海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 渡島ドライブ~八雲PA / 噴火湾パノラマパークで...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年4月 1日

渡島ドライブ~八雲PA / 噴火湾パノラマパークで小休憩(八雲町)


渡島ドライブ~八雲PA / 噴火湾パノラマパークで小休憩(八雲町)

札幌より道央自動車道を利用して函館へ。
札幌から約200kmの地点にある八雲町のハイウェイオアシスでもある
「噴火湾パノラマパーク」で小休止をとりました。
(一般道および道央自動車道上下線どちらからもアクセス可)


夏季(2018年は4/24~11/4)には、いろいろなアクティビティができる複合施設で、
バーベキューハウスやパークゴルフ場・ピクニック広場などの施設があります。


P3280113.JPG


"The view from YAKUMO Parking Area of HOKKAIDO EXPRESSWAY"


八雲町の小高い丘にあるこの施設の見どころのひとつは、
噴火湾(内浦湾)とその周りの街並みを一望できる景色!


あいにくこの日は、雲が低くたちこめ、海と雲がほとんどつながった景色です。
それでも噴火"湾"の地形はしっかり見ることができました。


ちなみに丘の上だからでしょうか。
この日、春一番のような強風が吹いていたのですが、
その風の強さをより強く体感。


11_1_Okanoeki_P3280099.JPG


"Local products shop of Yakumo Town, Oka no Eki"


午後1時頃、気温は約14℃と、最近の北海道にしてはかなり高かったはずですが、
体感温度はあまりに低く、顔が冷たくなってきたので間もなく八雲町情報交流物産館「丘の駅」に退避。


10_2_croquette_P3280100.JPG


"Yakumo Beef Croquette"


初めて訪れましたが、八雲町のさまざまな地元産品がずらりと並んでいるうえ、
おいしそうなコロッケが...。


「八雲牛入りビーフコロッケ」(¥120)。
地元八雲牛の肉入りコロッケです。
ほんの少しの間ですが、訪れるお客さんは、次から次へとこのコロッケを買っていきます。
残るは4個!


9_3_milk_P3280101.JPG


"Milk and Coffee-flavored milk from Motoyama Farm in Yakumo Town"


こちらは八雲町内元山牧場の牛乳とコーヒー牛乳(¥92)。
八雲町は北海道における酪農発祥の地だそうで、元山牧場公式HPによると、
元山牧場は創業100年にもなるそうです。


8_5_souvenier_P3280104.JPG


"Traditional Japanese cracker with starch syrup, Rusk with brown sugar and Dried salmon shavings, as local-food souvenirs of Oshima area in Hokkaido"


さらに気になる地元産品がたくさんあり、いつものことながら目移りします。
昔懐かしい「あめせん」(有限会社松浦商店/2枚入り¥150)、
「黒糖ラスク」(る・ぱん/¥300)、
そして「鮭節ミニパック」(八雲町漁業協同組合/1袋¥110円)。


道東の鮭節はときどき購入しますが、八雲町でも鮭節を作っているのは
初めて知りました。
(今回はバラ売りを購入しましたが、大袋もあります)


松浦商店の"あめせん"の煎餅は、ゴマとピーナツの2種類。
私は子供のころよりゴマ派のため、ゴマあめせんを購入。


そういえば、"あめせん"は南部せんべいが有名ですね。
松浦商店は八雲町の隣町長万部町にあり、創業100年以上だそう。
北海道渡島(おしま)エリアに来ると、本州と地続きではないにもかかわらず、
道央圏ではあまり感じることがない、距離的に近い東北との"つながり"を強く感じます。


あめせんは、久しぶりに食べましたが、歯にくっついてくる水飴の甘さと
ゴマと煎餅の香ばしさが懐かしいおいしさを思いださせてくれました。


黒糖ラスクは、まさにかりんとうのような味ですが、
かりんとうのような油っぽさがなく、サッパリした味と
ラスク独特の歯ごたえがおいしいお菓子でとまらなくなりそうです。


7_6_sourceforjingisukan_P3280107.JPG


"Sauce for Jingisukan BBQ from Hattori Jozo which is a traditional manufacturer of miso and soy sauce, in Yakumo Town"


そして友人のおすすめお土産。
道産子には欠かせない"ジンギスカンのタレ"です。


八雲町にある服部醸造株式会社製「マルハチ成吉思汗のたれ」(360ml¥260)。
こちらも初めて知りました。
とてもおいしいとの評判。
醸造会社のタレなので、食べるのが楽しみです。


"丘の駅"には服部醸造製、道産のお米のみを使った甘酒
「米麹×黒米 甘酒」(¥398)などもありました。
こちらも興味津々。


さらに札幌に戻ってから調べてみると、服部醸造は1927年創業。
創業の歴史は、北海道開拓時代につながるようです。


4_croquetteandmilk_P3280103.JPG


我慢しきれず、八雲牛入りビーフコロッケと元山コーヒー牛乳を味見。
コロッケは脂の甘味がじゃがいもと相まってあっという間に食べきりました。
コーヒー牛乳は、甘さ控えめ、コーヒーと牛乳の味がどちらをも引き立て合っている
大人な味のコーヒー牛乳です。
おすすめです。


6_7_cafe_P3280097.JPG


"Panorama Park which is the facility with a cafe, park golf course, outdoor activity site, etc"


そして「丘の駅」に隣接してある建物「パノラマ館」。
写真はパノラマ館に併設の「パノラマカフェハーベスター」です。


5_8_inside_P3280098.JPG


パノラマ館の中には「キッズアリーナ」↑があり、
子供が走り回って遊べる施設になっています。


併設のパノラマカフェでは食事や飲み物を購入・いただくことができるので、
子どもが遊んでいる間、大人はお茶をしながら休憩することもできます。
大きな窓際の席からは、天気が良ければ噴火湾を一望できるパノラマビューが楽しめます。


3_9_koma_P3280114.JPG


2_10_spinningkoma_P3280118.JPG


1_11_fukuwarai_P3280119.JPG


"Japanese traditional top, and traditional game Fukuwarai, which are set in the Panorama Park Building"


施設内には、なつかしい遊び道具も。
しばし子どもに戻って遊んでみました。
回したコマの模様の見え方も、福笑いの楽しさも、ずっと忘れていた遊びを思い出しました。


P3280123.JPG


"The view of Mt. Komagatake from HOKKAIDO EXPRESSWAY at around Nanae Town"


小腹を満たしたところで再び道央自動車道を一路、函館方面へ。
七飯町に近づくと、駒ヶ岳が見えてきました。


PC153297.JPG


"The view of Mt. Komagatake from HOKKAIDO EXPRESSWAY at around Hokuto City, in December"


この↑写真は12月に撮った駒ヶ岳です。
北斗市よりの道央自動車道から撮った駒ヶ岳ですが、このときもあいにくの曇り空。


実はこの旅の楽しみのひとつは、スッキリ晴れた空のもと、駒ヶ岳を見る
ということだったのですが、さて、今回の旅運は如何に...。


それでも「丘の駅」に立ち寄っただけで
道内老舗店の商品を通して北海道の歴史をわずかに感じ、
北海道命名150年目の2018年にふさわしいドライブ旅になりました。


【噴火湾パノラマパーク】
北海道二海郡八雲町浜松368-8
TEL: 0137-65-6030(噴火湾パノラマパーク管理事務所)
開園時間: 10:00~18:00
閉園日: 月曜(月曜祝日の場合は翌平日が休み)
【八雲町情報交流物産館「丘の駅」】
北海道二海郡八雲町浜松368-8
TEL: 0137-65-6100
営業時間: 10:00~18:00
定休日: 月曜(月曜祝日の場合は翌平日が休み)
*アクセス*
・札幌より車で約200km(約3.5時間)
・函館より車で約70km(約1.5時間)
・八雲町市街地より約4.5km(約8分)
・道央自動車道「八雲PA」
・国道5号線「噴火湾パノラマパーク」看板より約300m


関連サイト
噴火湾パノラマパーク
八雲町情報交流物産館「丘の駅」
八雲観光物産協会
元山牧場
有限会社松浦商店(長万部観光協会)
有限会社松浦商店(渡島総合振興局)
る・ぱん(八雲観光物産協会)
八雲町漁業協同組合
服部醸造株式会社


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 自然・風景
2018年4月 1日
« 前の記事「"北海道×ハワイアン"のおいしいひとときを札幌駅近くで。THE Lani Kau(ザ・ラニカウ)」へ
»次の記事「おぐに牧場の"HO9TO(北斗)プライムビーフ"を丸ごと堪能!「函館・STEAK+WINE ひげバル」」 へ
おすすめ記事
    札幌特派員 新着記事
    日本最北の街、稚内でごちそうに舌鼓の夜と朝。「旅館山一」
    札幌の夜は"ぶどうの花パフェ"で涼しくしめる「和バル ぶどうの花」
    間もなく開幕!ピクニック気分で楽しめるクラシックの夏フェス『パシフィック・ミュージック・フェスティバル』
    プレーンでも、大人テイストでも!グラスフェッドなソフトクリーム「ミルクレーム」@中標津町
    摩周ハイボールと摩周の季節野菜たっぷりメニュー。カフェレストラン「NOBLE」@川湯温泉
    アロニアジュースが絶品!川湯温泉のお菓子屋さん「菓子司風月堂」
    特別史跡"五稜郭公園"界隈で、昼・夜・アラカルトな函館名物&グルメ
    おいしい料理をお酒とともにゆったり、粋に。"そな田"の「き箱、前菜盛り込み」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    気ままに走る後志III~「ニッカウヰスキー」経由「小樽ミルクプラント」行き
    気ままに走る後志エリアII~ラムステーキも絶品!「ベリーベリーファームレストラン」
    気ままに走る後志エリア~おたるワインギャラリー
    旭川「ラーメン専門 味特」
    「Café 色内食堂」。小樽レトロな建物で、北海道産食材約30種のお弁当箱ランチ
    ようやく花咲く春到来の札幌
    東京ドームホテル札幌のランチ「人気麺メニュートップ5」を味わう。2017年4月29日まで。
    北海道大学近くの隠れ家レストラン「デジューネ・カンパニュラ」。子ども連れOKな本格ディナーは、一夜一組の完全予約&オーダーメイドフルコース

    北海道旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    日本国内にもどる

    • 特派員プロフィール
    • 札幌特派員

      札幌特派員
      市之宮 直子
      小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集