海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > おぐに牧場の"HO9TO(北斗)プライム...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月 2日

おぐに牧場の"HO9TO(北斗)プライムビーフ"を丸ごと堪能!「函館・STEAK+WINE ひげバル」


おぐに牧場の"HO9TO(北斗)プライムビーフ"を丸ごと堪能!「函館・STEAK+WINE ひげバル」

2018年3月に函館の人気観光スポット元町にオープンした「函館・STEAK+WINE ひげバル」。


21_1_exterior_P3280177.JPG


20_2_entrance_P3280178.JPG


北海道新幹線の駅がある北斗市で飼育されているブランド牛「HO9TO(北斗)プライムビーフ」を
1頭丸ごと飼いし、希少な部位を含む多様な牛肉部位の料理を提供しているお店です。


19_3_inside_P3280180.JPG


P3280186.JPG


"STEAK & WINE HIGE BAR which is located in Motomachi area, Hakodate City"


徒歩圏内には函館の歴史的建造物や教会群が立ち並ぶエリアの一角にあります。
建物は、教会をそのまま生かした造りで、吹き抜けの高い天井が開放的な空間の店内。
ステンドグラスが印象的で、楽しくおいしい夜になりそうな予感でいっぱいに。
一頭飼いならではの、いろいろな部位、ビーフを丸ごと楽しむチャンスがあるのも楽しみなところです。


18_4_counter_P3280182.JPG


16_6_beerserver_P3280194.JPG


店名には"STEAK & WINE"とありますが、ビールも充実のラインナップ。
サッポロビール園張りにサッポロビールを堪能できます。


17_5_beer_P3280190.JPG


そういう訳で、のどの渇きを癒す最初の一杯は、ビールで乾杯!


14_8_appetite_P3280207.JPG


"Appetizer Plate"


P3280206.JPG


"Vegetable quiche, Jammon serano and Chicken liver paste as appetizers"


ワインのお店というだけあって前菜もいろいろです。
「アペタイザープレート」はいろいろ乗って1,500円。


個人的には野菜がたっぷりのキッシュに感動。
さらに鶏レバーのパテは、コクと旨味が凝縮した白ワインにぴったりのお味で、
おかわりしたくなるおいしさです。


13_9_salad_P3280209.JPG


"Colorful Salad with honey mustard dressing"


サラダは3種類。写真は「彩りサラダ~ハニーマスタードドレッシング」(¥880)です。
野菜のおいしさもさることながら、ドレッシングがまたとても美味です。


このほかミモザサラダ(¥880)、HIGE BARステーキサラダ(¥1,800)があります。


7_10_steak_P3280216.JPG


"The five kinds of cut-and-skewered Hokuto Prime Beef from Oguni Farm in Hokuto City, which is a neighbor city of Hakodate"


P3280218.JPGのサムネイル画像


"Grilled cut of the steak, fillet, sirloin and rump of the Hokuto Prime Beef"


そしていよいよメインです。
HO9TOプライムビーフの「5種のステーキ串」。
ヒレ・サーロイン・ランプを比べながら同時にいただきました。
(価格は肉の部位によって異なります)


おぐに牧場では、もともと黒毛和牛を主体に生産していたところ、
-サシ以上に赤身をもっと楽しんでもよいのでは-という発想から、
赤身をメインでいただく"HO9TOプライムビーフ"を開発し、赤身とほどよいサシの甘味を楽しめる
和牛にも輸入牛とも異なる肉が誕生しました。


複数の部位を食べてみると、赤身肉そのもののを味わうことができ、
また、それぞれの部位が異なる味わいがあります。


いろいろな部位が揃っているので、甘い脂を楽しみたい場合、
より赤身の旨味を楽しみたい場合など、そのときどきの好みで部位を選んで
ビーフを楽しめるところが魅力的です。


個人的に赤身が好きなこともあり、とてもおいしくいただきました。


8_12_beefstew_P3280221.JPG


"Beef Stew"


ビーフといえば、私にとっては外せない「ビーフシチュー」(\2,000円・今後変更の可能性有り)。
こちら↑のビーフシチューは、ビーフ約200gのボリューム。
マッシュルームやブロッコリーも入っており、野菜の味とともにプライムビーフを味わえます。


最後に特別な一品が登場。
現在はランチメニューのみに載っているローストビーフです。


6_16_cutting service_P3280236.JPG


7_15_loastbeef_P3280233.JPG


リブロースとモモの2種類。


8_14_seazoningforloastbeef_P3280232.JPG


5_17_loastbeef_P3280237.JPG


ワイン塩・炭入り岩塩・和風ソースなど、お好みのタレでいただきました。
ステーキ以上に赤肉そのもののを味わえる気がします。


今後、予約制ディナーコースメニューの一品としての提供を検討しているとのこと。
ご希望の方は、予約の際にぜひ問い合わせてみてください。


ちなみにランチメニューでは200g1,600円、300g2,400円などです。


3_19_dessert_strawberry_P3280246.JPG


2_20_dessert_chocolate_P3280252.JPG


"Dutch Baby Pancake menus which are served at lunch time"


牛肉に対するこだわりに続き、スイーツにもこだわりが。
「ダッチベイビー」という甘いポップオーバーです。


見かけはボリュームたっぷりですが、ポップオーバーなので意外に軽く、
季節のフルーツと一緒にいただくと、たっぷりビーフを堪能したあとでも
さわやかにいただけました。


通常は、11:00~16:00のランチタイムに提供しています。
できあがりに約15分かかる限定20食のメニュー。
「季節のダッチベイビー」は950円、「チョコレート」のダッチベイビーは850円です。


15_7_hamberger_P3280195.JPG


"Lamb Burger as a lunch menu"


9_13_lunchhamberger_P3280227.JPG


"Hokuto Prime Hamburg as a lunch menu"


こちらもランチ限定、数量限定メニューです。
写真はミニサイズですが、「ラムバーガー」(¥1,600)、
「北斗プライムハンバーグ」(200g・¥2,200~)、いずれも1日10食限定です。


1_21_exterior_P3280253.JPG


実は、札幌にも2店舗があるステーキとハンバーグのお店"ひげ"グループですが、
北斗プライムビーフが食べられるのはこちらのみ。


函館旅行というと海鮮が頭に浮かびますが、せっかくなので、朝食は朝市で、
夜は地域のブランド牛に舌鼓を打つ、という
食の宝庫、北海道の海の幸・山の幸を両方堪能する欲張りプランもよいかもしれません。
(ちなみに、ひげバルのディナーメニューには、カニクリームコロッケ/\1,200、
ムール貝白ワイン蒸し/\1,480など魚介料理もありました)


* * * * *


P3280258.JPG


函館電停「十字街」からも徒歩5分と近いです。
(余談:2014年デビューの9603号市電を見かけて思わず撮影/最新車両は2018.3デビューの9604号)


【函館・STEAK & WINE HIGE BAR】
北海道函館市元町29-15
TEL: 0138-86-5529
営業時間: ランチ 11:30~16:00
      ディナー 16:00~23:00(L.o 22:00)
定休日: 不定休
*アクセス*
・函館市電「十字街」停留所より徒歩約5分
・JR「函館駅」より車で約4分(約1.5km)


関連サイト
STEAK & HAMBURG HIGE
facebook:STEAK+WINE ひげバル
おぐに牧場

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年4月 2日
« 前の記事「渡島ドライブ~八雲PA / 噴火湾パノラマパークで小休憩(八雲町)」へ
»次の記事「『ラ・ジョリー元町 by WBF』で、至福の函館ステイ。」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    やさしいたまご味が濃厚なプリンとソフトクリームを"白老たまごの里 Mother's"で
    バードウォッチングをウトナイ湖のほとりで。
    北海道産食材の風味が引き立つ、やさしい味の広東料理@円山公園エリア
    新千歳空港から車で15分の絶景スポットで苫小牧グルメ@道の駅ウトナイ湖
    ドライブ途中で、コーヒーブレイク。徳光珈琲 石狩本店
    北海道の肉・野菜・さかなを炉ばた三昧で楽しむ、すすきのナイト@『肉と炉ばた さんど。』
    "パーラーエノキ"で、シメパフェから昼パフェまで。
    ハンバーグ&カフェ「bit better」。円山公園→北海道神宮参りの前後にランチ・カフェタイム・ディナー!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    気ままに走る後志III~「ニッカウヰスキー」経由「小樽ミルクプラント」行き
    気ままに走る後志エリアII~ラムステーキも絶品!「ベリーベリーファームレストラン」
    気ままに走る後志エリア~おたるワインギャラリー
    旭川「ラーメン専門 味特」
    「Café 色内食堂」。小樽レトロな建物で、北海道産食材約30種のお弁当箱ランチ
    ようやく花咲く春到来の札幌
    東京ドームホテル札幌のランチ「人気麺メニュートップ5」を味わう。2017年4月29日まで。
    北海道大学近くの隠れ家レストラン「デジューネ・カンパニュラ」。子ども連れOKな本格ディナーは、一夜一組の完全予約&オーダーメイドフルコース

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集