海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > JR美瑛駅より徒歩3分!「ホテル ラヴニール」でく...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月 8日

JR美瑛駅より徒歩3分!「ホテル ラヴニール」でくつろぐ美瑛の旅


JR美瑛駅より徒歩3分!「ホテル ラヴニール」でくつろぐ美瑛の旅

今冬、美瑛では2017年夏にオープンしたばかりの
「ホテル ラヴニール」に宿泊しました。


18_1_P1220437.jpg


"Hotel Lavenir near the Biei Station"


JR美瑛駅前を背に左手へ歩くこと、わずか3分ほど。
冬には、道道213号線(道道天人峡美瑛線)から見ると雪にすっぽりと包まれていますが、
道の駅「びえい丘のくら」にも隣接しており、お土産探しにも便利です。


17_2_guestroom_P1220494.jpg


16_3_desk_P1220495.jpg


"Guest room of the Hotel Lavenir"


客室は、すべてツイン。
ゆったりとした広めのつくりで、旅の疲れを癒すにも最適です。


13_6_amenity_P1220500.jpg


14_5_bath_P1220499.JPG


今のところ、オフシーズンにはひとりで宿泊する場合、
ツインをシングルユースできるので、ひとり、贅沢に部屋を使いました。


15_4_roundtable_P1220496.JPG


スペースに余裕があるので、大きな荷物でも楽に移動できて快適です。


10_8_restaurant_P1230863.JPG


"Restaurant on the first floor of the Hotel Lavenir as the one for breakfast and lunch, and as an Italian restaurant for dinner"


朝食は、ホテル1階のレストランで。


12_7_restaurant_P1220509.JPG


朝食会場になっているレストランは、昼には手軽なランチが楽しめるレストランとして、
夜にはイタリアンレストランとして営業しています。


11_9_japanese_P1230830.JPG


8_10_salad_P1230828.JPG


朝食は、洋食・和食メニューのビュッフェ形式。
農作物の宝庫でもある美瑛ならではの地元食材を中心に使ったメニューです。


7_11_potaufeu_P1230832.JPG


この日はポトフがありました。
イタリアンレストランのシェフが作ったポトフは、
スープと野菜の味が深く、おかわりしてしまいました。


6_12_breakfast_P1230844.JPG


朝は和食にすることも多いのですが、今回は、
美瑛産小麦「香麦」を使った手作りパンをいただきました。
美瑛産小麦は、香りが高いのでその名前がついたそうですが、
小麦香る芳ばしいパン、おいしくいただきました。


5_13_bakedpotato_P1230849.JPG


冬は、よりおいしくなるジャガイモをバターで。
朝から北海道らしい朝食で、体が温まります。


*  *  *  *  *


朝食を食べて元気になったら、出かける前に道の駅でお土産を探せる、
という点もこのホテルの便利なところです。


ホテルからつながっている道の駅「びえい丘のくら」では、
美瑛産のおいしそうなお土産がたくさん並んでいます。

P1220519.jpg


3_15_grain_P1220529.jpg


1_17_dressing_P1220522.jpg


美瑛で作られる農作物を使ったたくさんの種類の加工品があり、目移りします。


2_16_bieisoda_P1220537.jpg


その中で、やっぱり(?)飲みたくなるのがご当地サイダー。
北海道各地にあるご当地サイダーですが、美瑛では「美瑛サイダー」!


美瑛の風景をイメージしたサイダーで、
「青い池」「小麦畑」「夕焼けの丘」の3種類。
お土産でも、ホテルの部屋で飲んでもよいですね。


ちなみに"青い池"はレモン風味サイダー、"小麦畑"は一般的なサイダーの味ですが強炭酸、
"夕焼けの丘"は美瑛産ハスカップを使用した微炭酸サイダーです。
ちょっと重くはなりますが、お土産にしたい3種サイダーです。


また「びえい丘のくら」は、1か月ほど改修工事を行っていましたが、
先ごろ、リニューアルオープンしました。
装いも新たになった道の駅にもぜひ立ち寄ってみてください。


*  *  *  *  *


ホテル・ラヴニールでは、美瑛に多いペンションや温泉旅館のように
朝食と夕食がついた宿泊プランがあり、こちらも便利です。


なお、"ホテル ラヴニール"のイタリアンレストラン(ディナー)は不定休のため、
利用を計画している方は、念のため営業日を確認してみてください。


私が滞在した日は、欧米からの個人旅行客が多かったように思います。
便利な立地にあり、使い勝手がよい"ホテル ラヴニール"に滞在し、
初めての美瑛宿泊は、とても充実した旅になりました。
美瑛に宿泊したおかげで、朝の美瑛の丘散策もできました。


美瑛を訪れる際は、札幌からのバスツアーや旭川での宿泊をする旅行者も多いのですが、
美瑛に泊る旅もおすすめです!
ただ、美瑛でのホテル泊では、夜に食事をする場所は早めに確認、予約を入れるなど、
確保してからおでかけください。


【ホテル ラヴニール】
北海道上川郡美瑛町本町1-9-21
TEL: 0166-92-5555


道の駅【びえい丘のくら】
TEL: 0166-92-0920
営業時間: 9:00~18:00(6月~8月)
      9:00~17:00(9月~5月)
定休日: 年末年始(12/31~1/3)


*アクセス*
・JR「美瑛駅」より徒歩約3分(約190m・道道天人峡美瑛線沿い)
・旭川空港より「ふらのバス」で約15分(道路状況により変動有り)


関連サイト
ホテルラヴニール
・facebook:道の駅びえい「丘のくら」
・【Booking.com ホテルラヴニール

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2018年3月 8日
« 前の記事「ホテルオークラ札幌で、札幌のお隣"江別"のおいしいものを堪能できる「江別フェア」開催...」へ
»次の記事「美瑛の「ファミリーレストランだいまる」でご当地グルメ"カレーうどん"ランチ」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    【枝幸町】日本最北エリア、"オホーツクえさし"で海の幸ランチ
    "オホーツクブルー"を見に、日本最北エリアの"枝幸(えさし)町"へ!
    "回転"が結んだ縁。京都と北海道のコラボディナー&ランチを札幌と京都で!
    北海道を応援してくださる皆さまへ。北海道は元気に活動中!札幌より報告 & 『白い恋人パーク』もハロウィーンモードで営業中。
    『Cup 4 Life』手作りスイーツがおいしい、閑静な住宅街の隠れ家的リノベーションカフェ
    北海道の夕日、春・夏・秋・冬
    【長沼町】人気の"タンネトウ"ブランド、長沼ジンギスカンを直営店「成吉(じんきち)」で。
    新千歳空港から車で15分のサンクチュアリ「ウトナイ湖」で自然浴
    1年前の同じ月に投稿された記事
    宿泊客も一般客も!北海道の人気ベーカリーパン(日替わり)で1日を始める「シアワセな朝食」@クロスホテル札幌
    「ザ・バードウォッチングカフェ」~野鳥を眺めながらピクニック気分のカフェ&ネイチャーフォトギャラリー
    空港への道すがら、「新さっぽろ」で寄り道。北海道みやげ&グルメ~「サンピアザ」と「カテプリ」
    旅先で楽しむプレミアムフライデー!シャンパン「ローランペリエ ブリュットL-P」をフリーフロー(飲み放題)で♬
    空港へ向かう道すがら、途中下車の「新さっぽろ」でゲットできる、北海道産新鮮みやげ&北海道グルメ~大地ノ青果店
    ススキノでサッポロクラシックほか飲み放題と一緒に食べつくす"道産食材×パクチーたっぷり"料理。レストラン「サウスウエスト」@札幌 東急REIホテル
    札幌大倉山グルメ。特製ソフトクリーム、ラム肉料理、展望台とラムダイニング大倉山からの眺望!
    日本で2つ目の「オリンピックミュージアム」誕生@大倉山ジャンプ競技場
    ガッツリ男子、肉好き女子にもおススメ。サラダバーがある『BISTRO BON』ランチで"いけだ牛メンチカツ"を堪能
    解放感ある窓側特等席で、気軽な楽しいランチ。北海道イタリアンバル「ミア・ボッカ北2条店」@sitatte sapporo

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集