


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年9月28日
« 前の記事「「ステンドグラス美術館」を体感!@小樽芸術村」へ
»次の記事「北海道余市町産ブドウ由来のワインが一同に!「中根商店」~北海道余市町」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌駅界隈で、海鮮もジンギスカン鍋も「七輪焼き」で楽しめる「ヤマタケ水産食堂」
2019年の「さっぽろホワイトイルミネーション」スタート
11月初旬の北海道ドライブ~胆振・後志
札幌で、平年より10日遅い初雪
札幌・琴似でイタリア・ローマを味わう「ヴェッキアローマ」
札幌中心部より車で約30分。手稲山と紅葉を見ながら秋の森林浴
札幌駅北口でお寿司と旬の肴! 「寿司と炉端焼 四季花まる」
北大散策帰りに! 欧風の雰囲気漂う古民家イタリアン「ダイニング&バー ル クレエ」
1年前の同じ月に投稿された記事
10/1まで!『さっぽろオータムフェスト2016』
豪快、海産ボリュームたっぷりの前浜ラーメンと魚定食「お食事処 前浜」(石狩市厚田)
サイクリングイベント「ツアー・オブ・カムイ」と廻った石狩市・当別町の風景【後編】
サイクリングイベント「ツアー・オブ・カムイ」と廻った石狩市・当別町の風景【前編】
ススキノの夜を見下ろしながら禁断の締めパフェ
ススキノ界隈で肉を存分に味わう。フレンチ串焼きスタイル『SAPPORO BROCHETTE』
「Pain de Laboratoire H」、白い恋人パーク近くのかわいいパン屋さん

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集