海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > ホテルオークラ札幌で、札幌のお隣"江別&...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 6日

ホテルオークラ札幌で、札幌のお隣"江別"のおいしいものを堪能できる「江別フェア」開催中。3/31(土)まで


ホテルオークラ札幌で、札幌のお隣"江別"のおいしいものを堪能できる「江別フェア」開催...

北海道各地の食材をエリアごとに焦点を当て、
1カ月ずつ全館レストラン・ラウンジを通じて紹介する"ホテルオークラ札幌"恒例フェア、
2018/3/31まで、札幌の隣町、江別市の食材をふんだんに盛り込んだ
ランチとディナーを提供する「江別フェア」を開催しています。


26_0_ebetsu_P4100796.JPG


25_0_butterbuds_P4100790.JPG


"Country view of Ebetsu City in April, which is located next to Sapporo City"


江別は札幌に隣接する緑豊かな市で、れんがの生産量が全国有数であると同時に
農産物の生産地としても知られ、札幌に近いながらも食材が豊富なところです。
特に最近では、パン用小麦や麺類用小麦の生産地として知っている方もいるかもしれません。


24_0_ebechun_2011.10.17 (1).JPG


"Muscot character of Ebetsu, Ebechun"


ちなみに江別市を代表するゆるキャラは、頭がレンガでできている"えべチュン"↑。


23_1_ad_P2280504.JPG


3月は、ホテルオークラ札幌の洋食レストラン"コンチネンタル"、中国料理"桃花林"、
きょうど料理亭"杉ノ目"の3点で、江別産の食材を使ったコース料理のほか、
コンチネンタルでは毎週日曜開催の"サンデーブランチブッフェ"(3/4・11・18・25)で
江別産食材を使った料理を提供しており、今回は、その中でもランチメニューを中心に
江別フェアを通じて江別の豊富な食材をご紹介します!


22_2_wester_P2280419.JPG


"Riviere Lunch with foodstuffs from Ebetsu City, which RESTAURANT CONTINENTAL serves"


写真↑はレストラン コンチネンタルの
「リヴィエール ランチ~豊かな川が流れる江別の恵み~」(2,600円)。
ランチ名は江別市を流れる石狩川から。


・ラーメンサラダ(菊水の江別小麦生ラーメン)
・ポタージュクレイシー(菊田食品のおから)
・本日の白身魚 ブールブランソース
・ドリームポークのトマト煮込み(トンデンファームのドリームポーク)
・サラダテーブルよりお好みで ・パンorライス
・いちごのマリネ豆乳入りアイスクリーム添え(菊田食品の豆乳)
・コーヒーor紅茶


以上はコースの内容です。
(カッコ内は、江別の食品加工会社とその食材名)


17_8_salad_P2280428.JPG


"Salad from salad buffet with 10 kinds of salad and 5 kinds of dressing"


10種類以上のサラダと5種類のドレッシングが用意された「サラダテーブル」が
コースに含まれており、野菜もたっぷりいただけます。


21_3_japanese_P2280432.JPG


"Soshun Gozen Lunch (Set meal lunch for the early spring) of Crab and Hokkaido cuisine, SUGINOME"


こちらはきょうど料理亭"杉ノ目"の「早春御膳~江別フェア」(2,100円)。


・グラタン(町村農場の牛乳)
・うま煮と野菜の炊き合わせ(トンデンファームのアースドリームポーク)
・豆乳入り茶碗蒸し(菊田食品の労乳)
・胡麻つけ麺(江別製粉の小麦「はるゆたかブレンド」の麺)
・帆立貝のお造り とびっ子のせ ・青菜ときのこの和え物 ・山菜入り炊き込みご飯
・味噌椀 ・香の物 
・蒸しカステラ バニラアイス木苺ソースかけ(江別製粉の小麦使用)


以上10品のランチコースです。


ちなみに中国料理桃花林の「楊貴妃ランチ~江別から」(2,600円)の内容は、


・味噌漬け鶏肉の焼き物入り前菜の二種盛り合わせ(岩田醸造の「田園江別味噌」漬け)
・白菜と生姜の豆乳スープ(菊田食品の豆乳)
・野菜の湯引き 香港スタイル
・絹豆腐と生湯葉の桜海老あん(江別大豆でつくった絹豆腐)
・海老とイカのチリソース煮
・アースドリームポーク入りあんかけ焼きそば(トンデンファームのアースドリームポーク、
江別製粉「はるゆたかブレンド」使用の麺)
・黒胡麻プリン 一口菓子(町村農場のヨーグルト/ヨーグルトのソースに使用)


以上の通りです。


いずれもおいしい料理ばかりですが、いくつかピックアップ。
まずは"麦の里"でもある江別の小麦を使った麺のお料理です。


18_7_noodle_P2280436.JPG


"Noodle with sesami soup to dip of the Soshun Gozen"


杉ノ目・早春御膳の「胡麻つけ麺」。
和風で江別の麺を食べるなら、胡麻ダレで。


ramen salad with shrimp_P2280421.JPG


洋食コース"リヴィエール ランチ"のオークラ風フレンチラーメンサラダ。
(ラーメンサラダは札幌発祥です。)
シーザードレッシングとともに、ゆで麺と揚げ麺の
食感の違いも楽しめる一品です。


中国料理では定番のあんかけ焼きそばでなど、江別産の麺を
中華・フレンチ・和食の異なるテイストで楽しめます。


16_9_P2280433.JPG


"Steamed egg hotchpotch with soymilk from Soshun Gozen Lunch of SUGINOME"


こちら↑は「菊田食品の豆乳入り茶碗蒸し」。
早春御膳の一品です。


新札幌の商業施設などでも「とうふ工房 菊の家」の店名で豆腐などを販売する
菊田食品の大豆製品は、そのままでもとてもおいしいのですが、
お土産に持って帰るには少し遠い、と思う旅の途中の方々には、
ぜひ、この機会にレストランで味わっていただければと思います。


15_10_dessert_P2280423.JPGのサムネイル画像


"Dessert with soymilk icecream from the Reviere Lunch of the RESTAURANT CONTINENTAL"


菊田食品の豆乳は、リヴィエールランチのデザート、
アイスクリームにも使われています。


12_13_dreampork_P2280491.JPG

11_14_dreampork_P2280497.JPG


こちらはコンチネンタルの"サンデーブランチブッフェ"(3/4・11・18・25)の
ライブキッチンで提供する"トンデンファーム アースドリームポークの棒カツカービングサービス温野菜を添えて"。
目の前で最後の仕上げを見ることができる料理です。
写真↑は生方総料理長。


10_15_dreampork_P2280500.JPG


"Cutlet of the Earth Dream Pork from TONDEN FARM in Ebetsu City"


アースドリームポークの棒カツは、揚げてもとてもやわらかい
甘味が際立つお肉です。


9_16_chicken_P2280481.JPG


8_17_chicken_P2280445.JPG


"Grilled chicken seasoned with miso sauce of KOH-ITTEN IWATA in Ebetu City, from the YANG KUEI FEI Lunch of Chinese cuisine Toh Ka Lin"


こちらは"「田園江別味噌」漬け 鶏肉の焼き物入り前菜の二種盛り合わせ"。
楊貴妃ランチの一品です。
江別の岩田醸造が作る江別産大豆・米100%の「田園江別味噌」を塗ったチキンは、
味・香りとも香ばしく楽しめます。


7_18_soycurd_P2280483.JPG


6_19_soycurd_P2280447.JPG


"Silk-strained tofu which is made of soybeans from Ebetsu, and fresh yuba, with thick starchy sauce of sakura shrimp, from the YANG KUEI FEI Lunch"


こちらも楊貴妃ランチから「"江別大豆でつくった絹豆腐"と生ゆばの桜海老あん」。
豆腐好き、湯葉好きにはたまらない料理です。


このほか、ディナーメニューのみになりますが、江別で肥育された希少なブランド和牛
「えぞ但馬牛」が中国料理桃花林「広東美食紀行~江別から~」(8,400円)でいただけます。

20_4_bread_P2280414.JPG


"Rustic (rustic bread) made of the flour from Ebetsu Flour Milling"


こちらは「江別製粉小麦のリュスティック(田舎風パン)。
江別製粉小麦「はるゆたかブレンド」を使った小麦が香るパンです。


プレーンとゴマモッツァレラの2種類あり、
ゴマモッツァレラは小麦・チーズ・ゴマの香ばしさがひとつになった
とても贅沢な味わいです。


リュスティックは、プレーン(270円)とゴマモッツァレラ(324円)は、
ホテル1階の"ラウンジ プレシャス"で販売しています。

13_12_beer_P2280442.JPG


"Craft beer of Ebetsu"


江別ではクラフトビールも作られています。
そのひとつが江別名産小麦"ハルユタカ"を使った「江別小麦」。
ノースアイランドビールが製造するさわやかでフルーティーなホワイトエールです。
江別小麦ビールは、ホテル内のレストラン・バーで提供しています(1本1,100円)。


*  *  *  *  *


ここで、江別フェアでも使われている江別産食材を少し紹介します。


5_20_oyatsuin_P2280470.JPG


"Pancake mix, Oyatsuin from Ebetsu Flour Milling"


江別産小麦のほか、北海道内各地の小麦の製粉も手がける江別製粉の粉。
なかでもホットケーキミックスなどに使う「おやつイン」は、
ふっくらおいしいホットケーキやドーナツを作ることができるミックス粉です。
(余談ですが私は江別出身で、このおやつインを食べて育ちました。)
おいしいです!


3_22_miso_P2280480.JPG


"Denen Ebetsu Miso which is made of the soybeans and rice from Ebetsu, produced by KOH-ITTEN IWATA"


紅一点の味噌で知られる岩田醸造の「田園江別」。
(紅一点の味噌も我が家の定番でした。)


4_21_machimura_P2280479.JPG


"Products from Machimura Farm which is famous for the soft ice cream as well"


北洋ビッセにも出店している町村農場の牛乳が江別フェアで使われていますが、
牛乳のほか、ソフトクリームで知っている人も多いかもしれません。
(子供の頃は、町村農場から配達される牛乳を飲んで育ちました。)


2_23_ebetsunoodle_P2280475.JPG


"Various ramen noodles from Kikusui in Ebetsu, which manufactures noodle"

地元では菊水ラーメンで知られる麺製造会社「菊水」の商品です。
インスタントのえべチュンラーメンは、2017年に神戸で開催していた北海道フェアでも見かけました。


札幌最寄りの食糧生産地、江別の豊かな食材を一度に味わえる「江別フェア」。
ホテルオークラ札幌のランチやディナーで楽しんだのち、
以上の商品は、札幌駅や街中のどさんこプラザや丸井今井きたキッチン、
新札幌の商業施設などで一部購入できる商品もあるので、
気に入った商品は、お土産にしてもよいですね。


【ホテルオークラ札幌】
札幌市中央区南1条西5丁目
TEL:011-221-2333
*アクセス*
・地下鉄「大通駅」3番出口右階段より徒歩約1分


関連サイト
ホテルオークラ札幌
岩田醸造
江別製粉
えぞ但馬ビーフ・クラブ
ノースアイランドビール (江別小麦ビール)
菊水
菊田食品
トンデンファーム

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2018年3月 6日
« 前の記事「おいしく燻した市川燻製屋本舗の"SMOKED HOKKAIDO 燻"シリーズ」へ
»次の記事「JR美瑛駅より徒歩3分!「ホテル ラヴニール」でくつろぐ美瑛の旅」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    やさしいたまご味が濃厚なプリンとソフトクリームを"白老たまごの里 Mother's"で
    バードウォッチングをウトナイ湖のほとりで。
    北海道産食材の風味が引き立つ、やさしい味の広東料理@円山公園エリア
    新千歳空港から車で15分の絶景スポットで苫小牧グルメ@道の駅ウトナイ湖
    ドライブ途中で、コーヒーブレイク。徳光珈琲 石狩本店
    北海道の肉・野菜・さかなを炉ばた三昧で楽しむ、すすきのナイト@『肉と炉ばた さんど。』
    "パーラーエノキ"で、シメパフェから昼パフェまで。
    ハンバーグ&カフェ「bit better」。円山公園→北海道神宮参りの前後にランチ・カフェタイム・ディナー!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    宿泊客も一般客も!北海道の人気ベーカリーパン(日替わり)で1日を始める「シアワセな朝食」@クロスホテル札幌
    「ザ・バードウォッチングカフェ」~野鳥を眺めながらピクニック気分のカフェ&ネイチャーフォトギャラリー
    空港への道すがら、「新さっぽろ」で寄り道。北海道みやげ&グルメ~「サンピアザ」と「カテプリ」
    旅先で楽しむプレミアムフライデー!シャンパン「ローランペリエ ブリュットL-P」をフリーフロー(飲み放題)で♬
    空港へ向かう道すがら、途中下車の「新さっぽろ」でゲットできる、北海道産新鮮みやげ&北海道グルメ~大地ノ青果店
    ススキノでサッポロクラシックほか飲み放題と一緒に食べつくす"道産食材×パクチーたっぷり"料理。レストラン「サウスウエスト」@札幌 東急REIホテル
    札幌大倉山グルメ。特製ソフトクリーム、ラム肉料理、展望台とラムダイニング大倉山からの眺望!
    日本で2つ目の「オリンピックミュージアム」誕生@大倉山ジャンプ競技場
    ガッツリ男子、肉好き女子にもおススメ。サラダバーがある『BISTRO BON』ランチで"いけだ牛メンチカツ"を堪能
    解放感ある窓側特等席で、気軽な楽しいランチ。北海道イタリアンバル「ミア・ボッカ北2条店」@sitatte sapporo

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集