海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 2018年3月オープンの北海道・七飯町「道の駅 な...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月12日

2018年3月オープンの北海道・七飯町「道の駅 なないろ・ななえ」で舌鼓!


メール プリント もっと見る

2018年3月オープンの北海道・七飯町「道の駅 なないろ・ななえ」で舌鼓!

2018年3月に新たにオープンした道南エリアにある七飯町(ななえちょう)の
「道の駅 なないろ・ななえ」に立ち寄りました。


11_1_roadstation_P3280127.JPG


"Roadside Rest Area, Nanairo Nanae, in Nanae Town"


オープン間もないこともあり、平日でしたが、駐車場を見るだけでどれだけ多くの人で賑わっているかがわかるほど盛況な様相!
中に入ると、入って左手が特産をはじめとするお土産や農産品の販売、
右手にはフード・スイーツ販売を行っているスペースです。


10_2_guaranasoft_P3290358.JPG


"Guarana Soft Icecream"


テレビのニュースをはじめ、噂で聞いていた一番人気らしい「小原のガラナソフト」(\350)。
ソフトクリームは、このガラナソフト、ななえの林檎ソフト、ななえの牛乳ソフト(いずれも\350)と
3種類あるのですが、やはりここはガラナソフトをいただきます。


9_3_coupguarana_P3040003.JPG


"Ribbon Napolin and Co-up Guarana, which are popular soft drinks in Hokkaido"


もうすでにご存じの方も多いかもしれませんが、北海道で古くから親しまれている「ガラナ飲料」は、
ここ、七飯町に本社がある㈱小原は、日本でガラナ飲料が製造され始めたときからの会社で、
北海道でも「ガラナ飲料は、小原のコアップガラナが一番好き」という人は少なくありません。
(写真↑右がコアップガラナの大ボトル)


この道民が大好きなコアップガラナがソフトクリームになったというので、
ガラナ好きとしては興味津々です。


最も気になっていたのは"炭酸飲料"としてのガラナがソフトクリームになると、
物足りなさがないか...という点でした。
しかし...


8_3_guaranasoftwith_P3290361.JPG


"Guarana soft icecream with candy which click-clacks like soda, in a mouth"


食べてみると「おいしい!」と思わず目を見張りました。
飲料のガラナの風味そのままに、スッキリしていて甘すぎないので、
かなり暑い夏にも食べたいと思うソフトクリームです。


さらに\20+すると、ソフトクリームに「パチパチ」をトッピングできます。
「パチパチ」は、今から40年ほど前に流行った口の中に入れるとパチパチはじけるキャンディです。
このパチパチトッピングで、まさに炭酸飲料のガラナをそのままソフトクリームとして楽しめます!


6_5_mocchiringo_P3290356.JPG


七飯町は北海道内の主なリンゴ生産地のひとつです。
そこで、なないろ・ななえでもリンゴにちなんだスイーツ↑があります。
「もっちりんご」(\150)


7_4_appleP3290369.JPG


"Mocchi Apple which is potato cake with apple jam"


とても北海道らしいスイーツで、ローカルフードの"いももち"に
甘酸っぱいりんごのジャムが入っています。


この1月に道北エリアの豊富町では、チーズ入りいももちを食べましたが、
ところ変われば、りんごジャムいももち。


もっちりした食感と爽やかなりんごジャムも、いももちに相性ピッタリでした。


5_6_croquette_P3290352.JPG


そして、芳ばしい香りに思わず注文したコロッケ2種。


4_7_beefcroquette_P3290366.JPG


"Yamakawa-Beef Jukuou Croquette"


3_8_mushroomcroquette_P3290364.JPG


"King Mushroom Croquette"


「山川牛熟王コロッケ」(\350/上写真)と「王様しいたけコロッケ」(\250/下写真)です。
ビーフ(山川牛)の味がしっかりするコロッケと"王様しいたけ"がゴロっと入ったコロッケは、
どちらも甲乙つけがたいおいしさで、ほくほくのじゃがいもの味も堪能できます。


2_9_nanairoyakiten_P3290351.JPG


"Nanairo Yakiten, which is roasted Kamaboko (fish paste)"


そして、勢いで買った「なないろ焼き天」(\200)。
こちらが再び目を見張るおいしさです。
魚のすり身を蒲鉾にし、


1_10_nanairoyakitens_P3290371.JPG


とてもシンプルな味ですが、弾力性がある食感と蒲鉾のおいしさを改めて知りました。
あまりにおいしかったので、焼き天について聞いてみると、特別な製法ではないとのこと。
ですが、"なないろ焼き天"用に作ったオリジナルの蒲鉾だそうで、ほかでは買えないそう。
恐らく、このおいしさは、すり身の新鮮さが決め手になっているのではないでしょうか。


つい、いろいろと味見をし、気が付くとお腹いっぱいになっていましたが、
以上のほかにも、食べてみたかったのですが断念したメニュー多数。


リンゴ産地ならではの「ききりんご」(\500)は、
七飯さんりんごジュース3種の飲み比べセットで、ぜひとも次回はトライしたいメニューです。
(りんご農家のプレミアムジュース・\300もありました)。


「特性フレンチトースト」(\350)や、なんと"いももち"専門店「いももちや」
(定番の砂糖醤油味のほかカレー味など)、
クレープのお店(マテリアクレープ)もあります。


最後になりましたが、道の駅の重要な施設、"トイレ"が充実しているほか授乳室もあります。
ドライブで七飯町に立ち寄るチャンスがあれば、ぜひ、おいしい七飯町の味を試してみてください。


【道の駅 なないろ・ななえ】
北海道亀田郡七飯町峠下380-2
TEL: 0138-86-5195
営業時間: 9:00~18:00(各施設により変動有り)
定休日: 12/31~1/2


関連サイト
道の駅 なないろ・ななえ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2018年4月12日
« 前の記事「本日、4/7オープン!北海道立近代美術館前にスイーツの北菓楼新店舗「KITAKARO L」(キタカロウ ...」へ
»次の記事「駒ヶ岳を追いかけて~シーニックバイウェイ北海道 「函館・大沼・噴火湾ルート」」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    駒ヶ岳を追いかけて~シーニックバイウェイ北海道 「函館・大沼・噴火湾ルート」
    2018年3月オープンの北海道・七飯町「道の駅 なないろ・ななえ」で舌鼓!
    本日、4/7オープン!北海道立近代美術館前にスイーツの北菓楼新店舗「KITAKARO L」(キタカロウ エル)。
    『ラ・ジョリー元町 by WBF』で、至福の函館ステイ。
    おぐに牧場の"HO9TO(北斗)プライムビーフ"を丸ごと堪能!「函館・STEAK+WINE ひげバル」
    渡島ドライブ~八雲PA / 噴火湾パノラマパークで小休憩(八雲町)
    "北海道×ハワイアン"のおいしいひとときを札幌駅近くで。THE Lani Kau(ザ・ラニカウ)
    苫小牧で、ピッツァをリベンジ。「カフェ&パスタ カフェリア」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    気ままに走る後志III~「ニッカウヰスキー」経由「小樽ミルクプラント」行き
    気ままに走る後志エリアII~ラムステーキも絶品!「ベリーベリーファームレストラン」
    気ままに走る後志エリア~おたるワインギャラリー
    旭川「ラーメン専門 味特」
    「Café 色内食堂」。小樽レトロな建物で、北海道産食材約30種のお弁当箱ランチ
    ようやく花咲く春到来の札幌
    東京ドームホテル札幌のランチ「人気麺メニュートップ5」を味わう。2017年4月29日まで。
    北海道大学近くの隠れ家レストラン「デジューネ・カンパニュラ」。子ども連れOKな本格ディナーは、一夜一組の完全予約&オーダーメイドフルコース

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内特派員ブログ一覧

    しまなみ海道・広島ニセコ・北海道三重与論島五島列島京都仙台和歌山埼玉大阪奈良宮古島富山小笠原山形広島徳島房総・千葉新宿札幌東京東京2東京3栃木横浜・神奈川沖縄沖縄2湘南滋賀神戸神戸・兵庫福井福岡福島種子島能登茨城軽井沢・長野金沢釧路長崎長野青森香川鶴見大島・大分鹿児島

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集