海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 美瑛の「ファミリーレストランだいまる」でご当地グル...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年3月12日

美瑛の「ファミリーレストランだいまる」でご当地グルメ"カレーうどん"ランチ


メール プリント もっと見る

美瑛の「ファミリーレストランだいまる」でご当地グルメ"カレーうどん"ランチ

このところ、夏のみならず冬も観光客が押し寄せている美瑛町。
今回、初めて冬にゆっくり滞在した美瑛町で、
新ご当地グルメを美瑛町観光協会でおしえてもらい、行ってきました。


1_restaurant_P1220473.JPG


"Family restaurant DAIMARU which is located near the JR Biei station, and serves Local Grumet, Biei Curry Udon (wheat noodle)"


JR美瑛駅から歩いて6分ほどのところにある「ファミリーレストラン だいまる」です。
駅界隈で「美瑛カレーうどん」を食べられるお店のひとつです。


2_signage_P1220469.jpg


美瑛町では、美瑛産の農畜産物を使ったご当地グルメとして、
町内の数店舗が「美瑛カレーうどん」を提供しており、
・つけ麺
・焼き麺
・かけ麺
と、3種類もあるのです。


かけ麺は、11月~3月までの期間限定ですが、
つけ麺・焼き麺は、季節に関係なく食べることができます。
(お店によって、提供するうどんの種類が異なる場合があります)


3_grilledcurryudon_P1220447.jpg


"Yakimen (grilled curry udon) Set Meal which is one of the Biei Curry Udon of the three kinds"


「ファミリーレストランだいまる」では、「焼き麺」(950円)をいただきました!


美瑛カレーうどんは、それぞれ定義があり、「焼き麺」は4点セット。
1. 美瑛産の豚肉・野菜・道産チーズをのせてオーブンで焼いた焼きカレー麺
2. 旬の地場産食材を使った各店舗オリジナルのスープ
3. 美瑛産野菜を中心にしたサラダ
4. 美瑛産牛乳を使った白いプリン


Wheat Noodle with Curry


"Yakimen Curry Udon with white sauce and local pork and vegetables"


最高気温が氷点が当たり前の美瑛の冬に嬉しい熱々の焼きうどん。
野菜とチーズがたっぷり入ったグラタンのようです。


こちらのお店の焼き麺の特徴は、ホワイトソースも使い、クリーミーな口当たり。
また、スープカレーとキーマカレー、両方の要素が入ったカレーソースが印象的です。


ほくほくしたゴロゴロカボチャの甘味とカレーのスパイスが食欲をそそり、
外歩きで冷えていた体がぽかぽか温まりました。


野菜とチーズ+カレーのコンビネーションは、
期待を裏切らない北海道の味がしました。


5_soda_P1220466.JPG


そして、美瑛といえば...「白金青い池」。


6_bluepondsoda_P1220445.JPG


"Local soda pop, Aoiike (Blue Pond)"


隣の席で、びえい豚の「美瑛とんかつ定食」(950円)をおいしそうに食べていた
(だいまるさんの通常メニューでは、このとんかつ定食が1番人気だそう)
韓国からのひとり旅女性が、これもまたおいしそうに飲むサイダーを見て、
私も思わず注文しました。


ご当地サイダーの「青い池」サイダー(250円)です。
レモン風味の爽やかな青いサイダーは、夏の青い池を思わせます。


おいしかった美瑛カレーうどん、冬限定の「かけ麺」
(煮込みうどんセット・カレー雑炊セット・デザート付き1,200円)も食べたかったのですが、
胃袋のスケジュール調整を誤り、今回は断念しました。


薫り高い美瑛産の香麦うどんとカレーのコラボレーションメニュー、
美瑛に行く際は、ぜひ食べてみてください。
美瑛カレーうどん以外の洋食メニューもボリュームたっぷりでおいしそうでした!


なお、美瑛カレーうどんを提供するお店は、季節・仕入状況によって
営業時間が異なる場合があります。
事前に営業時間を直接確認してから行ってくださいね。


【ファミリーレストランだいまる】
北海道上川郡美瑛町中町1-7-2
TEL: 0166-92-3114
営業時間: ランチ 11:00~15:30
      ディナー 17:00~20:00(L.o:19:30)
     (冬季のディナー営業は予約済み宴会のみ、ランチ営業は通常通り)
定休日: 水曜日
席数: 60席
駐車場: 15台
*アクセス*
・JR「美瑛駅」より徒歩約6分(約500m)


関連サイト
美瑛カレーうどん

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年3月12日
« 前の記事「JR美瑛駅より徒歩3分!「ホテル ラヴニール」でくつろぐ美瑛の旅」へ
»次の記事「北海道の最高を集めた「北海道ほっとけーき」"プレミアム"と"ボロネーゼ&q...」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    おいしい料理をお酒とともにゆったり、粋に。"そな田"の「き箱、前菜盛り込み」
    帯広で朝食・昼食・晩ごはん+おやつを食べるなら...パンと中華と老舗レストランと定番店!
    十勝・中札内村にある「六花の森」で5月に楽しんだ春の花畑
    十勝・大樹町グルメ~「サンジュリアン」ランチと「道の駅 コスモール大樹」でデザート
    春の南十勝・大樹町めぐり~タンチョウからエゾノリュウキンカ、コハクチョウ、やちぼうずまで
    北大散策のあとは北大総合博物館「ミュージアムカフェ・ぽらす」「ミュージアムショップ・ぽとろ」へ!
    気分は北大生。ノスタルジーと今・未来を感じる『北海道大学総合博物館』、6月~10月金曜は21時まで開館
    広がる水平線、ここで夕日を見たい!札幌の隣、石狩市厚田に「道の駅 石狩 あいろーど厚田」がオープン
    1年前の同じ月に投稿された記事
    宿泊客も一般客も!北海道の人気ベーカリーパン(日替わり)で1日を始める「シアワセな朝食」@クロスホテル札幌
    「ザ・バードウォッチングカフェ」~野鳥を眺めながらピクニック気分のカフェ&ネイチャーフォトギャラリー
    空港への道すがら、「新さっぽろ」で寄り道。北海道みやげ&グルメ~「サンピアザ」と「カテプリ」
    旅先で楽しむプレミアムフライデー!シャンパン「ローランペリエ ブリュットL-P」をフリーフロー(飲み放題)で♬
    空港へ向かう道すがら、途中下車の「新さっぽろ」でゲットできる、北海道産新鮮みやげ&北海道グルメ~大地ノ青果店
    ススキノでサッポロクラシックほか飲み放題と一緒に食べつくす"道産食材×パクチーたっぷり"料理。レストラン「サウスウエスト」@札幌 東急REIホテル
    札幌大倉山グルメ。特製ソフトクリーム、ラム肉料理、展望台とラムダイニング大倉山からの眺望!
    日本で2つ目の「オリンピックミュージアム」誕生@大倉山ジャンプ競技場
    ガッツリ男子、肉好き女子にもおススメ。サラダバーがある『BISTRO BON』ランチで"いけだ牛メンチカツ"を堪能
    解放感ある窓側特等席で、気軽な楽しいランチ。北海道イタリアンバル「ミア・ボッカ北2条店」@sitatte sapporo

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2渋川湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集