海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 日本  > 札幌特派員ブログ > アロニアジュースが絶品!川湯温泉のお菓子屋さん「菓...

日本国内/札幌特派員ブログ 市之宮 直子

日本国内・札幌特派員が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年6月28日

アロニアジュースが絶品!川湯温泉のお菓子屋さん「菓子司風月堂」


アロニアジュースが絶品!川湯温泉のお菓子屋さん「菓子司風月堂」

北海道の名湯温泉郷のひとつ"川湯温泉"界隈へ行ったら、
ぜひ立ち寄ってほしいお菓子屋さんをご紹介します。


9_1_signage_P5140956.jpg


「菓子司風月堂」。
昭和レトロな雰囲気のお店です。
ショーケースにずらりと並んだ多種のお菓子に引き寄せられ、
ふらりと入ってみました。


8_2_onsenmanju_P5140941.jpg


温泉郷に来たら、はずせない温泉まんじゅう。
こちらのお店にもおいしそうな温泉まんじゅうが2種類並んでいます。


7_3_lineup_P5140938.jpg


近くに自然探勝路で有名な"つつじケ原"があり、
6月中旬から下旬にかけて"エゾイソツツジ"の群生が咲き誇ります。


そのエゾイソツツジをモチーフにしたお菓子をはじめ、
和・洋両方のお菓子が各種並んでいます。


6_4_pontawhole_P5140937.jpg


そのなかで、ひと際目を引いたのは、「ポン太ケーキ」(\500)。
知る人ぞ知る昭和レトロなケーキです。


一般的に"たぬきケーキ"として昔ながらのこのケーキを作っているお菓子屋さんが
全国にあるそうです。


そしてこのたぬきケーキの愛好家もいるそうで、こちらのお店にも
たぬきケーキ愛好家の方がいらっしゃったそうです。


5_pontacut_P5140935.jpg


ポン太ケーキのカットケーキバージョン(\130)。


4_6_busse_P5140943.jpg


お店の方とポン太ケーキの話題で盛り上がっていたところ、
次に気になったのがこちらの「摩周ブッセ ルバーブ」(\150)。


もともとルバーブが好きなこともありますが、
以前、釧路エリアではとても良質なルバーブが採れる、と聞いたことがあったからです。


話を聞いてみると、パッケージにも書いてある通り、
地元で採取したルバーブを手作りジャムにしてブッセにはさんでいるそうです。


3_7_aroniacake_P5140948.jpg


よく見ると、ほかにも興味深いお菓子が。
「摩周のアロニア」(\330)。


アロニアは、アントシアニンやポリフェノールが多く含まれる果実として
北海道ではしばらく前から注目されていますが、
渋みがあり、加工に手間がかかることでも知られています。
ところが、こちらではそのアロニアをジュースで飲めるのです。


2_8_aroniajuice_P5140957.jpg


「特製摩周のアロニアジュース」(\400)


どうしても飲んでみたくなり、早速、お店でいただきました。
渋みをまったく感じないおいしいアロニアジュースに感動。


こちらのお店で手作りのジュースは、これまで聞いたことがある作り方とは異なり、
3カ月間、熟成させて作るのだそうです。
疲れがすっととれていくようなジュース。


弟子屈町に来たら、ぜひ飲んでみてください。
ほかでは滅多に味わえません。


季節によっては、手摘みのヨモギを使った"よもぎシフォンケーキ"もあるそうです。
摩周の伏流水をはじめ、地元の自然の恵みを使ったお菓子に巡り合えるお店です。


1_9_souvenir_P5150001.jpg


まだ先がある旅の途中、たくさん買えなかったのが残念ですが、
いずれのお菓子も印象深いおいしいお菓子でした。


ルバーブジャム入りの甘酸っぱいブッセの味と、
そばの実の香ばしい味!


0_shop_P5140955.jpg


お店の方の優しい応対と甘くておいしいジュースに癒された"菓子司風月堂"。
最寄りの道の駅でも風月堂のお菓子を販売しているそうですが、
こちらのお店では、アロニアジュースのほか、カフェメニューとして
コーヒー、紅茶、緑茶(各園\400)などがあり、イートインが可能なので、
ドライブ休憩にぜひ立ち寄ってみてください。


写真を撮ったつもりが撮り忘れていたのですが...
「こぐま最中」もかわいらしくておすすめです!


【菓子司風月堂】
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-1-3
TEL: 015-483-2436
営業時間: 8:00~18:00
定休日: 不定休

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2018年6月28日
« 前の記事「特別史跡"五稜郭公園"界隈で、昼・夜・アラカルトな函館名物&グルメ」へ
»次の記事「摩周ハイボールと摩周の季節野菜たっぷりメニュー。カフェレストラン「NOBLE」@川湯温泉」 へ
札幌特派員 新着記事
札幌に"氷点下"のシーズン到来!
"白い恋人"がクラフトビールに!「羊蹄山麓ビール 白い恋人」
12月に見たい北海道のイルミネーション[札幌・小樽・余市・函館・美瑛]
2022年2月、2年ぶりに大通会場で「第72回さっぽろ雪まつり」開催決定
さっぽろホワイトイルミネーションの季節が来たら、「足元の対策を万全」に楽しい旅を
日帰り入浴もできる宿「びらとり温泉ゆから」で平取町ステイ
巡ってみた平取町!「二風谷コタン」から、ちょこっとウオーク、おみやげショッピングまで。
ニセウ川のほとりで。新鮮なヤマメが美味!~仁世宇園(北海道平取町)
1年前の同じ月に投稿された記事
【鹿追町】「煮込みジンギスカン・ホルモン屋 大阪屋」~道産子のソウルフード"ジンギスカン"に新たな発見
この夏のホットな新観光スポット、夕張市の「めろんのテラス」
使いやすくてオシャレな「パンTOTE(パントート)」~6/18開催:パンcafe2017でも購入可
札幌・西の繁華街「琴似」にオープンした「札幌焼肉 網乃雫」
北海道の味を北海道の玄関口でおいしく手軽に!松尾ジンギスカン 新千歳空港フードコート店

北海道旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■北海道の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

日本国内にもどる

  • 特派員プロフィール
  • 札幌特派員

    札幌特派員
    市之宮 直子
    小樽生まれ、江別育ち、札幌在住の「どさんこ」です。数年間の釧路生活で人生初の道東(釧根・十勝・オホーツク)ライフを満喫。以来、北海道内外への北海道の魅力発信をライフワークにしています。最近の関心事は道内開催の国際イベント。ラリーJAPAN・ラリー北海道の運営にも関わっています。みなさん、四季折々でその良さを楽しめる北海道に、ぜひ遊びに来てください! DISQUS ID @disqus_qyxPIsgrvn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集