海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 美瑛の夜は、隠れ家的ワインバー "Vin...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月20日

美瑛の夜は、隠れ家的ワインバー "Vin Verre(ヴェン・ヴェール)"でディナー。


美瑛の夜は、隠れ家的ワインバー "Vin Verre(ヴェン・ヴェール)"でディナー。

冬の美瑛町で初めて宿泊した夜。
美瑛町観光協会の青い池・白ひげの滝バスツアーを終えたあと、
ペンションや温泉旅館ではなくホテル泊だったので、
外で夕食を取ろうとレストランに向かいました。


11_1_appearanc_P1220705.JPG


"Wine Bar, Vin Verre near the Biei Station in Biei Town"


冬の美瑛町は、最近、特に日中は観光客で激込みの影響もあるからか、
夜の営業を予約があった場合のみにするお店や、
お昼の営業のみのお店が多くみられます。
そのような中、救世主のように現れたワインバー"ヴェン・ヴェール"。


10_2_interior_P1220825.JPG


"In the wine bar, Vin Verre"


お店に入ると最初に目に入ったのがディスプレイされたレコードジャケットと
本棚に並んだ"地球の歩き方"。
初めてのお店にもかかわらず、一気に親しみが湧いてワインを注文します。


フレンチのオーナーシェフは、美瑛とワインをこよなく愛する移住者で、
フレンチのみならず、美瑛町には見かけない"お好み焼き"もメニューにあり、
仕入状況によっては、メニューにない料理も作っていただけることがあります。


9_3_hors d'oeuvre_P1220767.jpg


8_4_salad_P1220781.JPG


早速、こちらはメニューボードにはないオードブルとサラダ。
オーナーシェフがひとりで切り盛りしているので、
店内の込み具合によっては難しい場合もありますが、
会話をするうちに「では、これを作ってみましょうか?」と
旅人、特にひとり旅には嬉しい申し出もいただきました!


7_5_wine_P1220708.JPG


前述の通り、ワインをこよなく愛するというオーナーシェフ。
ワインをお客さんと楽しみたいためにお店を開いているほど、
と言う通り、店舗奥で特別に見せていただいたワインセラーがすごい!


6_bottles of wine_P1220740.jpg


そのなかでもとっておきの秘蔵ワインを写真だけ撮らせていただきました。


1番左が一般的なブティユ(750ml)。
左から2番目はマグナム(ブティユ2本分)。
3番目はジェロボワム(ドゥブルマグナム/ブティユ4本分)。


大人数でのグループで予約があった場合などには、ぜひとも開けたい!
と思っていらっしゃるというワイン群。
(今回は、恐れ多くていただいてはおりません。)


ヴェン・ヴェールのグラスワインは、白・500円、赤・600円。
とても良心的な価格ですが、出てくるワインはどれもおいしいものばかり!
さすがのワインバー、ワインが大好きなオーナーシェフのお店です。
ちなみにボトルワインは2,500円~、ハートランドビール600円、各種ジュースは300円です。


5_7_bieipork_P1220784.JPG


"Biei Pork Steak"


そしてここで美瑛町に来たら"びえい豚"を食べたかった旨の話をしていると
またしてもメニューにはなかったのですが「ちょうど"びえい豚"があるので、
ステーキにしてみますか?」と、作っていただいた「びえい豚のステーキ」(2,000円)。


4_8_steak_P1220803.JPG


この厚さでいただく"びえい豚"の贅沢なステーキは、
脂身が甘く、どこを噛んでも味わい深い!
わがままをいって焼いていただいて、本当によかったです。


3_9_hamburger_P1220808.JPG


"Hamburger with fried egg"


ところで、こちらのお店の人気メニューは「ハンバーグ」(ライス付き900円)。
特に某国人の間では、ブログでこちらのハンバーグがおいしいと拡散されているとのことで、
この夜、外国人女性おひとりで来店し、ハンバーグとワインを堪能されていました。
ランチタイムには、かなりの人数の外国人の方々が来店するそうです。


P1220809.JPG


ハンバーグの厚さ、写真でわかっていただけるでしょうか。
そしてとてもジューシーです。


1_11_pasta_P1220814.JPG


"Spaghetti seasoned with tomato sauce"


こちらは裏メニューパスタ(800円/時価)。
かなりおなかがいっぱいでしたが、ほどよい酸味のパスタは
それほど時間をかけずに、お供のワインとともに消えていきました。


さらに夜が更けた頃、四国出身というシェフ特製のうどんで〆ました。
(肉うどん/600円はメニューにあります。)


美瑛の早い夜にはとても嬉しい、そしてワイン好きには特におすすめしたい
料理がとてもおいしいワインバー「ヴェン・ヴェール」は、
美瑛にお泊まりの際、ぜひゆっくりと時間を過ごしてみてください。


なお、来店の際は念のためfacebookなどで確認・予約を入れることをおすすめします。


【ワインバー ヴェン・ヴェール】
北海道上川郡美瑛町中町1-4-14
営業時間: Lunch 11:00~14:00
      Dinner 18:00~23:00
定休日: 不定休
*アクセス*
・JR美瑛駅より徒歩約5分(約430m)


関連サイト
・facebook: Vin Verre


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年2月20日
« 前の記事「夏とは異なる魅力!「白金青い池」ライトアップ@美瑛町」へ
»次の記事「おいしく燻した市川燻製屋本舗の"SMOKED HOKKAIDO 燻"シリーズ」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    "回転"が結んだ縁。京都と北海道のコラボディナー&ランチを札幌と京都で!
    北海道を応援してくださる皆さまへ。北海道は元気に活動中!札幌より報告 & 『白い恋人パーク』もハロウィーンモードで営業中。
    『Cup 4 Life』手作りスイーツがおいしい、閑静な住宅街の隠れ家的リノベーションカフェ
    北海道の夕日、春・夏・秋・冬
    【長沼町】人気の"タンネトウ"ブランド、長沼ジンギスカンを直営店「成吉(じんきち)」で。
    新千歳空港から車で15分のサンクチュアリ「ウトナイ湖」で自然浴
    "目からウロコ"なお米ごはんのおいしい"お供"いろいろ@「あじと Cafe HIHI"NO」
    「ゆにガーデン」で花と景観を楽しむ~北海道由仁町
    1年前の同じ月に投稿された記事
    北海道産牛肉「十勝若牛」の赤身ステーキ
    全国一のブルワリー数を誇る北海道でクラフトビールを!
    スイーツとパンの『morimoto(もりもと)』、"十勝若牛の贅沢カレーパン"新発売。発売日2/24から3日間は特価販売も
    2017冬季アジア札幌大会ファンビレッジで見つけた各会場アクセス情報
    新鮮刺身盛りの海鮮居酒屋『にほんいち地酒蔵』オープン!地酒・北の勝「搾りたて」も数量限定提供(2/22現在)
    2017冬季アジア札幌大会「ファンビレッジ」@チカホ(札幌駅前地下歩行空間)
    斬新な"スーパーフード"料理を広東のやさしい味で。「広東料理 南園」
    2017冬季アジア札幌大会開幕!札幌・帯広を会場に無料観戦競技も。2/19~2/26まで。
    大将のひと手間、ふた手間が光る『鮨 無双』、ときには漁師さん直配のネタも!
    「小樽雪あかりの路19(2017年)小樽運河会場」+「あったマルシェ」を振り返って
    ひとつのコースで異なる印象の料理5品。"スーパーフード"食材のランチ~チャイニーズダイニング黄鶴
    第68回さっぽろ雪まつり、パリの凱旋門が圧巻でした!
    目を見張る光の美しさ「第11回ゆきあかり in 中島公園(2017) 」児童会館前広場編~2/12(日)まで
    思わず出る感嘆の溜息...「第11回ゆきあかり in 中島公園(2017) 」日本庭園編~2/12(日)まで
    さっぽろ雪まつり「すすきの会場」の「すすきのアイスワールド」
    新体験!中華「スーパーフード」ランチと「オホーツク食材」ランチと、「ほっけのペンネグラタン」
    小樽雪あかりの路19(2017年)~手宮線会場
    札幌・麺屋サスケの植物由来・低カロリー・バリアフリー味噌ラーメン「サムライラーメン旨味」。ベジタリアン、ビーガン、ムスリムにも対応
    毎週末は"オーガニックパン"も販売、天然酵母・北海道産小麦パンの「シロクマベーカリー」
    タイガーナッツ、塩麹、スプラウト、マキベリー...厳しい冬をおいしく乗り切る"スーパーフード"な「温食健美」四川料理
    第68回さっぽろ雪まつり、準備着々。2017年は2/6(月)~2/12(日)開催!

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集