海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 『層雲峡温泉 氷瀑まつり2018』、準備着々!1/...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月12日

『層雲峡温泉 氷瀑まつり2018』、準備着々!1/25~3/18開催


メール プリント もっと見る

『層雲峡温泉 氷瀑まつり2018』、準備着々!1/25~3/18開催

旭川より車で約66kmにある「層雲峡温泉」では、
毎年、1月より氷祭り「層雲峡温泉 氷瀑まつり」を開催します。


開催に先駆け、製作現場を見せていただきました。


24_1_entrance_PC300168.JPG


"Icefall in the site of Sounkyo Ice Waterfall Festival which is being prepared"


会場に着くとすぐに目についた氷瀑。


22_2_site_PC300365.jpg


"Ishikari River which runs through the site of Sounkyo Ice Waterfall Festival"


氷瀑会場を縫うように流れる石狩川。
層雲峡は北海道上川町にあり、
上川町は石狩川源流の町でもあります!


23_2_Ishikaririver_PC300196.jpg


層雲峡温泉の一角にある「氷瀑まつり」会場は、
思っていたより広く、氷瀑の数・大きさも想像以上です。


21_3_temprature_PC300252.JPG


この日の気温はマイナス8℃。
外へ出ただけで、一気に冷気が押し寄せる状況下、
スタッフの方々は、水と氷のなかで作業しています。


21_4_mainstatue.JPG


18_7_bridge.jpg


20_5_viewpoint.JPG


19_6_shrine.jpg


"Ice Statues derived from Hokkaido because of the year, 2018, which is the 150th memorial year after the name, Hokkaido was given"


2018年は"北海道"と命名し150年のため、
北海道をテーマにした氷像も作っているそうです。
例えば、赤れんが庁舎や時計台など。


17_8_sprinkler.JPG


早速、製作のようすを見せてもらいました。
スプリンクラーで細かな水を絶え間なく吹きかけています。


15_10_well.JPG


そして吹きかけている水は、
水道の水でも石狩川の水でもありませんでした!


よりきれいな水を求めて、毎年、井戸を掘って汲み上げているそうです。
きれいな水を使うと、氷像・氷瀑がきれいな青になるからとか。


14_11_sprinkler2.jpg


8_16_9_sprinkler.jpg


井戸から汲み上げた水は、24時間吹きかけられます。
それは一度止めると、水が凍結しすぐには使えなくなるからです!


13_12_sprinklerwithice.JPG


12_13_watertubewithice.JPG


さらには、朝、作業開始前にスプリンクラーや
水道管(チューブ)の氷を取り除くことから始めなくてはならないそう。


私も冬には"水道管の凍結"に気をつける習慣がある北海道民ですが、
氷瀑まつりの準備で、水の凍結に苦労しているなどということは、
夢にも思いませんでした。


10_15_shrineentrance.JPG


吹きかけられた水は、すでに凍っている部分を伝って下に落ち、
その過程で少しずつ長さや厚みを増していきます。


途中、スプリンクラーの細かな水粒が体にかかりましたが
あっという間に凍り、ダウンコートの表面は
細かな氷の粒でパリパリに!


この寒さの中、自然に依るところも大きい準備作業では、
雪や風の影響で、氷の形が変わることもしばしばあるそうです。


11_14_entranceofshrine.JPG


早速、製作中の「神社」の中を見せてもらいました。


9_15_shrinewithsleigh.JPGのサムネイル画像


6_17_icepiller2.JPG


3_20_icepiller&light.JPG


5_18_icicle.JPG


2_21_view.jpg


井戸で汲み上げた"よりきれいな水"からできた氷は、
外側から見る以上に青く美しい氷でした。


最近は、住宅事情が変わり、あまり見られなくなったツララも
ここではたっぷり鑑賞できました。
(開期中、ツララの鋭い先端は安全のため除去されます)


開催期間中、夜のカラフルなライトアップが有名な氷瀑まつりですが、
日中の青い氷もまた神秘的です!


1_22_slope.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像


1/25(木)~3/25(日)までの開期中、
会場では、設けられたステージでのイベント、
温かい飲み物などの販売ブース、
ゴムチューブで滑る"氷の滑り台"↑(製作中)などが楽しめます。


2018年は、年明け早々に雨が降るなど、少し暖かめの北海道ですが、
ここ、氷瀑まつり会場の上川町では、
北海道らしい冬を存分に体感できます!


日中でも氷点下10度前後まで気温が低下するので、
特に夜は"さっぽろ雪まつり"以上に
防寒をしっかり整えておでかけください。


【層雲峡温泉 氷瀑まつり2018】
開催期間:2018年1月25日(木)~3月25日(日)
会場:北海道上川郡上川町層雲峡温泉特設会場
開催時間:10:00~22:00
料金:協力金300円
TEL(層雲峡観光協会):01658-5-3350


関連サイト
層雲峡温泉 氷瀑まつり2018
層雲峡観光協会

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年1月12日
« 前の記事「ニセコで「杏ダイニング」のこだわり食材&グルテンフリーランチとペントハウス@木NISEKO」へ
»次の記事「北海道上川町・層雲峡温泉グルメ、本格イタリアン「キャニオン」と「上川大雪酒造 緑丘蔵」の地酒」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    駒ヶ岳を追いかけて~シーニックバイウェイ北海道 「函館・大沼・噴火湾ルート」
    2018年3月オープンの北海道・七飯町「道の駅 なないろ・ななえ」で舌鼓!
    本日、4/7オープン!北海道立近代美術館前にスイーツの北菓楼新店舗「KITAKARO L」(キタカロウ エル)。
    『ラ・ジョリー元町 by WBF』で、至福の函館ステイ。
    おぐに牧場の"HO9TO(北斗)プライムビーフ"を丸ごと堪能!「函館・STEAK+WINE ひげバル」
    渡島ドライブ~八雲PA / 噴火湾パノラマパークで小休憩(八雲町)
    "北海道×ハワイアン"のおいしいひとときを札幌駅近くで。THE Lani Kau(ザ・ラニカウ)
    苫小牧で、ピッツァをリベンジ。「カフェ&パスタ カフェリア」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お土産にも自宅用にも!「ソラチの札幌スープカレーの素」
    北海道・空知エリア、雪とマイナス気温の風景
    パッケージも印象的!キャラメルサンドクッキー「北一条通り物語」
    北海道・夕張で映画三昧の5日間。ワールドプレミア作品も!「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」
    新鮮たまご&たまごスイーツの「Mother's」(マザーズ)
    氷と雪と無音を楽しむ44日間限定の「ICE STAR HOTEL」滞在体験がスタート@札幌・真駒内(1/14~2/26)
    北海道神宮で初詣

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都仙台和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集