海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 日本最北の温泉郷 "豊富温泉"...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月25日

日本最北の温泉郷 "豊富温泉"で温活・肌活・氷活!(豊富旅後編)


日本最北の温泉郷 "豊富温泉"で温活・肌活・氷活!(豊富旅後編)

日本最北エリア旅、豊富町といえば「豊富温泉」。


27_1_busstop_P1140374.JPG


26_2_onsensignage_vertical_P1140348.JPG


日本最北の温泉郷でもあります。


24_3_oilbath_P1130116.JPG


23_3_oilbath2_P1130117.JPG


豊富温泉の特徴は、たっぷりの天然オイルを含んだ温泉水↑で、
肌関連の湯治場として全国的に有名なところです。
(写真は許可を得て撮影しています。)


空気が特に感想する冬季の肌には嬉しい温泉水。
茶色に見えているのがオイルの塊です。


25_3_fureaicenter_P1140260.JPG


こちらは、日帰り入浴ができる町営温泉入浴施設「ふれあいセンター」。


22_4_centerticket_P1140259.JPG


湯治用と一般用、二種類のお風呂があります。
湯治用はオイルの量が多く、また、営業開始直後が
オイルが最も多い時間帯だそうです。


温泉に詳しい温泉ビューティー研究家で旅行作家の石井宏子氏 に伺ったところ、
豊富町の温泉水は特に塩分が濃いので、
最後にシャワーで洗い流してちょうどよいくらいだそうです。


また、一度に温泉水につかっている時間も15分程度が目安だそう。
長時間入りすぎると、温泉水のパワーで湯あたりしやすくなるからです。


21_5_bokkesignage_P1140398.JPG


20_6_bokkecafe_P1140388.JPG


こちらは、温泉街にあるカフェスペースを備えた多目的施設。


17_8_bokkemenu_P1140389.JPG 19_6_jam_P1140396.JPG 18_7_eggs_P1140390.JPG


カフェ利用のほか、特産品も販売しているので、
お土産探しにも便利です。


16_9_furattokita_P1130077.JPG


15_9_woodenball_P1130080.JPG


ちなみに温泉街ではありませんが、豊富町内の施設「ふらっと★きた」。
図書館や多目的スペースのほか、屋内公園「ふれあい広場カンガルー」があり、
写真は「木のプール」の木製ボールです。
子供連れの旅に立ち寄ってみても便利かもしれません。


14_10_kawashimainn_P1140242.JPG


今回の豊富温泉旅で宿泊した「川島旅館」。


P1130138.JPGのサムネイル画像

マイナス気温の屋外とは打って変わり、
薪ストーブの威力で旅館内はポカポカです。


川島旅館の露天風呂では、気がつくと髪の毛が凍っていましたが、
(最低気温がマイナス19.7℃の日でした)
内風呂に入り、このストーブの前でくつろげば体はポカポカに。

13_12_potdish_P1130150.JPG


12_13_benisen_P1130189.JPG


川島旅館での食事は、川島旅館伝統の"出汁"が利いた寄せ鍋に始まり、
地元のエゾシカ肉を使った料理など、バリエーションが豊富。


11_14_butter_P1130203.JPG


そして川島旅館最強(?)のメニューは、こちら。
これは、すべて川島旅館が豊富牛乳から作る「バター」です!


ウニや利尻昆布、みそなど、種類の豊富さに、まず驚きます。
そしてこのバターをどうするかというと...


10_15_ricewithbutter_P1130208.jpg


熱々ごはんと一緒に醤油を一滴たらしていただきます!


道外の方は驚くかもしれませんが、バター醤油ご飯は、
道産子のソウルフードのひとつといえるかもしれません。


そしてこの「BUTTER FIELD」(1個840円~)は、
ミルクの香りが強すぎないバターで、さわやか。
サワークリームに近い軽やかさで、つい、食べ過ぎます。


さらに、ウニや昆布、みそなどのフレーバーバターは、
(バターとのコラボレーションがこれもまた意外に合っています!)
醤油なしでも、ごはんにぴったりのおかずに。


バター醤油ごはんは、川島旅館の朝の定番だそうです。


8_17_toyotomionsen_P1140245.JPG


さて、温泉や食事で体を温め、私の乾燥肌にもよい温活・肌活を行ったのですが、
豊富温泉で感激した活動はもうひとつ。
「氷活」!
ちまたで流行っているという"霜活"ならぬ、
つららや窓氷、雪の結晶など氷にまつわる写真を撮る「氷活(氷雪活)」に
ピッタリの地、豊富町ならでは写真が撮れました。


9_16_twilight_P1130123-001.jpg


最近、札幌などでは見ることが少なくなってきたツララ。
温泉からの暖かい空気を得た結果できるのか、
順調に伸びている軒下のツララ!


7_18_snow crystal_P1140251.jpg


滞在中、最低気温はマイナス24℃まで下がり、
朝8時半でマイナス17.5℃に。


5_20_Mt.Rishiri_P1140248.JPG


そしてこの日、川島旅館前の通りに出てみると、
日本海側の真正面に"利尻富士"が見えました。


雪が積もった利尻富士に朝日のスポットライトが当たっているよう。
このようにくっきり見えることは、なかなかないそうです。


6_19_snow crystal_vertical_P1140258.JPG


そんな冷え込んだ朝には、これもまた美しい雪の結晶、
さらには樹氷まで見られました。


P1140368.JPG


毎日ではありませんが、朝8時、9時頃までマイナス10℃以下の気温のため、
特別な早起きをしなくても、結晶や樹氷を見やすいと思います。


4_21_expresssarobetsu_P1150512.JPG


そして翌日、前日の朝とは打って変わり雪模様。
帰りは稚内からの特急サロベツに乗り、
旭川で特急ライラックに乗り換えます。


3_22_dew_horonobe_P1150559.jpg


幌延の辺りで。
窓に打ち付ける雪が水滴となって貼りついています。


2_23_otoineppu_P1150056.JPG


1_24_bifuka_P1150091.JPG


ところが、音威子府町・美深町を通り過ぎる頃には、
光が差してきました。


1_25_otoineppu_teshio_P1150646.JPG


日の光で明るくなったなか、帰り道でも
大好きな天塩川を見ることができました。
(天塩川の写真でぼんやりと白く写っているのは水滴です。)


0_26_souvenir_P1160675.JPG


温活・肌活、氷活まで満喫した豊富町旅の最後は、
豊富町から持ち帰ったお土産で旅を思い返して〆ました。


ひとつだけ心残りがあるとすれば、ご当地グルメの
「豊富ホッキチャウダー」を食べていないこと。
次回チャンスがあれば、ぜひ、豊富ホッキチャウダーを食べようと思います。


関連サイト
町営温泉施設ふれあいセンター
豊富町公式HP 湯の杜ぽっけ
豊富町公式HP ふらっと きた
北海道豊富温泉 川島旅館

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 天気・気候・気温 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2018年1月25日
« 前の記事「北海道最北エリア、宗谷郡豊富町へ。特急宗谷&サロベツ&ライラックに乗って。(豊富旅前編)」へ
»次の記事「夜景と一緒に味わう『大人パフェ』@ANAクラウンプラザ札幌 「スカイラウンジ サッポロビュー」」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    "紅葉北海道2018"~定山渓温泉(札幌)
    【札幌ーニセコエリア】日帰り紅葉狩りドライブ
    札幌狸小路でディナーもお酒も!イタリアンのレストランバー"モディッシュ"
    元気です!大通公園。実りと食の秋、北海道に到来
    温泉ホテルでリラックス&バーベキュー@うたのぼりグリーンパークホテル(枝幸町)
    地球のパワーを感じるような神秘の趣き。オホーツクライン・枝幸町のウスタイベ千畳岩
    【枝幸町】日本最北エリア、"オホーツクえさし"で海の幸ランチ
    "オホーツクブルー"を見に、日本最北エリアの"枝幸(えさし)町"へ!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お土産にも自宅用にも!「ソラチの札幌スープカレーの素」
    北海道・空知エリア、雪とマイナス気温の風景
    パッケージも印象的!キャラメルサンドクッキー「北一条通り物語」
    北海道・夕張で映画三昧の5日間。ワールドプレミア作品も!「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」
    新鮮たまご&たまごスイーツの「Mother's」(マザーズ)
    氷と雪と無音を楽しむ44日間限定の「ICE STAR HOTEL」滞在体験がスタート@札幌・真駒内(1/14~2/26)
    北海道神宮で初詣

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集