海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > 春の南十勝・大樹町めぐり~タンチョウからエゾノリュ...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月30日

春の南十勝・大樹町めぐり~タンチョウからエゾノリュウキンカ、コハクチョウ、やちぼうずまで


春の南十勝・大樹町めぐり~タンチョウからエゾノリュウキンカ、コハクチョウ、やちぼうずまで

4月末、「民間ロケット打ち上げ」でニュースになって南十勝の大樹町に行きました。
当初、打ち上げが予定されていた日程で開催されたイベント
"スペースフェスタ2018"の会場"大樹町多目的航空公園"へ。


1_crane_P4280172.jpgのサムネイル画像


大樹町内に入って少しすると、どこからともなくつがいの鳥が。
タンチョウです。
2羽のタンチョウは一緒に飛んできましたが、それぞれ気に入った場所で食事を始めたもよう。


この時期、十勝でも近隣の湖沼を営巣地にするタンチョウが
つがいで畑にエサを食べている様子を見ることがあります。


タンチョウのつがいの優雅な動きにしばし見入ってから、イベント会場へ。


2_rocket_P4280330.JPG


この模型が見えたら、会場はもうすぐ。


3_garage_P4280093.JPG


4_signage_P4280098.JPG


ロケット打ち上げの高揚感でいっぱいのイベント会場!と思いきや、
すでにご存じの方は多いかと思いますが、ロケットに不具合が生じ、
会場へ到着した朝の時点で、すでに打ち上げ延期が決定していました。


5_screen_P4280114.JPG


6_whiteman_P4280101.JPG


7_globe_P4280132.JPG


それでも、イベント用にブースが出ており、せっかくのお祭り気分を楽しむことに。
(この時点では、翌日の打ち上げが予定されていましたが、結果的に夏をめどに打ち上げることになったそうです)


8_cheeseandsalmonbowl_P4280113.JPG


さて、大樹町のご当地グルメといえば「大樹チーズサーモン丼」です。
大樹町の特産品、チーズとサーモンを使った天丼のご当地グルメはボリュームたっぷり!


実は、大樹町および大樹町宇宙交流センターを訪れるのは1年半前に次いで2回目です。
大樹チーズサーモン丼の写真はこちら をどうぞ。


9_spacefood_P4280108.JPG


10_imodango_P4280127.JPG


旅の目的は、ロケット打ち上げを見ることでしたが、第二の目的は、もちろん、十勝グルメの食べ歩き。
北海道の郷土食"いもだんご"(いも餅ともいいます)も販売していました。
ふかしたジャガイモをよく練って作る北海道の昔ながらの家庭料理"いもだんご"は、
最近では専門店も見かけるほどになり、味のバリエーションもさまざまですが、
今回は定番の甘辛い味で。


11_bananabeef_P4280112.JPG


12_beefstew_P4280123.JPG


いもだんごに続き"バナナビーフ"で作ったビーフシチュー。
大樹町内で飼育している牛で、毎日、おやつにバナナを食べさせているのがバナナビーフだそう。
バナナが健康によいとのことで、毎日コツコツとバナナを食べさせているそうです。


野菜とバナナビーフがゴロゴロ入ったシチューは、
まだ風が冷たい4月末の朝、身に染みておいしかったです。


13_yellowflowers_P4280137.JPG


イベント会場の雰囲気をひと通り堪能し、翌日(当初は翌日に予定されていた)の
ロケット打ち上げまで待つことはあきらめ、予定変更で大樹町内の温泉へ。


道路脇に無数に咲き誇っている黄色い花が北海道、特に札幌等の道央圏よりも
少し遅れてやってくる十勝の遅い春の到来を象徴しているように見えます。


14_banseionsen_P4280152.JPG


到着したのは「晩成(ばんせい)温泉 」。

P4280148.JPG


チケットを券売機で購入。
タオルは200円です。


17_viewofsea_P4280144.JPG


大浴場には露天風呂はないのですが、太平洋に面しており、
窓から海が見えるほか、バルコニーがあり、潮騒と海の風景を楽しみながら
涼むことができる温泉です。
大浴場からも写真↑のような風景を眺められます。


16_viewofbanseionsen_P4280155.JPG


外から見た晩成温泉。
海を間近に見ながらの温泉は格別です。


18_birdwatchingboard_P4280167.JPG


温泉タイムを満喫したあとは、もう少し大樹町を散策してみることに。
晩成温泉からほど近い「オイカマナイトー」(生花苗沼)へ向かいました。


オイカマナイトーは、タンチョウをはじめ多くの野鳥の生息地するそうで、
沼のほとりに野鳥観察施設がありました。


19_symboltree_P4280178.JPG


20_yachokansatsushisetsu_P4280176.JPG


オイカマナイトーに向かって歩くと、シンボルのような木があり、
野鳥観察施設もありました。


21_grass_P4280179.JPG


どこからともなく、鳥の鳴き声、しかもコハクチョウの鳴き声に聞こえたので、
さらに沼にさらに近づくと...


22_oikamanaitopond_P4280182.jpg


対岸に無数に見える白い点は、どうやらコハクチョウのようです。
4月末、まだ北海道にとどまっていました。


23_butterbuds_P4280184.JPG


24_skunkcabbage_P4280185.JPG


25_ezonoryukinka_P4280208.JPG


オイカマナイトーの周りの道路沿いに少し車を走らせてみると、
ふきのとう、ミズバショウ、エゾノリュウキンカなど、
札幌ではすでに終わってしまった花がまだ咲き始めたところ。


26_ezoengosaku_P4280218.JPG


エゾエンゴサクもかなり咲いています。


27_swan_P4280229.JPG


少しコハクチョウに近づいたと思われる地点で木々の合間から
コハクチョウウォッチング。


鳴き声はかなり大きく聞こえてきますが、これ以上は近づけないようなので、
もと来た道を戻りました。


28_flyingswan_P4280247.JPG


車を停められる場所で再びコハクチョウウォッチング。
羽を休めたり、飛び立ったりする多くのコハクチョウを思いがけず見られたオイカマナイトーでは、
つがいのオオハクチョウも運よく目にすることができました。


29_kisuiko_P4280200.JPG


オイカマナイトーの汽水湖独特の景観です。


30_P4280293.JPG


北海道の湿原風景を堪能したのち、一路、大樹町市街地へ向かっていると、
これもまた湿原特有の"やちぼうず"に遭遇!
釧路や白糠町辺りではよく見かけますが、大樹町でも"やちぼうず"が見られるとは知りませんでした。


(補足:やちぼうずはスゲが集まってできた株で、四季を通じた湿原特有の作用により、
こんもりとした株に成長。10年~20年で数十センチになるそう。)


31_garage_P4280298.JPG


宇宙交流センターの大格納庫が見えた時点で、再び次のロケット打ち上げに後ろ髪をひかれながらも
スケジュールの都合で観覧を断念。


32_fields_P4280222.JPG


33_skunkcabbage_P4280306.JPG


34_whiteflowers_P4280311.JPG


すると、畑の土の上を走る雲の影や道路脇に続くミズバショウの群生が目に入り、
再度、十勝の春を満喫。


35_bird_P4280341.JPG


さえずる野鳥の声にも癒され、大樹町の自然に幾度となく触れた1日になりました。


36_koinobori_P4280381.JPG


すでに1カ月が経とうとしていますが、大樹町内を流れる"歴舟川"の上には、
無数のこいのぼりがへんぽんと翻っていました。


2016年の台風10号の影響で、高波から運ばれた土砂で惨憺たる状況だった歴舟川。
1年半前に見た歴舟川の様子も思い出した大樹町訪問でした。


今回の大樹町訪問では、最初の目的は断念しましたが、ドライブならではの楽しい遭遇もたくさんありました。
広い北海道・十勝の自然を満喫できるドライブ、おすすめです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2018年5月30日
« 前の記事「北大散策のあとは北大総合博物館「ミュージアムカフェ・ぽらす」「ミュージアムショップ・ぽとろ」へ!」へ
»次の記事「十勝・大樹町グルメ~「サンジュリアン」ランチと「道の駅 コスモール大樹」でデザート」 へ
おすすめ記事
札幌特派員 新着記事
札幌で、平年より10日遅い初雪
札幌・琴似でイタリア・ローマを味わう「ヴェッキアローマ」
札幌中心部より車で約30分。手稲山と紅葉を見ながら秋の森林浴
札幌駅北口でお寿司と旬の肴! 「寿司と炉端焼 四季花まる」
北大散策帰りに! 欧風の雰囲気漂う古民家イタリアン「ダイニング&バー ル クレエ」
札幌「シメパフェ」の期間限定(10/1~10/31)レッドビートのパフェ、発売! @「パフェ、珈琲、酒、佐藤」
「カフェコントレイル」、ホテル朝食と「グルメクルージングランチ」~ホテルJALシティ札幌中島公園
すっかり秋な中、RWC2019に熱く沸く札幌の街。
1年前の同じ月に投稿された記事
日本一の黄色い世界へ~滝川市の菜の花畑
「うぉんたな」で、和食・十割そば・日本酒を心ゆくまで。
噂通りの満足感、小樽の「民宿 青塚食堂」で舌鼓。
サクラに続くチューリップ、ライラック。彩り溢れる札幌の街
ようやくサクラ!札幌の桜、2017年は4月28日開花宣言。
「Siesta Labo」の「手作り石鹸」と、無農薬"モリンガ"の「オイルセラム」

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集